文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(686-721)/5348

 鈴木の家は後に拡張して引越したが、今も辻川に住んでいるとか。

Suzuki's house was later expanded and moved, but he still lives in Yodogawa.

この鈴木という苗字についてはいろいろ調べたことがある。

I have studied a lot about this surname called Suzuki.

鈴木一族

Suzuki family

 全国を通じて、鈴木の姓は非常に多い。

There are many surnames throughout the country.

もとはみな熊野の出だが、どういうものか、鈴木姓のものの行く所はみな栄えている。

All are originally from Kumano, but all sorts of places where surnames Suzuki go are prospering.

紋所はみな稲の丸である。

The crest is all rice circles.

 熊野の出とはいっても、和歌山の方に近い藤代という、熊野王子の一つであった所からおこったといわれ、かの『義経記』以来鈴木一族が世に現われてきたのである。

Even though Kumano came out, it is said that it came from one of the Kumano Princes, Fujishiro near Wakayama, and the Suzuki clan has appeared in the world since that “Yoshitsuki”.

熊野詣りの道を、泉州堺を起点として九十九王子にわけて祀っているが、その何番目かに藤代がある。

The Kumano Shrine path is divided into ninety nine princes starting from the Senshu Pass, and Fujishiro is the second largest.

今の海南市から少し先へ行くと、藤代という坂があり、それを越えると藤代になる。

If you go a little further from the current Hainan city, there is a slope called Fujishiro.

 義経に従って平泉へ行き、衣川で討死した鈴木三郎も、その弟の亀井六郎も、みなこの藤代の出身ということになっている。

According to Yoshitsune, he went to Hiraizumi and Saburo Suzuki who died in Kinugawa and his brother Rokuro Kamei are all from Fujishiro.

熊野路では、鈴木、榎本、宇井の三軒の名家があり、この三軒の者でなければ人間でないとまでいわれたほどである。

In Kumano Road, there are three famous families, Suzuki, Enomoto, and Ui.

宇井は早く衰え、榎本は後に神と別れて、鈴木の一族のみが結合力が強く、各地で著しい繁栄をしたのである。

Ui quickly declined, and Enomoto later separated from God, and only the Suzuki family had strong bonds and prospered in various places.

 私は一時鈴木を調べるのに夢中になったことがあるが、都会のあまりはげしい所にはいない。

I have been obsessed with investigating Suzuki for a while, but not in a busy place in the city.

東北にははなやかに鈴木一族を語り伝えている所があるという、妙な家柄であるということがわかった。

I found out that the Tohoku region has a strange family character, where there is a place that tells the Suzuki clan.

 菅江真澄(本名白井英二)なども、東北を歩いて旅行するたびに、一の関の少し北で、有名な中尊寺のお祭りなどにも出て来る大名主の鈴木常雄という旧家に、終始厄介になっていた。

Masumi Kanie (Eiji Shirai), etc., once in a walk in the Tohoku area, became a little bit north of Ichinoseki. It was.

この鈴木という家は今もあり、私も出かけて行ってみたが、その家の古い日記に、「白井英二来て泊る」などと、ちゃんと書いてあった。

There is still a house called Suzuki, and I tried to go out, but in the old diary of the house, “Eiji Shirai came and stayed” was written properly.

家から下を流れる北上川の岸に降りてみると、一の関の方へ出る街道が見えるというような場所であった。

When I descended from the house to the shore of the Kitakami River, it was a place where I could see the highway leading to Ichinoseki.

応対してくれた主人はもう老体で、六尺近い人であった。

The master who responded was already an old body, a person who was close to six scales.

そのお父さんも六尺ぐらいあったそうだし、子供もやはり六尺あり、娘さんが一人、この人もやはり背の高い人であった。

The father was about six shakusoku, the children were also six shakusaku, one daughter, and this person was also tall.

「珍しい家もあるものだ」というと、「旧い家だから、縁組に大変気をつけてもらったから」などといっていた。

“There are some unusual houses,” he said. “Because it is an old house, I had a great deal of attention to it.”

私が訪れてからもう二十年以上も経つが、その後はどうなったか。

More than 20 years have passed since I visited, but what happened after that?

 あの辺一帯には鈴木姓が多い。

There are many Suzuki surnames in that area.

『義経記』の後半分に鈴木一族の喜ぶことばかり多いのも、あの付近では、座頭が少しでも鈴木を悪くいったら聞く人がなくなるほど、鈴木一族の社会上の地位が高いため、彼等のほまれとなる部分だけが強く語られてきたのであった。

There are many things that the Suzuki clan is pleased in the second half of "Yoshitsuki". Only the part that is rare has been spoken strongly.

 鈴木という家のない地方を探すのには骨が折れるほど、全国に広く分布しているが、たいてい、いわゆる第二期植民地と呼ばれる所へ入植している。

To find a region without a house called Suzuki, it is so widely distributed throughout the country that it is hard to find, but it is usually settled in what is called the second colony.

一通り目につく定住がすんだ後、もう一ぺんというような所を探し求めて入って来るのが、鈴木一族の特徴であった。

It was a characteristic of the Suzuki clan that after entering the first place that settled, it searched for another place and entered.

 辻川などでも、鈴木姓はおそく入って来たものらしい。

辻 It seems that Suzuki surnames came in slowly even in Yodogawa.

松岡の先祖がここに来て、すでにある程度開拓をした後に、鈴木が入ったのかと思うが、家数はあまりふえなかったらしい。

After Matsuoka's ancestors came here and had already pioneered to some extent, I suspect that Suzuki entered, but it seems that the number of houses did not increase much.

先祖になる

Become an ancestor

 伊藤一族のことは、いつか『先祖の話』という本の中で書いたことがある。

I wrote about the Ito family in a book called "The Story of Ancestors" someday.

商人として辻川に来て、村を一変させた一族である。

A family who came to Yodogawa as a merchant and transformed the village.

『先祖の話』という本は、散歩の途中、話をした年寄りが、自分は御先祖になるのだといった言葉に大変興味をもち、外国に移住する人にもその覚悟が必要で、先祖というものに対する考え方を変えなければならないという積極的な気持になって、この本を書いたわけであった。

The book "The Story of Ancestors" is very interested in the words that the elderly who spoke during the walk are themselves ancestors. I wrote this book with a positive feeling that I had to change my way of thinking about things.

 戦争がひどくなって遠くに行けなくなり、住居の近所ばかり散歩していたところ、原町田という所のバスの停留所で、法被を着た私と同年輩の爺さんと、三十分ぐらい話をしたことがある。

I couldn't go far because the war was so bad that I was walking around the neighborhood of my house. is there.

ゴムの長靴をはいた変った風采の人であった。

He was a strange man with rubber boots.

陸川という人で、生れは越後の高田在で、信州で育ち、兵役少し前に東京へ出て、請負師をして非常に成功した。

A person named Rikukawa was born in Takada, Echigo, grew up in Shinshu, went to Tokyo shortly before military service, and was very successful as a contractor.

家作も大分あり、楽に暮しているという。

There is also a homemade house, and it is said that it is easy to live.

子供は六人とかあって、皆それぞれ一人前になって家を持ったから、新たな六軒の一族の「あたしは先祖になる」というのであった。

There were six children and each had their own house, so the new six clan “I will be an ancestor”.