文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

海上の道:柳田國男(2574-2652)/3194

是がどういう事を意味するかはすでに一文を草してこれを語ったのだがまだ発表せられていない。

I have already said a sentence and told what this means, but it has not been announced yet.

何か鼠の島に関する言い伝えは他の地方にも無いかどうか。

Are there any legends about the fort's island in other regions?

私はもっと多くを知りたい。

I want to know more.

六 黒モジという木のこと

Six black moji tree

 これは二、三の雑誌にもかかげて報告を求めている。

This is also asking for reports in several magazines.

さし当り私の知りたいのは、この木の用途および地方名、またはその由来についての説明である。

What I would like to know for the moment is an explanation of the usage and local name of this tree, or its origin.

トリシバというのが京都周辺の異名であって、これが意外にも東北の弘い区域に分布している。

Tori Shiba is a synonym of Kyoto area, and it is unexpectedly distributed in a large area in Tohoku.

中国は一般にフクギというようである。

China is generally said to be Fukugi.

クロモジのモジは元はモンジヤといったようで、しかもその語原はわからない。

ク ロ モ ジ モ 元 モ ン モ ン し か も し か も し か も し か も し か も し か も な い.

古い時代の榊には、「香をかぐはしみ」という歌もあって、或いは樟科の木をそう謂ったものがあるのかとも思う。

I think that there is a song called "Scent of incense" in the moss of the old age, or there is something that says so.

クロモジはこの科に属するものの中で、最も北の方まで分布し、且つ祭の木としてよく用いられているからである。

Chromoji is the most northern part of the family, and it is often used as a festival tree.

七 小豆を食べる日のこと

Seven day to eat red beans

 この事は前に『民間伝承』にも一度書いている。

This thing is written once in "the folklore" before.

私はこの赤い色の食物が、わざと用いられる場合を数多く集めてみて、それが物忌と常の日との境目を明らかにするための食物だったことが、証明し得られることを期している。

I try to collect a lot of cases where this red food is used purposely, and I hope that it can be proved that it was a food for clarifying the border between the majesty and the ordinary day .

それをはっきりとした後に、小豆を栽培する他の民族の生活を比較してみたいからである。

After clarifying that, I would like to compare the lives of other peoples who cultivate red beans.

八 霜月祭のこと

Eight Shimotsuki Festival

 稲の伝来は、私は国史の第一章をなすべきものと思っている。

I think that the first chapter of the history of the country should be done.

品種と系統の研究も必要だが、さらにそれに伴なう有形無形の技術、殊に信仰の類似しまた変化する理法も考えてみたい。

I also need to study breeds and lineages, but I also want to consider the associated tangible and intangible techniques, especially the similar and changing laws of faith.

この事はすでに一端を説きかけているが、なおこの以上に稲米収穫の家々の祭の、今はすでに衰え幽かになっているものを、伝承の側から次々と考えて行きたいのだが、問題があまりに広汎なので、よほど多くの同志の協力を必要とする次第である。

Although this thing has already explained one end, I would like to think from the side of the tradition one after another of the festivals of rice-rice-harvesting houses more than this, which are already weak and haunting. Because the problem is so pervasive, it will depend on the need for much more co-operation.

 この以外にもまだ幾つかあるようだが、あまり貪慾だから一部分は遠慮することにした。

There seems to be some more than this, but I decided to withhold some of it because it was so ugly.

あとがき

Afterword

○「海上の道」は雑誌『心』五巻十号・十一号・十二号(昭和二十七年十月・十一月・十二月 酣燈社発行)の三回に亙り連載したものである。

○ “The way of the sea” was serialized three times in the magazine “Mind”, vol.5, No. 11, No. 11 and No. 12 (issued in October, 1955, December, December, Shosha). It is a thing.

この論文は昭和二十七年五月第六回九学会連合大会において「海上生活の話」と題して公開講演したものである。

This paper was a public lecture entitled "The Story of Marine Life" at the Sixth Annual Conference of the Sixth Society of May, 1955.

