文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2000-2032)/5348

後年よく友達から、「おい柳田、もう四十になったぜ」なんてからかわれたものであった。

A friend of mine later teased me saying, "Oi Yanagita, I'm already forty."

湖処子の『帰省』

Lake okoko's "homecoming"

 私には若いころの詩集が一つある。

I have one collection of poetry from my youth.

六人の仲間のものを集めた新体の詩集で、『抒情詩』という名で出されている。

A new poetry collection of six companions, named “Lymph Poetry”.

才気のあった国木田独歩が、六人の詩を集め、国民新聞にいた関係から、民友社に話して出したものであった。

Talented Doppo Kunikida gathered six poems and talked to Minyusha because he was in the Kokumin Shimbun.

全部国木田まかせにしたものであるが、この詩集については、いろいろ記念すべきことがあるので、それについて二、三話しておきたいと思う。

It is all left to Kunikida, but there are many things to commemorate about this collection of poetry, so I would like to talk about it a couple of times.

 この六人の組合せは国木田の考えによったが、はじめに知っていたのは、田山と国木田と私が入っていることだけであった。

The combination of these six people was based on the idea of Kunikida, but the only thing I knew first was that Tayama, Kunikida and I were in.

他の三人のうちの一人は、田山の細君の兄さんの太田玉茗という坊さん、もう一人は嵯峨廼舎御室といって、後に二葉亭四迷などとロシア文学の研究をし、割におそくまで文筆活動をしていた矢崎鎮四郎である。

One of the other three is Tayama's elder brother, Mr. Ota Tamaki, and the other is called Stable Omuro. Later, he studied Russian literature with Futabatei Shizuka, etc. I am Shinshiro Yazaki who was active.

坪内さんが春廼舎朧といっていた時分に、ナニノヤナニという名前の人が四、五人出来た中の一人であった。

Tsubouchi was one of four or five people named Nanino Yanani at the time when he was called Shunshasha.

この人をどうして六人の中に入れたか、私には判らない。

I don't know why I put this person among the six.

 それからもう一人、この人が、故郷というものに関連して、私が一度は伝えておきたかったと思う宮崎湖処子であった。

Then one more thing, this person was Miyako Lake, who I wanted to tell once about my hometown.

年配も国木田より上で、われわれより十も上だったのではないかと思う。

I think the elderly were also above Kunikida and ten times above us.

国木田と同じように国民新聞の記者をしていた。

Like Kunikida, she was a reporter for Kokumin Shimbun.

私がはじめて国木田の渋谷の家を訪問したところ、そこに山路愛山君もいた。

When I first visited Shibuya's house in Kunikida, there was Mr. Aiyama Yamaji.

国木田の家から少し出た所、ちょうどいま渋谷の地下街になっているあたりが、昔の世田谷にゆく道路で、その脇のごく普通の宿屋の二階を湖処子が借りておった。

A little out of Kunieda's house, right now in Shibuya's underground street, was a road leading to the old Setagaya, and the second floor of an ordinary inn beside it was rented by Lakeoko.

非常にいい人で、後には私のやっていた紅葉会という歌の会にも入って、松浦先生の門人になったりした。

I was a very nice person and later I joined the song party called “Koyokai” where I became a teacher of Matsuura-sensei.

もっとも先生の方ではあまり歌をほめず、細君むつ子さんの歌の方がうまいなんていっておられた。

However, the teachers didn't praise the song so much, but Mutsuko Hosimi was singing better.

湖処子の小説として有名な『帰省』の中に出て来る理想の婦人というのが、この細君である。

This fine lady is the ideal lady who appears in “Return Home”, which is famous as a novel of Lakeoko.

私は湖処子には一、二遍会ったきりで、松浦先生へもあまり来ないし、後には居所も判らなくなり、亡くなった時には通知もうけなかった。

I just met Hokoko once and for all, and I didn't come to Professor Matsuura so much, later I couldn't tell where I was, and I wasn't notified when I died.

弟が一人あって牧師になったが、この人も長生きしなかったように聞いている。

I heard that he had a younger brother and became a pastor, but he didn't live long.

『帰省』という本は、理想の細君をもらうというだけのことを書いたものであるが、この中に出て来る「故郷」という概念は、あの時分の若いものの考えの、代表的に表わされたものであった。

The book “Returning Home” was written only to get an ideal thin person, but the concept of “hometown” that appears in this book is a representative representation of the idea of the young at that time. It was what was passed.

湖処子の郷里は九州の筑後川のほとりの、秋月領に入った所である。

Koukoko's hometown is where Akizuki entered the shores of the Chikugo River in Kyushu.

ごく静かな通り路で、湖処山という有名な黄楊のたくさんある山があり、この山の下の村である。

It is a very quiet street with a lot of famous twilight mountains called Lake Tokoro.

『帰省』は小説ともつかず、感想文ともつかない、新旧の中間になる文学であるが、大変大勢の人に愛読され、われわれもその熱心な読者であった。

“Homecoming” is not a novel, it is a literature between old and new that does not connect with impressions, but it has been loved by a large number of people, and we are enthusiastic readers.

この中にいう「故郷」が、今私が「故郷七十年」の中でいっている「故郷」という概念に似ているような気がするのである。

I feel that the “hometown” mentioned here is similar to the concept of “hometown” that I am talking about in my “hometown 70 years”.

せんじつめると、どこが故郷のいいところか、故郷とはどこまでいいものか判らないけれども、帰ってみれば村の人はみな知っていて、お互の気持が口に出さなくとも通じるとか、中には子供で別れたのがもう大人になり、細君になっているといったセンチメンタリズムもあるが、宮崎君はそれを忠実に書いたのである。

I can't figure out where my hometown is, or how good it is, but when I come home, everyone in the village knows and I can communicate with each other even if I don't speak out, There is also sentimentalism, such as the fact that the child broke up is now an adult and is a finer one, but Miyazaki wrote it faithfully.

 帰省という思想は、あの時代のごくありふれた、若い者の誰もがもっている感覚で、もっていないものはないといってよいくらいであった。

The idea of homecoming was the feeling that every young person of that era had, and that there was nothing there.

そのころの読者はみな学生で、しかも遠く遊学している者が多いので、みなこの『帰省』を読んで共感したのである。

The readers at that time were all students, and many of them were studying far away, so they all sympathized with this “homecoming”.

歌口

Singer

 民友社から出した我々六人の新体詩集『抒情詩』については、いろいろの思い出がある。

There are many memories about our six new poetry collection, “Luo Poetry” from Minyusha.

 そのころちょうどフランス留学から帰った和田英作君という無名画家を、国木田が紹介して、六人の詩人のために一枚ずつ※絵を書いてもらった。

At that time, Kunikida introduced an unknown painter named Eisaku Wada who returned from studying in France and asked him to write pictures one by one for the six poets.

墨一色の絵で、原画は今も布佐の松岡の家に残っている。

The original painting is still in the house of Matsuoka, Fusa.

昨年亡くなった和田君に見せたら、なつかしく思い出してくれたであろうが、あの時はそれらの絵を無料で描いた上、六人の作者に一枚ずつくれたのであった。

When I showed Mr. Wada, who passed away last year, he remembered me nostalgicly, but at that time I drew those pictures for free and gave them one to each of the six authors.