文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(478-519)/5348

昼間見えないはずだがと思って、子供心にいろいろ考えてみた。

I thought that I shouldn't be able to see it in the daytime, so I thought about it in my childhood.

そのころ少しばかり天文のことを知っていたので、今ごろ見えるとしたら自分らの知っている星じゃないんだから、別にさがしまわる必要はないという心持を取り戻した。

At that time, I knew a little about astronomy, so if I could see it now, it wasn't a star that I knew, so I regained my mind that there was no need to search for it.

 今考えてみても、あれはたしかに、異常心理だったと思う。

I think that it was an abnormal psychology.

だれもいない所で、御幣か鏡が入っているんだろうと思ってあけたところ、そんなきれいな珠があったので、非常に強く感動したものらしい。

I thought that there was no money or a mirror in the place where there was nobody, and there was such a beautiful pearl, so it seems that it was very impressed.

そんなぼんやりした気分になっているその時に、突然高い空で鵯がピーッと鳴いて通った。

At that time, when I was feeling so dim, a kite suddenly rang in the high sky.

そうしたらその拍子に身がギュッと引きしまって、初めて人心地がついたのだった。

It wasn't until I was drawn to that moment that I felt comfortable for the first time.

あの時に鵯が鳴かなかったら、私はあのまま気が変になっていたんじゃないかと思うのである。

If I didn't sing at that time, I would have been crazy.

 両親が郷里から布川へ来るまでは、子供の癖に一際違った境遇におかれていたが、あんな風で長くいてはいけなかったかも知れない。

】 Until my parents came to Nukawa from my hometown, I was in a very different situation for my child, but it might not have been so long.

幸いにして私はその後実際生活の苦労をしたので救われた。

Fortunately I was saved because I had a hard time in real life.

 それから両親、長兄夫婦と、家が複雑になったので面倒になり、私だけ先に東京に出た。

And then, with my parents, elder brothers and couples, the house became complicated and it was a hassle, so I just went to Tokyo first.

明治二十四年かと思うが、二番目の兄が大学の助手兼開業医になっていたので、それを頼って上京した。

I think it was 1924, but my second brother was a university assistant and practitioner.

そしてまた違った境遇を経たので、布川で経験した異常心理を忘れることができた。

And because it was a different situation, I was able to forget the abnormal psychology I experienced in Nugawa.

 年をとってから振り返ってみると、郷里の親に手紙を書いていなければならなかったような二カ年間が危かったような気がする。

When I look back on my age, I feel that the two years I had to write a letter to my parents were dangerous.

大塚戸の花火

Otsukado Fireworks

 布川へ両親が来てからしばらく後のことであった。

It was some time after my parents came to Nukawa.

布川の宿という所の利根川べりに空家を見つけて、両親と私達小さい者がそこに移り住むことになった。

I found a vacant house on the Tone River in a place called Nunokawa-no-yado, and my parents and us were moved there.

 関東は花火の流行時代であったが、布川から利根川を八、九里上ったところに、大塚戸という村がある。

Kanto was an era of fireworks, but there is a village called Otsukado just up the Tone River from Nunokawa.

じつに淋しい村であったが、どういうものか花火の大会だけは毎年愉快にやり、そのために人がうんと集まった。

Although it was an unfortunate village, only the fireworks display was fun every year, and people gathered for that purpose.

花火だけを見に行くのでなくて、途中で羽目を外して遊ぶために集まるのだった。

Rather than just going to see fireworks, they gathered together to play with their eyes off.

 村によっては若い者はいやがって行かないで、齢とった爺さん婆さん連中が、村から町から一船仕立てて出掛けて行くのであった。

In some villages, young people don't hesitate to go, and the old guys, Mr. Tsubaki, went out from the village to make a ship from the town.

 花火大会だから見ていてちっともさし支えはないはずである。

Since it is a fireworks display, there should be no support at all.

しかし隣近所をよく見ると、近くで見る人、遠くで見る人、みんなねているのである。

However, if you look closely at the neighbors, you see everyone who sees you nearby.

風俗壊乱おかまいなしである。

There is no way of destroying customs.

そんなところへ、私はただ何となくみなが行くというのでついて行った。

That's where I went, because everyone was going somehow.

親も郷里から来たばかりで何も知らなかったもので、もしも知っていたらいけないといったに違いない。

My parents were just from hometown and didn't know anything, and I must be aware.

船の往き帰り、向うでの乱雑さなど、とんでもない印象をうけて帰って来た。

I came back with a ridiculous impression of going back and forth from the ship and the mess on the other side.

 もうよく憶えていないが、林の真中に御堂がある。

I don't remember it anymore, but there is a temple in the middle of the forest.

信心のあついものはすぐ堂の近くに行っている。

The devoted hot things go right near the hall.

しかしその他の連中は、林の外側か、広い林の中かを、男女みな相携えて暗い所を歩いているのであった。

However, the other guys walked in the dark, with both men and women, either outside the forest or in a large forest.

そういう光景に吃驚して帰って来たことを覚えている。

I remember being surprised at such a scene and coming back home.

大塚戸の花火よりも異様な光景の方が印象に残った。

The strange sight was more impressive than the fireworks of Otsukado.

 その後あれはどうなったろうか。

What happened after that?

人に聞くのもきまりが悪いから、聞いたことはないが、今でも大塚戸の花火はどうなりましたかと、聞いてみたいくらいである。

I haven't heard from people because I don't know what to do, but I still want to ask what happened to the fireworks at Otsukado.

そのころは花火のはじめなのであまり外では見られなかったらしい。

It seems that it was the beginning of fireworks at that time, so it was not seen outside.

川船というものも、その時はじめて乗ったので、ただただ驚くことばかりであった。

The river boat was also the first time that I got on it, so it was just amazing.

 そんな行事の影響であったか、あるいは別々に起ったのかしらないが、その時分に念仏講というものが非常に流行ったものである。

I wonder if it was the influence of such an event or it happened separately, but at that time, the Nembutsu class was very popular.

どこの家でも喧しいお爺さんお婆さんは、ことに片親になってしまうと、世間の者が勧めて念仏講に入れる。

When a grandmother who is hungry at any house becomes a single parent, the people of the world recommend it for the Nembutsu class.

酒は朝から飲めないが、賑やかにお茶を飲んでしゃべったり、わずかな小遣で手をたたいたり何かして歌っている。

You can't drink liquor from the morning, but you can sang by drinking or chatting with tea, or clapping your hands with a small allowance.

老人処理法として極上のものである。

It is the best treatment method for the elderly.

それが花火でも見に行こうかという計画をする策源地になっていた。

It was the starting point for planning whether to go to see fireworks.

その状景は郷里の播州あたりでは見られない。

The situation cannot be seen around Banshu, the hometown.

下総あたりに残っている荒い生活の姿であった。

It was a rough life left around Shimosa.