文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(1220-1251)/5348

とにかく子供のころこういう話を幾つも聞かされたのを憶えている。

Anyway, I remember hearing many of these stories as a child.

 さて播州の北条という所は、昔は非常に重要な地点であった。

Now, the place of Hojo in Banshu was once a very important point.

丹波、丹後の方から出て来る要所で、おそらく生野鉱山の開発と密接な関係があったらしい。

It seems to have been closely related to the development of the Ikuno mine at the key points coming out from Tamba and Tango.

北条から西脇の方へよった野間谷へ出るのに、泉、明楽寺と北上する。

To go to Nomagaya from Hojo towards Nishiwaki, go north with Izumi and Meirakuji.

今は加西郡の大和村と一緒になって八千代村となっているが、それから昔の中村、今の多可郡|中町へかけて、多可郡でもいちばん繁華な、広い開けた土地だろうと思う。

It is now Yachiyo Village along with Yamato Village in Kasai County, but then Nakamura, now Takara-gun | To Nakamachi, it is probably the most extensive and open land in TaKa-gun think.

 多可郡(私は今もってタカノコオリとよばないと他所のような気がする)の的場という所に、有名な式内社がある。

There is a famous ceremonial company in the target area of Taka-gun (I still feel like a place other than Takanokoori).

中町より少し北の所だが、そこに私の父親が一年半ばかり神主をしていたことがある。

A little north of Nakamachi, where my father had been a priest for a year and a half.

多分古い伝説のある天目一箇命をまつった荒田神社ではないかと思う。

Perhaps it is Arata Shrine that is dedicated to Tenmoku's life with an old legend.

そこへ訪ねて行ったことがあるが、宿の主人に、「私の親は松岡といって、今から十何年前にここの神主をしていたことがある」といったら、いろいろ親切にしてくれたのは嬉しかった。

I have visited there, but the inn owner said, “My parent was Matsuoka and I had been a priest here ten years ago.” I was delighted to be there.

神隠し

Mysterious

『山の人生』という本を書いた時は、初めのうちは珍しい外部の事件を客観的に書いていたが、いつの間にか興味にかられて自分の、小さいころ経験した事柄まで書いてしまった。

When I wrote the book “Mountain Life”, I initially wrote an unusual external case objectively, but soon I became interested and wrote my own experiences when I was little. .

一つの本で二つの目的を追ったので、変なものになったが、私自身の経験した神隠しのことに説き及んだわけである。

It was strange because I pursued two objectives in one book, but I persuaded the mystery that I had experienced.

 七つ八つから十歳になるころまで、私は何度となく神隠しの話を耳にした。

From seven to eight to ten years old, I have heard many stories of mysteries.

辻川の鈴の森神社は、丘陵の傾斜面の一部が段々になった側にある。

Suzukawa's Suzumori Shrine is on the side of the sloped part of the hill.

その突端で村の者がいっしょになってお宮を拝むようになっているので、神隠しの話が生れるのに都合よく出来ていた。

The villagers came to worship the palace together at the tip, so it was convenient for the story of mystery.

夕方、子供が村のどこかで遊んでいると、白髪のお爺さんが出て来て、「我は鈴の森じゃ、家で心配しているから、はよう戻れよ」と親切にいわれたから帰って来たという話を、子供心に本当のことのように思っていた。

In the evening, when a child was playing somewhere in the village, a gray-haired grandmother came out and said, “I am worried at home, I ’m worried at home. I thought that it was true to the child's mind.

「ああ、それは明神さんに違いない」といったような話を、いくつもいくつも聞かされた揚句のことだから、小さい私としては無理もなかったのかと思う。

I think that it was not impossible for me as a small person, because it was a humorous phrase that was heard many times, such as “Oh, that must be Myojin-san”.

 私より三つ年下の弟が生れる春先の少し前であったから、私の四つの年のことであった。

It was my four years, just before the spring when my younger brother was born three years younger than me.

産前の母はいくらかヒステリックになっていたのかもしれないが、私にちっともかまってくれなかった。

My antenatal mother might have been somewhat hysterical, but it didn't hold me at all.

 ある時、私が昼寝からさめて、母に向って「神戸に叔母さんがあるか」と何度も何度も聞いたらしい。

At one point, I woke up from a nap and asked my mother, "Is there an aunt in Kobe?"

母が面倒臭いので「ああ、あるよ」と答えたところ、昼寝していた私が急に起き上って外に出て行った。

My mother was so lazy that she replied "Oh, yes," and I took a nap and suddenly got up and went outside.

神戸に叔母などいなかったのに、何と思ったか、私はそのままとぼとぼ歩き出して、小一里もある遠方へ行ってしまった。

Even though I didn't have an aunt in Kobe, I thought about what I thought and started to walk to a distant place where there was Koichiri.

 そこは西光寺野という、開墾場になっていて、隣家の非常に有能で勤勉な夫婦者が、ちょうどそこを開墾していた。

There was an open ground called Seiko-Terano, and a very talented and diligent couple next door was just opening it.

よく働く親爺が、「おお、これは隣の子だ」というので、私をすぐに抱き上げて帰ってくれた。

A good working relative said, “Oh, this is the next child,” so he picked me up and returned home.

帰る途中で逢った人々が、「これはどこの子だい。

The people who hit me on my way home said, “Where is this child?

さっき何だか一人で、てくてく歩いて行ったが……。

I just walked by myself somehow ...

一人でどこへ行くのか知らんと思ったまま声をかけなかったのだ」と、みなでいったことを今も覚えている。

“I didn't call out to know where to go alone,” he still remembers.

 それなども、もうちょっと先に行くか、または隣の親爺さんが畠をしていなければ、もうそれっきりになっていたに違いない。

It must have been a long time before that, or if the relatives next door were not jealous.

 もう一つ、十一歳の時に、母や弟たちといっしょに一里ぐらいはなれた山へ茸を採りに行った時のことである。

Also, when I was 11 years old, I went to a mountain that was about a mile away with my mother and brother.

山向うの裾の池の端にみなで休み、グミか何かを食べて、いざ帰ろうということになって、いっしょに歩き出したところ、どういうわけか、多分母親が道を間違えたのかと思うが、山を一つ越えて反対側へ引返したつもりだったのに、山は越えずに斜めに歩いただけで、また元の池の端に出てしまっていた。

I took a rest at the edge of the pond at the bottom of the mountain, ate a gummy or something, decided to go home, and walked together, somehow maybe the mother made a mistake I think I was going to cross over a mountain and turned back to the other side.

私がよほど変な顔をしていたと見えて、母が突然私の背中をがあんと叩きつけた。

It seemed that I had a very strange face, and my mother suddenly banged my back.

叩くなんてことは今までついぞなかったのに、その時は私の変な顔つきを見た拍子に背中をはっと叩いたのであろう。

I wouldn't have hit it until now, but at that time I would have struck my back against the beat that saw my strange face.