文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(362-395)/5348

 それが見たいために、小川さんを訪ねてゆき、傷をして退屈している小父さんの読み役をつとめていた。

In order to see it, I visited Mr. Ogawa and worked as a reader for his father, who was bored with wounds.

おそらくは上方訛で読んだろうと思うが、自分も楽しみ、小父さんも喜ばせたものだった。

Perhaps I read it on the upper side, but I enjoyed it too and my little father was pleased with it.

いちばん私の頭に残っているのが硯友社の『我楽多文庫』であった。

The most memorable thing in my mind was “Gakuraku Bunko” by Yoyusha.

今日では珍本といっているものを、出た当座読んでいたのであった。

Today, I was reading a rare book that I was reading.

中には今考えて、本当に読まなければよかったというくらいに馬鹿げたことも書いてあったのを思い出す。

I remember thinking about it now and writing something so stupid that I really had to read it.

あの時分はやっと坪内逍遙さんの『書生気質』が世の中に認められはじめたころだが、『小説神髄』などは見ていなかった。

At that time, Atsushi Tsubouchi's “calligraphy” began to be recognized in the world, but he did not see “Novel Shinshin”.

 もっと愉快なことには、一方ではいちばん新しいはしりの文学に触れたと同時に、一方では非常に旧式なものも読んでいたのである。

More interestingly, on the one hand, I was touching on the newest literary literature, and on the other hand, I was reading very old ones.

兄貴の家には代診と薬局の書生たちがいたが、その連中のとっていた雑誌は硯友社とは反対の側のもので、一つは『浮世雑誌』とかいった悪いことばかり書いてあったものと、今一つは『親釜集』といって、都々逸の流行に乗じて皆がその競争をする雑誌であった。

There was a doctor and pharmacy calligraphers at my brother's house, but the magazine they were taking was from the opposite side of Yoyusha, one of which was writing only bad things like "Ukiyo Magazine" One more thing, the “Okinama Shu”, was a magazine in which everyone competed for the latest trends.

 花柳界のもので、四六判の表紙に三味線の撥を描き、中に『親釜集』と書いて、その脇に猫が聞いている画が描いてあった。

It was from the Hanagi world, and the shamisen repellent was drawn on the cover of the forty-six size, and the inside of it was written “Okagama Shu”, and a picture that the cat was listening to was drawn beside it.

書生がそれをとっていたので、そこへ行ってこういう花柳雑誌をよむ。

The calligrapher took it, so go there and read the Hanayagi magazine.

一方では硯友社のはしりの文学や坪内逍遙の作に触れる。

On the other hand, I will touch on the literary literature of Tsuyuyusha and the work of Kei Tsubouchi.

どうも博識ならざるを得なかったわけである。

He had to be knowledgeable.

 布川の小川氏に、東京からそのころとしては珍しい新刊書を送ってくれた石合という人は、幕末の有名な学者、田口江村の息子さんということであった。

The person named Ishigo who sent an unusual new book from Tokyo to Mr. Ogawa in Nukawa was the son of Emura Taguchi, a famous scholar at the end of the Edo period.

名前は震といった。

The name is like a tremor.

小川家のどの代の人か知らないけれども、大変に学者を愛する人がいた。

Although I don't know who the Ogawa family was, there was a person who loved scholars very much.

田口江村が維新の際に行くところがなくて困り、この家に来て、邸内に三間ばかりの長屋風の細長い家を建てて住んでいた。

Taguchi Emura was troubled because there was no place to go during the restoration, and came to this house and built a long house-like long and narrow house in the house.

江村が東京へ帰るときに、家をそのまま小川家に引渡していった。

When Emura returned to Tokyo, he handed over his house to the Ogawa family.

 その家を私の長兄が利用したのであった。

[My eldest brother used the house.

幕末のころ江戸の周辺に縁故を求めて逃げていた人々が多かったが、これもその一つで、幕末の裏面史としては哀れな話であった。

Around the end of the Edo period, there were many people who ran away in search of a connection around Edo. This was one of them, and it was a pitiful story about the backside of the Edo period.

郷里から父がやって来たころには、まだ戸棚の中に羽倉外記の文章なども残っていた。

By the time my father came from his hometown, there were still writings written by Hakura Gaiji in the cupboard.

 私は子供のことで、どうも分らないでしまったのだが、たぶんあの手頸を斬られた小川の小父さんにかなり世話になったものと見えて怪我の見舞いもよこすし、本や雑誌などもしょっちゅう送ってよこしたものらしい。

I was a child, and I didn't understand it, but I thought that Ogawa's father, who had his hand cut off, was pretty much taken care of, and I was always injured and sent books and magazines all the time. It seems to be a good one.

隣の小父さんの方では、何を送って来たっていいんだと威張っていたが、ちょうど文学上にも新しい気運の向いている時分で、まだ『都の花』などの出ていないそのころに、退屈しているだろうからといって新刊を後から後から送ってくるということは、よほどの熱心と親切とがあってのことだろう。

The adjoining little dad was admiring what he wanted to send, but it was just a new moment of literary momentum, and there wasn't a “City Flower” yet. At the same time, sending new publications later, just because you might be bored, is probably due to your enthusiasm and kindness.

いずれにしてもなかなかできないことであった。

Either way, it was hard to do.

 こうして新刊書を読む一方、『親釜集』なども読み、その上、東京にいた次兄が、自分の読んだ本を読みきれないくらいたくさん送ってくれた。

In this way, while reading the new book, I also read “Okagama Shu” and so on, and my elder brother in Tokyo sent me so many books I could not read.

歌集などが多く、いくら読んでもさし支えのない本ばかりであった。

There were many songbooks and so on, and no matter how much they read it, they were all books that had no support.

 県居の門下のものの著書とか、村田春海の歌集、千蔭の歌集など、どうしてそんなにたくさんの本を送ってくれたか、どんな方法で送ってくれたか、憶えていないが、ともかくついでのある毎に送り届けてくれるのであった。

I don't remember why I sent so many books, such as books written under the prefectural residence, Harumi Murata's songbooks, Chikuma's songbooks, etc., but I sent them every time. It was.

 読書力のついた子供に、こんな古典ばかり送って知識欲を塞いでおこうとしても無理である。

It is impossible to send such a classic to a child with reading skills and try to close his desire for knowledge.

こちらはもっと事実が知りたいのだから、送ってくれたものは全部読んでしまうが、それだけでは物足りない。

I want to know more about the facts here, so I read everything I sent, but that alone is not enough.

他のものも猟って読んでいた。

I hunted and read other things.

学校へ行かなかったから、いくらでも時間がある。

I didn't go to school, so I have time.

兄の方ではこっちに引張りつけようと努めていたのだろうが、私の方ではむやみにいろいろのものに目を通していた。

My brother was trying to pull it over here, but I was unaware of various things.

後に両親が来てからは、まるで形勢が一変してしまった。

Since then, my parents have changed.

やかましいことばかりいうものだから、私もだけれど、長兄も大変緊張してしまった。

I am the only elder brother, but my elder brother was very nervous.

 この二十二年の秋までの二カ年というものは、悪いこともいろいろおぼえたけれども、何だか自然の生活といったものが分ったような気がした。

The two years up to the fall of 2012 were a lot of bad things, but I felt like I had a natural life.