文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

海上の道:柳田國男(1401-1430)/3194

精確な記録はなかったようだけれども、北海道の奥尻の島に、年によって鼠が多かったり少なかったりしたのも、原因の一つをこういう天然の事実に求めることができるのではないか。

It seems that there was no accurate record, but it may be possible to ask for one of the causes for such natural facts, even if there are more or less ridges depending on the year on the island of Okushiri in Hokkaido.

というわけは他にもなお一つ、是とやや似た話が伝わっているからである。

The reason is that there is one more thing, a somewhat similar story.

 島根県の西部海上、石見高島の鼠の話が、本居先生の『玉勝間』巻七に出ている。

The story of the Nishiki sea in Shimane Prefecture and the whales of Iwami Takashima is published in the "Tamakatsuma" vol.7 of Professor Motoi.

此島鼠多く、人をも害することあり、或年浜田より人を遣わし駆除せしめらるるも効無しとある。

此 此 害 害 人 、 、 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠 鼠.

この書の出版は寛政十一年(一七九九)、ちょうど北辺の島で網に鼠がかかったというのと、ほぼ同じ頃の話であった。

The publication of this book was about the same time that Kansei 11 (179) was just a plagiarism on the northern island.

二十万分の一の地図には無論|載っているが、この島の記事は、他には何の書物にも見つけ出せない。

Of course it is listed on a 1/20000 map, but the island's articles can not be found in any other book.

或いは現在すでに無人島になっているのではないか。

Or isn't it already an uninhabited island?

県郡の吏員にでも尋ねてみたいと思う。

I would like to ask even members of the prefecture.

『玉勝間』の記事は石見の人の書信または談話を録したものらしいが、島の大きさは周五里、岸は皆|懸崖なり、浜田より五里といえど遠しとある。

The article "Tamakatsuma" seems to record the writings or discourses of people of Iwami, but the size of the island is Shugori, all the shores are cliffs, and there is a distance from Hamada to Gori.

民家もと七戸、今は十戸あり、一家に数夫婦共に住む。

There are 7 homes and 7 homes now, and several couples live in a single family.

畠はあれども米は無く又牛馬も無し。

There is no rice, and no horses and horses.

貢物は鰤とあるから、すなわち漁民の小村であった。

The tribute is a small village, that is, a small village of fishermen.

周囲五里までは無さそうに見えるけれども、ともかくも耕地は僅かでその他は地竹の茂った原野ではなかったかと思う。

It looks like nothing until the surrounding five villages, but somehow the cultivated land is small and I think that the others were not wild bamboo fields.

ところがこの報告からまた三十年ばかり後、文政天保の間かと思われる頃に、同じ方面の海上で一事件が起こった。

However, another incident occurred on the sea in the same direction when it was thought that it was between Bunsei and Tenpo just thirty years after this report.

私はそれを讃岐の国学者、猪熊方主翁の書翰によって知ったのであるが、この人は当時の大阪の市中に、もっぱらその風説を伝えたと謂っているから、或いは『浮世の有様』のような書物にも、その聞書を録しているかもしれない。

I knew it by the Sanuki national scholar, the bookmaker of Ogushi Kumatai, but this person is said to have transmitted that sentiment in the city of Osaka at the time, or The book may be recorded in a book such as

場処はこの高島からそう離れておらぬ海面での事らしいが、或る夜漁夫たちが舟を乗り出すと、おびただしく沖が光っているので、ハマチすなわち鰤の大群と心得て、網を入れて引き寄せて見たところが、何とそれがみな鼠であった。

It is said that the place is on the sea surface not so far from this Takashima, but when a certain night fishermen jump out of the reeds, there is a lot of light off the coast, so know the Hamachi, the horde of reeds, and put a net At the point of attraction, it was a wolf.

たちまち四散して野山に入ってしまった。

I quickly dispersed and entered the mountain.

その数は七万ばかりとあるが、正確な計算ではないことは言うまでもない。

Although the number is only 70,000, it goes without saying that it is not an accurate calculation.

大きさ鼬ほどもあり、足の指には水掻きがあったともいうのは、一部は浜の者が打ち殺しもしたからかと思うが、後には貂のごとき獣が現われて、追々にこれを退治し尽したというのは、もとより実際の見聞とは思われず、はたしてそれからまた二十年足らずのうちに有名なる石見の大鼠害というものが発生したのである。

It is about the size of the boat, and there is a scratch on the toes, probably because the beachman also killed him, but a beast like a whale appears later, It is not believed that it was a real observation from the beginning, and in twenty years, the famous disaster of Iwami occurred in less than twenty years.

この時の記録は幕府の直轄地内のものだけが、代官某の報告によって、江戸の市中の好事家の間にまで流伝して、幾つもの随筆類に掲げられている。

At this time, only records in the area under the direct control of the Shogunate are widely reported among the good houses in the city of Edo by the report of the Daikankan and listed in several essays.

時は安政の卯年(一八五五)、すでに繁殖の兆候はその前年に始まり、耕作の被害はなお翌年まで続いた。

When it was the anarchy's leap year (1855), signs of breeding already started in the previous year, and cultivation damage continued until the next year.

駆除には有るかぎりの方法が試みられたが、中でも有効だったのは鼠の買い上げで、そのためにおおよその数字も明らかになった。

As long as there was an attempt to eradicate it, it was the purchase of acupuncture that was effective among them, so the approximate figures became clear.

二十五万何千というのは誇張ではなかったらしく、すなわち是が前年の網にかかった七万余という海鼠の遺種であったということも想像せられる。

It seems that twenty-five thousand is not an exaggeration, that is, it was a relic of about seventy thousand seaweeds that were on the previous year's net.

いわゆる竹実登熟の週期は、今までの学者が信じ説いたごとく確実なものだった。

The so-called Takesumi ripening season was as certain as the previous scholars believed and told.

それに地域ごとのずれがあって、どの程度にまで鼠の移動を導いたか。

Besides, there was a regional gap, and to what extent did you lead the movement of the whale.

そういう幾つかの問題が我々に引き継がれている。

Several such problems are handed over to us.

Five

 鼠の害の人の力だけでは制止し得なかった記事は、古い奈良朝の史籍にもすでに見えている。

Articles that could not be stopped only by the human power of the insults are already visible in the old Nara Dynasty register.

島が小さければ小さいほど、ことにその悩みの忍び難かったことは、近くは昭和十二・三年に、鹿児島県の黒島などにおいて、したたかに我々の実験したところで、十分なる記録もできているはずであるが、害がやや下火になるとほっとする傾きがあって、はたしてその結末までが、明らかになっているかどうかは心もとない。

The smaller the island is, the worse it is that the troubles have been stricken, especially in the case of Kuroshima, Kagoshima Prefecture, near Showa 12 or 3 years, we have recorded enough to have done our experiments. It's supposed to be, but when the harm goes down a little, there's a slope that relieves you, and it's not clear that until the end, it's clear.

黒島では野山の奥までも鼠が充ち満ちて、青いものは一葉もなくなり、人の食物としては藷の蔓さえ残らなかったという話で、昔ならば当然|立退くか自滅するよりほかはないような切迫した事態であった。

It is a story that in Kuroshima the foothills of the mountain are full, the blue ones are gone, and even the whale's chopsticks are not left as human food. It was such an imminent situation.