文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

潟に関する聯想:柳田國男(88-108)/108

△出雲國宍道湖、中の海は共に一の潟に過ぎず 但馬以西はまだ踏査しない地方だから、地圖に就て調査するより外はないのですが、同種の潟も隨分多い樣で、因幡、石見にも漸次小さい潟はありますが、殊に著しいのは出雲の海で、宍道湖は湖といひ、中の海は海といつて居ります。

△ Both Izumokuni Lake Shinji and Nakanoumi are just the same lagoon. There are gradually smaller lagoons in Inaba and Iwami, but the most notable is the Izumo sea, Lake Shinji is the lake and the inner sea is the sea.

しかし是亦潟に外ならぬのであります。

However, there is no other place in Koregata.

△伯耆の夜見ヶ濱も亦一の天橋なり 有名な伯耆の夜見濱が、亦他の與謝、久美濱と同じく一の天橋であります。

△ Hakuto's Yomitagaya is also the most famous Amanohashi. The famous Hakuto's night viewing is the same as Amanohashi, just like the other lords Xie and Kumi.

宍道湖の水は僅か水道によつて東西の海と交通して居つて、島根の半島が、昔は海であつたことを證據立てまするのみならず、「出雲風土記」に見えたる、素盞嗚尊が國曳の古傳説も、眞に自然の發生に適合したものであります。

The water of Lake Shinji is connected to the east and west seas by a small amount of water, not only to make the Shimane peninsula a sea in the past, but also to appear as an “Izumo Fukiki” The ancient folklore theory of Kunson is also suitable for natural life.

△九州の海岸 九州に入つても、矢張り同じ樣な關係を見ることが出來る。

△ Kyushu Coast Even when you enter Kyushu, you can see the same kind of relationship.

古代史で關係の深い洞海は、其關係が全く天橋と同じでありまして、今日では其沿岸が大分乾いて陸になつて居ります。

In the ancient history of the Dokai, the association is completely the same as Amanohashi, and today the coast is very dry and on land.

それから西は博多灣の如きも、志賀島の突出して居る工合が、全く天橋と同一趣向になつて居るのであります。

Then in the west, as in Hakata Kaoru, Shigajima's prominent engineering has the same taste as Amanohashi.

 西松浦灣の方になりますと、海岸の陷沒地が澤山あつて、此にまた多島海を現出して居るのです。

In the case of Nishimatsuura Pass, the coastal area is at Sawayama, where the archipelago is revealed again.

 要するに日本海岸の風景に於る特色は、他の何を以て答ふるよりも、潟といふ一言で盡きる。

In short, the unique feature of the Japanese coastal landscape is that you can say it in a word like lagoon rather than answering anything else.

之を研究するならば、單に天然を樂む上からいつても、民政との關係からいつても、優に地理學者の一省に値するものであると思ふ。

If you study this, you will always deserve to be a ministry of geographers, regardless of whether you are interested in nature or because of the relationship with civil politics.

 常陸の霞ヶ浦、北浦の風景は東京人の熟知する所でありますが、西北岸には之よりもモツト複雜した地形が、南北六百里の間に連接して、殆と旅行者をして倦ましめないのであります。

The scenery of Hitachi Kasumigaura and Kitaura is a place familiar to Tokyo people. It is not good.

底本:「定本柳田國男集 第二十九巻」筑摩書房

Sukomoto: “Kunio Yanagida Collection, Vol. 29”, Chikuma Shobo

   1964(昭和39)年5月25日発行

Issued on May 25, 1964

初出:「斯民第四編第十號」報徳会

First appearance: "Seomin 4th Tenth" Hokutokukai

   1909(明治42)年11月3日

November 3, 1909 (Meiji 42)

入力:しだひろし

Input: Hiroshi Shida

校正:高江啓祐

Proofreading: Keisuke Takae

2014年12月26日作成

Created on December 26, 2014

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.