文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(622-654)/5348

南北の道は現在のようになるまでは堰溝沿いの路や、私の旧屋の横をも通った時代もあったわけで、東西の道も別の旧道があったらしく、幾度かの変遷があったのであろう。

There was a time when the north-south road passed through the road along the weir and the side of my old house until it became the same, and the east-west road seems to have another old road, and there have been several changes. There must have been.

堰溝に沿ったあの細い路も、馬が重要な交通機関であったころは、あれで十分だったのである。

That narrow road along the weir was sufficient when horses were an important means of transportation.

地蔵堂のある場所も、従って当時は重要な地点であったわけで、山の方へ上り、あるいは川の方へと下るための場所であった。

The place where Jizo-do was located was also an important point at that time, and it was a place to go up to the mountain or down to the river.

 いまもあのあたりの記憶が幻のように私の胸には蘇える。

My memory is still resurrected in my heart like a phantom.

鈴の森神社から斜めに下りると、そこが崖になって小さな流れがあり、蟹も遊んでいようという、私らの遊び場で、そこにはアカイワシという、冬、茎が赤くなる濶葉樹があり、これを刀代りにして遊んだ。

When we descend diagonally from Suzunomori Shrine, there is a small cliff, there is a small stream, and our playground is where you can play kites. I played with it instead of a sword.

 上田秋成の紀行文を読んでも、彼がどのあたりから北に折れて生野への道をとったのであろうか、堰溝のほとりであろうか、私の家のそばの上坂のところであろうかと、私の空想は楽しくひろがるのである。

Even if I read Akisei Ueda's travels, I wondered where he turned north and took the road to Ikuno, on the bank of the weir, or upstairs near my house. The imagination of this is fun and widespread.

 辻川の南を岩尾川という綺麗な細い川が流れている。

南 A beautiful thin river called Iwao River flows south of the Yodo River.

北条の方から来る所に橋があり、その橋は私の見ている間に石橋にかけ代えられたのでよく知っている。

There is a bridge coming from Hojo, and I know it well because it was replaced by a stone bridge while I was watching.

それは姫路から来る国道がついた時のことであった。

It was when the national highway came from Himeji.

その少し上流に岩尾神社というお宮がある。

A little upstream is the Iwao Shrine.

妙徳山の鎮守さんだったらしい。

Apparently it was a guardian from Myotokuyama.

それに向って左の所に私らが通った昌文小学校があった。

To that end, there was the Changbun Elementary School where we went to the left.

 妙徳山というのは古風な寺で、どういうわけか、支院ばかりいくつもあって本寺がない。

Myotokuyama is an old-fashioned temple. For some reason, there are several branch offices and there is no main temple.

妙徳山に一月の十六日か十五日に「鬼追い」という年中行事があった。

Myotokuyama had an annual event called “Devil Chasing” on the 16th or 15th of January.

子供にとっては、その行事はいちばん大きい興奮で、今もよく憶えている。

For children, the event is the greatest excitement and I still remember it.

「おん、そこじゃい。

"Oh, that's right.

めん、そこじゃい」というものだから、鬼におんとめんとがあるのかしらんと思ったりした。

I was n’t sure if there was a demon and a noodle.

今も大門という地名があるが、その表口にもとは大門が建っていて、そこから文殊堂まで、少し斜め東北に向って真直ぐに参道がついている。

There is still a place name of Daimon, but there is a large gate at the front gate, and there is a straight road leading from there to Bunju-do, slightly diagonally towards Tohoku.

播州の北ではいちばん歴史に旧いのはそこで、記録類によれば平安朝まで溯ることができる。

There is the oldest history in the north of Banshu, and according to the records, you can go back to the Heian morning.

大門がいちばん外の門だが、私の子供の時分にはもうなかった。

Daimon is the outermost gate, but it was no longer in my childhood.

懐しい所である。

It is a nostalgic place.

田原という地名

Place name of Tahara

 私の生れ故郷は、当時|田原村辻川といったのであるが、この田原という郷名は、隣村の川辺とともにすでに中世以前の書物にも現われている。

My hometown was at that time, such as Taharamura Yodogawa, but the name of Tahara is already appearing in the books before the Middle Ages along with the riverside of the neighboring village.

播州の地形を脳裡に描くとき、必ずといってもいいほどに浮び上って来る風景は一面の荒れた平原である。

When you draw the terrain of Banshu on your brain, the scenery that emerges to the extent that you can say is the rough plain.

 というのも、あの地方の郡境はいずれも原野で、水さえあれば水田も出来たであろうが、今日のように水利が便利にならなかった当時は、たまに草を刈りにゆくだけの荒蕪地であった。

Because the district boundaries of those regions were all wilderness, and if there was water, paddy fields would have been made. It was a wasteland.

 北条の田町という所に住んでいたころのことであるが、朝早く町のはずれから東の方、玉野付近を眺めやっていると、何一つ遮るものなく、地平から朝日の昇るのが望まれたものであったし、辻川の三木拙二翁の家の裏手の丘も、ナツハゼという、夏に赤い葉を茂らす木々が目に入るだけであった。

It was when I lived in the town of Hojo no Tamachi, but when I was looking at Tamano near the east of the town early in the morning, it was hoped that the Asahi would rise from the horizon without any obstruction. And the hill behind the house of Meiji Shinji Miki in Yodogawa could only be seen in the summer.

考えてみると、私が離郷する当時は、あの地方の荒蕪地の荒れ放題に荒れた末期であったのであろう。

When I think about it, when I left my country, it was probably the end of the year when I was devastated by the all-you-can-exploits of that local wasteland.

今日のように、豊に拓かれた田園や近代的な工場のある風景が見られるようになったのは、それ以後のことである。

It is only after that that the landscape with abundant countryside and modern factories can be seen like today.

 ところで、この田原が故郷の地名であるために、私は何処へ旅をしても同じ地名があると必ずその由来などを調べるのであるが、これは遠く沖縄の八重山群島にまで、タバロなどといって分布している。

By the way, because this Tahara is the place name of my hometown, I always investigate the origin of the same place name wherever I travel, but this is far from the Yaeyama Archipelago in Okinawa, Tabaro etc. It is distributed.

つまり「たわら」とは、これだけは田にすることができるという、田の一つのブロックで、肥料などの関係からその全体を耕作するだけの能力がないため、半分ずつ、もしくは三分の一ずつ耕作してゆく所なのである。

In other words, “Tawara” is a single block of rice fields that can only be used as a paddy field, and because it does not have the ability to cultivate the whole due to fertilizer, etc., it is half or one third. It is a place where it is cultivated one by one.

 昔の米作はこのように、耕作地全体を毎年耕作するのではなくて、年によって部分的に休ませ、その間に地味を養ったのである。

In this way, old rice crops did not cultivate the entire cultivated land every year, but partly rested during the year to cultivate the plain.

ちなみに、山へ登る人たちがよく出会う地名の田代というのも、ほぼ同じような意味であって、田の候補地という意味である。

By the way, the place name Tashiro, where people climbing the mountain often meet, has almost the same meaning, and it means a candidate place for the field.

 こういう農耕方式を採ったのは、当時の肥料が緑肥をもっぱらとしたためであり、いま裏日本の一部でも見られるような下肥を稲作に施すようなことは昔は考えもしなかった。

This kind of farming method was adopted because the fertilizer at that time was exclusively green manure, and it was not thought of in the past to apply sewage to rice farming, which is now seen in some parts of Japan.