文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(1178-1219)/5348

生野の町を離れてもう一つ小さな峠があって、そこを越えると円山という小部落がある。

When I leave Ikuno town, there is another small kite, and there is a small village called Maruyama.

昔は朝来山といったらしい。

It seems to be Asagoyama in the past.

それから下流の海に入るまでずっと円山川である。

It is Maruyama River all the way to the downstream sea.

円山の近所に鮭ノ宮といって、昔は鮭が海から産卵のためにそのあたりまで溯って来たというが、おもしろい話である。

It is an interesting story that Ashinomiya is called in the neighborhood of Maruyama, and that the fox has been craving from the sea to spawn in the past.

 明治になるまで便船は北の海から豊岡までは来ていたらしい。

It seems that until the Meiji era, the voyage had come from the north sea to Toyooka.

昔は豊岡を城崎といい、今の城崎の方は湯島といっていた。

In the past, Toyooka was called Kinosaki, and the current Kinosaki was called Yushima.

少なくも私の子供のころは湯島という名を耳にしたものである。

At least when I was a child, I heard the name Yushima.

川の対岸が城崎郡だから、豊岡の方では城崎といいたくなかったのかもしれない。

Because the opposite bank of the river is Kinosaki-gun, Toyooka may not have wanted to say Kinosaki.

また豊岡へは、出石の方から来る出石川が少し上流で円山川といっしょになっていて、そこも船便があったらしい。

Toyooka, the Izushi River coming from Izushi is a little upstream with the Maruyama River.

 播州の者にとって、豊岡は非常に親しみを感ずる所であった。

Toyooka was a very familiar place for Banshu people.

八鹿の妙見山の上に、明治の初めに出雲大社からもらったという塔があるというが、これなども海から運んできたのであろう。

There is a tower on top of Mt. Myoken in Yoka that I got from Izumo Taisha Shrine at the beginning of the Meiji era.

大社へ木材を寄進したお礼にもらったと伝えている。

He reportedly thank him for donating wood to the Taisha Shrine.

大社の方でも、神仏分離でもち扱いかねていたから、縁故のある八鹿へもってきたのであろう。

Even the Taisha shrine could not handle the separation of the gods and Buddha, so it must have come to Yakuka.

 和田山町と生野の中間に竹田という町がある。

There is a town called Takeda between Wadayama Town and Ikuno.

足利時代からの古い城跡があった。

There was an old castle ruins from the Ashikaga period.

まわりの平地は小さいが、出石についで有名であった。

The surrounding flat land was small but famous after Izushi.

私も昔その辺を歩いたことがある。

I once walked around that.

 出石から竹田に行く本道の途中に鶴山があったが、眺めが大変良い具合にできていた。

There was Tsuruyama on the way from Izushi to Takeda, but the view was very good.

山腹の傾斜を人力車で通ると、車とすれすれぐらいに鶴の巣が見える。

When you pass the slope of the mountainside with a rickshaw, you will see a crane nest as far as the car.

車屋が気をきかして止めてくれるので、鶴の巣がよく見えるのであった。

As the car dealers took care and stopped, the crane nest was clearly visible.

 私が通ったのは、たしか明治四十二年の六月末か七月のはじめであった。

I was able to go to the end of June or the beginning of July of Meiji 42.

鶴はそろそろ田圃へ出て遊ぶころで、こんな歌を詠んだことを覚えている。

I remember remembering this song when the crane was about to go out and play.

鶴山の鶴は巣立ちて遊ぶなり家なる稚児を思ひこそやれ

Tsuruyama's cranes are nesting and playing with their children

 長女が、今年数え年五十歳になったが、その娘が生れたばかりの時であった。

The eldest daughter was 50 years old this year, but her daughter was just born.

ずいぶん古い話である。

It's a very old story.

 そのとき行ったきり私は行っていないが、きけば鶴山の鶴(じつはコウノトリだが)が出石郡から移動して、このころでは養父郡の方へ来たそうである。

At that time I didn't go there, but it seems that the crane of Tsuruyama (they are storks) moved from Izushi-gun and came to Yabu-gun at this time.

田畠に降りて作物を荒すという話だが、数少ない日本の名物だから、なんとか保護してやりたいものである。

It is a story about getting down the rice fields and destroying the crops, but because it is one of the few Japanese specialties, I want to protect it somehow.

播州人のユーモア

Banshu humor

 子供の時から「大屋の横行話」というユーモラスな話を何度となく聞いている。

Listening to the humorous story of “Oya ’s rampage” many times since childhood.

例えば村の剽軽な連中が都に上ったときの笑い話がある。

For example, there is a story of laughter when a frivolous guy in the village goes up to the city.

鏡を売っている店に「かかみどころ」とあったので、嬶見所だと思って覗いてみたが細君は見られず、不思議に思って隣の店を見たら「ことしゃみせん(琴三味線)」とあったので、それを「今年ゃ見せん」と納得して帰ったという。

The shop that sells mirrors says “Kamidokoro”, so I looked into it as a highlight, but I could n’t see Hoso-kun. "I was convinced that this year I wouldn't see" and returned.

日本中どこにもあるが、横行話として聞かされたもので、今でもそんな空気があの辺に残っているかと思われる。

Although it is everywhere in Japan, it was heard as a rampant story, and it seems that there is still such an air around there.

 播州の開拓部、加西郡のずっと奥あたりにも、同じようなユーモラスな話を、自分の所だけのことだと思って遠慮しいしい口にする習慣があった。

At the far end of Banshu's pioneering department, Kasai-gun, there was a habit of saying the same humorous story only to my own place.

私は近所のお婆さんあたりからたびたび聞かされたことがある。

I've been asked a lot from my neighbours.

「広いもんじゃのう」といって、あの峠を越えて行ったら、「かわいそうに、お前のような奴には瀬加でもせめて見せてやりたい」といわれたとか、そんな話がいくらもあった。

There was a lot of talk, saying, “I'm going to show you to a guy like you, poorly, at least in Soka” when I said “Wide Monja no” and went beyond that trap.

 地名をいわなくては判らないが、瀬加という所にはお寺があって、私も二、三度行ったことがある。

I do not know the name of the place, but there is a temple in the place of Soka, and I have been there a few times.

岡部川というのが瀬加の方へ入ってから市川に注いでいる。

The Okabe River has been poured into Ichikawa since entering Soka.

瀬加はまだ山の行き塞りでなく、笠形というのがいちばん奥である。

Sega is not yet a mountain block, but Kasagata is the deepest.

 その辺でもそこばかりが山里みたいにいっているが、多可の郡の方から入るとあちらでも同じような話をしているらしい。

In that area, it is like a mountain village, but if you enter from many counties, it seems that you are talking about the same thing.

「けたでけられて、まんがんじでまけて、おおちおとろし、とってかもかもだに」などということも、小さい時によく聞いたものである。

I heard that when I was little I was often told that I was ridiculed, ridiculously ridiculed, chilled, and so on.

芥田、満願寺、大内、鴨谷などという所があるので、そんな言葉が生れたのであろう。

There are places such as Iwata, Manganji, Ouchi, Kamoya, and so these words may have been born.

これは自分の所はそれほど辺鄙ではないという、一種の誇りから生れたのであろうか。

Was this born from a kind of pride that my place is not so remote?