なおこの問題については、昭和二十九年五月第八回九学会連合大会の折、「海上の移住」と題して研究発表し、その要旨は『人類科学』第七集に掲載した。

In addition, about this problem, in the case of the eighth association conference of May 19th, 1974, the research presentation was made with the title of "migration on the sea", and the abstract was published in "Anthropology", the seventh collection.

日本人の移住と稲作発祥地との問題について考察したものであり、あわせて参照されたい。

This is a discussion of the problems of Japanese migration and the origin of rice cultivation, and should be referred to together.

○「海神宮考」は『民族学研究』十五巻二号(昭和二十五年十一月沖縄研究特輯号)に発表したものである。

○ The "Shinjingu Shrine" was published in "Ethnology Research" Volume 15, Volume 2 (Okinawa Research Special Issue in November 1945).

○「みろくの船」は『心』復刊一号(昭和二十六年十月 酣燈社)に発表。

○ “Miroku no Ship” is announced in “Mind” Rev. 1 issue (October, 1955).

○「根の国の話」は『心』八巻九号(昭和三十年九月 平凡社)に発表。

○ "The story of the country of the root" is announced in "Heart" vol.8, No.9 (September, 1955 Heibonsha).

○「鼠の浄土」は成城大学紀要『伝承文化』一号(昭和三十五年十月)に発表。

○ “The Pure Land of Roses” was published in Seijo University bulletin “Traditional Culture” No. 1 (October 1955).

この論文ははじめ南山大学の求めに応じて執筆したものであった。

This paper was originally written at the request of Nanzan University.

○「宝貝のこと」は雑誌『文化沖縄』二巻七号(昭和二十五年十月沖縄文化協会)に発表。

○ “Takara Shells” is published in the magazine “Cultural Okinawa” Volume 2 No. 7 (Okinawa Cultural Association, October 1955).

○「人とズズダマ」は自然史学会の雑誌『自然と文化』三号(昭和二十七年)に発表。

○ "Human and Zud's Dama" is published in the Natural History Society magazine "Nature and Culture", third issue (Showa 27).

○「稲の産屋」はにひなめ研究会の編集による『新嘗の研究』一輯(昭和二十八年十一月 創元社)に発表。

○ “A rice production house” is published in “Study of Shinjo” compiled by the Hiname Study Group (Igensha, November, 1955).

同会研究例会において行った次の発表をまとめたものである。

The following is a summary of the following presentations made at the meeting.

  「新嘗祭の起原について」  (昭和二十六年)

"On the origin of the New Year Festival" (Showa 26)

  「稲霊信仰」        (昭和二十七年)

"Religious Spirit of the Rice" (Showa 27)

  「倉稲魂神名考」      (昭和二十八年)

"Kuraine Soul God Name" (Showa 28)

索引

index

A

アイ(アユ)

Eye (Ayu)

相嘗祭

Sumo Festival

アイの風(アユの風)

Ai wind (Ayu wind)

アエノコト

Aenokoto

アエル

Ael

赤蜂本瓦(アカブザホンガワラ)

Red bee book roof tile

赤マタ黒マタ

Red Mata Black Mata

『安居院神道集』

"Aoiin Shinto Collection"

アコウ

Ako

朝山皓

Ryo Asayama

蘆苅話

Fable

小豆

Azuki

東歌

Toka

畦塗り

Reddish

アテ

Ate

雨乞い

It's raining

海部(あまべ)

Amabe (Amabe)

奄美大島

Amami Oshima

アマミキョ(阿厚真久)

Amamikyo (Atsu Masahisa)

「あまみや考」

"Amimiya Amami"

アヤゴ

Ayago

アユチガタ

Ayuchigata

新神

New god

アラセツ(新節)

Aracetsu (New Section)

アラホウス

Allahous

アンダの国

Country of Anda

イ(ヰ)

I (ヰ)

堰掛り

Around

異郷訪問譚

Foreign town visit group

池掛り

Around the pond

磯丸

Karasuma

イダコ

Idako

市神

City god

『一話一言』

"One story one word"

一神二名

One god two people

糸満(いとまん)

Itoman (Itoman)

稲米使者

Rice messenger

稲作の問題

Problems of rice cultivation

稲作民族

Rice farming people

稲実斎屋(いなのみのいみや)

Inami no Iinaya