文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(554-589)/5348

鬼怒川は主として奥州の荷物を利根の方へ出すための水運で、宇都宮の東北にあたる阿久津という所まで持って来た荷物を、そこから鬼怒川の舟に乗せる。

Kinugawa is mainly a water transportation for taking out Oshu's luggage to Tone. From there, the luggage brought to Akutsu in the northeast of Utsunomiya is loaded onto the Kinugawa boat.

そして陸路を節約するわけである。

And it saves land.

それに大利根まで運びこめば、後はどこへでも自由に水運を利用できるわけであった。

Moreover, if it was transported to Otone, it was possible to use water transport freely anywhere after that.

その盛りの時代は短かかった。

The prime time was short.

 どちらかというと、上から運ぶものが少なかったので、仕方なく舟の空荷を利用して石を運んだ。

Rather, because there were few things to carry from the top, I carried a stone using the boat's empty load.

下総の方には石が乏しく、沢庵の重しの石までが輸入品であった。

Shimosa had few stones, and even the heavy stones were imported.

こんなおかしな話まであった。

There was even such a strange story.

利根川の下流では船頭たちが船荷を何でも少し、くすねる癖があった。

In the downstream of the Tone River, there was a trap where the boatmen sunk anything a little.

細いサシ(俵にさし込んで中の穀物を検査する道具)を持っていて、それで中身をいくらか、くすねてとるのを楽しみにしていた。

I had a thin sashi (a tool for inspecting the grains inside the basket), and I looked forward to taking some of it.

ところが、船荷に沢庵石ではどうにもならない。

However, there is nothing to do with Sawaishi in the cargo.

そこでくやしまぎれに、みなが寄ってたかって石をなめたというのである。

There, he licked the stone as if everyone wanted to stop.

 さて益子から南流する小貝川は泥沼から来るので、利根に合流すると穢くもあるし、臭くもなってしまう。

Now, the Kogai River, which flows south from Mashiko, comes from the quagmire, so when you join Tone, it may crawl or smell.

ただ一つ鬼怒川だけは、実にきれいな水の流れであった。

Only one Kinugawa was really clean water flow.

奥日光から来るその水は、利根川に合流しても濁らなかった。

The water from Okunikko did not become cloudy even when it joined the Tone River.

船から見ても、ここは鬼怒川の落ち水だという部分が、実にくっきりと分れていてよく判る。

From the view of the ship, you can clearly see that this is the fallen water of Kinugawa.

利根川の真中よりは千葉県の方へ寄った所に、鬼怒川の流れがある。

The Kinugawa River is located near Chiba Prefecture from the middle of the Tone River.

 布佐の方ではあまり喧しくいわないのに、布川では、親の日とか先祖の日には、このきれいな鬼怒川の水をくみに行った。

Although it wasn't too difficult for Fusa, in Futagawa, I went to draw water from this beautiful Kinugawa river on my parents' day and my ancestor's day.

布川は古い町なので、一軒一軒小さな舟を持っていて、普段は使わないで岸に繋いでおくが、こういうものの日には小舟で行ってくんできて、その水でお茶をのむことにしていた。

Nunokawa is an old town, so you have small boats one by one and you usually connect them to the shore instead of using them, but on these days you can go on a small boat and pour tea with the water. I was doing.

普段は我慢して、布川の方へ寄って流れている上州の水をのんでいるのである。

I usually endure it and take up the water of Joshu, which flows toward the Nunokawa River.

上州の水が豊に流れているその向う側に小貝川の水が流れ、それを通り越して千葉県によった所に、鬼怒川の流れが、二間幅か三間幅に流れているのであった。

The water of the Kogai River flowed to the other side where the water of Joshu was flowing abundantly, and the flow of Kinugawa flowed to the width of the two or three widths across the place according to Chiba Prefecture. .

 布川のこの小舟は、向う岸に渡るためのでもなく、上の村と下の村とをつなぐものでもなかったらしく、「お茶のお舟」として、澄んだ川水をくむだけであった。

This small boat in Nugawa wasn't intended to cross over to the other side of the river, and it wouldn't connect the upper and lower villages.

 布川の町も利根川の改修工事によって、やがては川底になってしまうかもしれない。

The town of Nugawa may eventually become a riverbed due to the Tone River renovation work.

七十年前の利根川筋を知る私どもは、そこにわく一種の愛情を断ち切るわけには行かないのである。

We know the Tonegawa line 70 years ago and cannot cut off the kind of affection there.

辻川の話

The story of Yodogawa

川舟交通

Kawafune Traffic

 明治の初年、全国地図を見るようになってから、これは机上でものを考える政治家の思いつきそうなことであるけれど、太平洋と日本海をもっと簡単につながねばならないという機運が強くなって来た。

In the first year of the Meiji era, I began to look at the national map, but this seems to be a politician who thinks on the desk, but the momentum to connect the Pacific Ocean and the Sea of Japan has become stronger. I came.

日本の中央部を掘り割って、利根川と信濃川を結ぼうという風な無謀な計画がその一例である。

An example is the reckless plan of digging through the central part of Japan and connecting the Tone and Shinano rivers.

ことに日本の北半分の海運は時々の風に支配されており、冬行って春帰ってくるというようなことでは不便極まることであったから、こうした計画が始まったのである。

In particular, the shipping of the northern half of Japan is dominated by the winds of the time, and it was extremely inconvenient to go in the winter and return home in the spring, so this plan started.

琵琶湖と伊勢湾を結ぶことによって、日本の表裏をつなぐ計画も、明治以前の経済政策として考えられたことがある。

A plan to connect the opposite sides of Japan by connecting Lake Biwa and Ise Bay was also considered as an economic policy before the Meiji Era.

明治に入ってからは丹波の由良川と武庫川とをつなぎ、市川と円山川とをつなぐ計画もあって、後者はわずか五、六年の間ではあるが、私の生まれる前後、この方法によって実行使用されたことがあるということである。

After entering the Meiji era, there was a plan to connect the Yura River and the Muko River in Tamba and the Ichikawa and Maruyama Rivers. It has been used.

私の郷里の方でもひき舟で市川を溯り、生野あたりから馬などで中継して山を越え、円山川を経て日本海へと荷物を運んだことがある。

Even in my hometown, I hit the Ichikawa with a boat, relayed it from around Ikuno with horses, crossed the mountains, and carried the luggage to the Sea of Japan via the Maruyama River.

これは地図だけで経済政策をやろうとする人々のいいみせしめであると思うのだが、私は幼いころ、よく古老からその時代の話を聞かされたものであった。

I think this is a good idea for people who want to do economic policy with maps alone, but when I was young, I was often told by the elderly about the times.

後日のことを考えずに決められた無謀なる計画である。

It is a reckless plan decided without thinking about the future.

私が幼かった当時、村には二軒の問屋と呼ばれる家があったが、その一つの方は、ひき舟時代の名残りであったと思われる。

When I was young, there were two so-called wholesalers in the village, one of which seems to be a remnant of the Hikifune period.

 私の父は辻川の辻という略字を使用することを嫌って、逵という字を使用したものであった。

My father hated using the abbreviation “辻” of Sasakawa and used the word “逵”.

辻は日本で作られた字であるから、漢学者にはお粗末で気に入らなかったのであろう。

Samurai was a character made in Japan, so it would have been unsatisfactory for Han scholars.