文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(520-553)/5348

長塚節の『土』みたいな生活からにじみ出たものである。

It exudes from a life like "Sat" in Nagatsuka-bushi.

 私の一家も、そんな生活を一通りは経たにしても、そう深くは入らなかった。

My family did not go so deep even after going through such a life.

あまり遠くに出たこともなく、筑波山なんかも東京へ出て高等学校の学生になってから、はじめて登ってみたようなわけであった。

I had never been so far away, and Mt. Tsukuba seemed to be climbing for the first time after going to Tokyo and becoming a high school student.

『利根川図志』のこと

About "Tonegawa Zushi"

 昭和十三年に、私は岩波書店から頼まれて『利根川図志』を校訂して覆刻したが、今ではもう絶版になっている。

In 1934, I was asked by Iwanami Shoten to edit and reprint “Tonegawa Zushi”, but it is now out of print.

この本と私との関係については曾て雑文を書いたことがある。

I have written miscellaneous sentences about the relationship between this book and me.

思えば深い因縁があるわけで、私が初めて下総の布川へ行った明治二十年の初秋から二十一年にかけて、この本を古い版本で見た時は、この著作が出来上った安政五年からちょうど三十年目であった。

When I looked at this old book from the early autumn of Meiji 20 to the 21st year of my first visit to Nunogawa in Shimosa, I thought that Ansei was able to make this work It was the 30th year from the fifth year.

それから私が、それを再版したのは、また五十年あまり経った後というわけである。

Then I reprinted it again after about 50 years.

 著者は赤松宗旦という医者である。

The author is a doctor named Munedan Akamatsu.

その家は代々、赤松宗旦といって、この本を書いた人は二代目である。

The house was called Munedan Akamatsu for generations, and the person who wrote this book was the second generation.

私はその人の養子に当る三代目の宗旦に大変世話になっている。

I am indebted to the third generation of Buddha, who adopted the person.

四代目はもう宗旦といわないで、小学校長だったが、私はこの人とも懇意にしていた。

The fourth generation was no longer Munedan and was the head of the elementary school.

五代目も亡くなったかも知れないが、近ごろ布川へ行って来た人の話に、五代目の細君と六代目の主人に会ったとか、家はやはり元の所にあるということであった。

The fifth generation may have died, but in the story of a person who recently went to Nugawa, the fifth generation Hosomi and the sixth generation master were met, and the house was still in the original place.

 さて赤松という苗字だが、私の生家がやはり赤松系で、播州の西部から辻川へ移住してきたのに、わざと遠慮して、松岡を名乗るようになったという、古い言い伝えがあった。

Well, the last name is Akamatsu, but there was an old legend that my birthplace was of the Akamatsu family and moved to Yodogawa from the west part of Banshu, but I decided to refrain from deliberately turning to Matsuoka.

下総に移って、赤松という苗字の先住者を知ったとき、非常になつかしく思った。

When I moved to Shimosa and learned about an indigenous man named Akamatsu, I felt very nostalgic.

それで兄も私もみんな懇意になってしまったわけである。

So both my brother and I got in touch.

 この著者の赤松家は、必ずしも播州出ではないかも知れないが、同家の言い伝えでは、暫く遠州の掛川か、どこかに住んでいてから、下総へ移ったということになっている。

[This author's Akamatsu family may not necessarily be from Banshu, but according to the family's legend, he lived somewhere in Kakegawa in Enshu for a while and then moved to Shimosa.

播州のどこから出たのかはっきりしないが、その後、田舎には伝説ができてしまって、赤松系のお医者同士二人が、播州から連れだって家出をし、前途を開こうといって、ここに落着いたというのである。

I don't know where I left from Banshu, but after that there was a legend in the countryside, and two Akamatsu doctors took me away from Banshu and left home to open my way. It has been settled down.

何分にも下総の松岡の家は、元祖が私の長兄の鼎であるから、みなで大笑いしたこともあったが、ともかく私どもとその赤松家とは大変親しくしていた。

For a few minutes, Shimoso's Matsuoka family had a great laugh because everyone was the nephew of my elder brother, but anyway, we were very close to the Akamatsu family.

 赤松のお爺さんは産科のお医者だったので、私の姪などもみな取り上げて貰った。

赤 Since Akamatsu's grandfather was an obstetrician doctor, all my nieces were taken up.

そのお爺さんの子供は女ばかりだったが、私と親しかった。

The grandmother's children were only women, but they were close to me.

異郷において、お互に播州の匂いを僅かながらも嗅ぐことが出来たわけであった。

In the foreign country, they were able to sniff the smell of Banshu each other.

『利根川図志』は、赤松の一代目が一生かかって計画したが、早く死んだため、その息子に当る二代目宗旦が本にして出したものであって、驚くべきことが書いてある。

“Tonegawa Zushi” was planned for the lifetime of the first generation of Akamatsu, but because it died early, it was written by the second generation Munedan, the son of that son, and it is surprising.

汽船のない時分に、三国峠か碓氷峠かを掘り抜いて日本海と太平洋とを繋ごうと企て、土地の高低を考えずに議論をしており、それを幕府にも、当路者にも進言しているのである。

At the time when there is no steamer, we are trying to dig up the Mikuni Pass or Usui Pass to connect the Sea of Japan and the Pacific Ocean, and discuss it without considering the height of the land. It is also advocated.

ちょうど印旛沼の開発計画が二度目に企てられ(一度目は田沼意次の計画)、この沼を掘り割って利根川と鬼怒川と海とをつなごうという話のあるころであった。

It was just when the development plan for Inba Marsh was planned for the second time (the first was Tanji's plan).

悪く言えば山師的な計画とも見られ、どうも佐藤信淵あたりの影響がかなりあったのではないかと思う。

To put it a little, it can be seen as a mountain teacher-like plan, and I think that there was a considerable influence around Shingo Sato.

ともかく、下総の赤松、松岡両家は大変親しくなったわけで、それが私の『利根川図志』の覆刻に協力した動機というべきものであった。

Anyway, the Akamatsu and Matsuoka families of Shimosa became very close, and that should have been the motive for cooperating with my “Tonegawa Zushi”.

お茶の舟

Tea boat

 近ごろ『利根川』という本を出した飯島博というお医者があるが、ずっとこの川の上流の、埼玉と茨城との県境の、埼玉県側にある宝珠花というところの人ではなかったろうか。

Recently, there was a doctor named Hiroshi Iijima who published a book called “Tonegawa”. Wasn't it a person who was a jewel on the Saitama Prefecture side of Saitama and Ibaraki at the upstream of this river?

宝珠花ではお八重がかさだ お八重買う奴 みなかさだ

In the jewels of the jewels, Yae is the bulk.

 子供のころこんな言葉を船頭が口にしていたのを、かさということも知らずに、固有名詞が二つもあるので、子供心に面白く思ってきいた。

When I was a child, I knew that the boatman spoke these words, but I didn't know that it was bulky.

下総が利根川流域にとんがり出している辺である。

This is the area where Shimosa hangs out in the Tone River basin.

茶屋女の沢山いた所で、船頭たちが下流に来てから、そこのことを思い出して歌ったものであろう。

It was probably a place where there were a lot of chaya girls and the singer remembered and sang after the boatmen came downstream.

 下野の方から利根川に合流する鬼怒川と、その東の方、益子の脇を通って南流する小貝川とがある。

There are the Kinugawa River, which joins the Tone River from Shimono, and the Kogai River, which flows southward through Mashiko's side.