文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2101-2134)/5348

このときは土井君の側は大いにほめてくれたが、上田君の派はあまり感心してくれなかった。

At this time, Mr. Doi was greatly praised, but Ueda's school was not so impressed.

たしか私の高等学校卒業の年で、上田・土井の両君は大学の三年のときであった。

It was my high school year and Ueda and Doi were in their third year at university.

 一方では、西洋文学の翻訳などを聞くときは上田君のところへ行ったりして、要するに私は中間だったらしい。

On the other hand, when listening to translations of Western literature, I went to Ueda, so in short I seemed to be in the middle.

土井君のは詩吟に近いので、当時の高等学校の学生などには、大変人望があったものである。

Doi's is close to poetry, so high school students at that time were very popular.

頓阿の『草庵集』

Tona's “Kusana Collection”

 日本の文学は不幸な歴史をもっていて、事実応用するような場合のない人にまで、「嗜み」として和歌を作らせ、お茶、花、琴などと一列にして、歌も少しは教えてありますなどといって、お嫁にやる時の条件にしたりした。

Japanese literature has an unfortunate history, and even people who have never applied it in fact can make Waka as a “taste”, lined with tea, flowers, koto, etc. However, I made it a condition for my bride.

そのため、本当はどこの恋だったのかと談判されると、閉口するような「待つ恋」だの、「待ちて会わざる恋」だのを、平気で若い娘さんも書いたのである。

For this reason, when it was controversial about what love it was, the young daughter wrote a confident “love to wait” or “love to wait to meet”.

これが日本の文学の一つの大きな歴史であったことに注意しなければならない。

It should be noted that this was a major history of Japanese literature.

 こういうフィクションの歌をいちばんたくさん詠んでいるのが坊さんであるというのも、興味あることである。

It is also interesting that Mr. Bo is the most fond of these fiction songs.

室町時代にも頓阿とか兼好などという歌僧がいて、秀歌を残している。

Even in the Muromachi period, there was a priest named Tona or Kaneyoshi, who left Hideka.

頓阿は門人を集め『草庵集』というのを出しているが、その中にももちろん恋の歌がずっと出ている。

Tona gathers the gaters and puts out the “Kusana Collection”, but of course there are songs of love all the time.

面白くないことにかけては、これくらい面白くない歌集はないが、半折の本で誰でももっていた。

There wasn't such an interesting collection of things that weren't interesting, but everyone had a half-fold book.

 大体、足利時代から江戸時代の初期にかけての和歌はみな、こういうような安らかなものであった。

In general, all Waka songs from the Ashikaga period to the early Edo period were such a peaceful one.

今ではあのころの歌を悪くいうが、当時は歌を作る人数がずっと少なく、詠む者には珍重せられていたので、あれでも何か一節あるように思われた。

Now that the song of that time is bad, but at that time the number of people who made the song was so small that it was prized by the envy, so it seemed that there was still a passage.

「ああも詠める」という手本にはなったのである。

It became an example of “giving up”.

これが「類題集」というものが出来たもとであった。

This was the origin of what was called “Theme Collection”.

題をたくさん集め、作例を下へ並べたのが類題集で、これは大変な仕事であった。

A collection of themes, with a lot of titles and examples below, was a difficult task.

手紙を書いても歌がなくては求婚にならないとか、そのまた返歌を書くなど、どうしても男女ともに歌を詠まねばならぬ時代であったから、誰でも「恨む恋」とか「待つ恋」の練習をするため、類題集が必要であった。

It was an era when both men and women had to sing a song, such as writing a letter, and if there was no song, it would be a courtship, or writing a return song. In order to do so, a collection of themes was necessary.

『草庵集』はこの類題集のいちばん早いもので、前に記した秋元安民の『青藍集』まできているのである。

The Kusanagi Collection is the earliest in this class collection, and it is the Aimoto Yasumi's “Blue Blue Collection” mentioned earlier.

 この類題集を見ると、恋愛の変化や、恋歌の目的の変化がよく分る。

If you look at this collection of themes, you can see the changes in love and the purpose of love songs.

松浦先生は非常に堅くるしい方であったから、わざと恋歌などは出さなかったが、それでも酒の出た時などの当座の題に、何々の恋というような題を出した。

Matsuura-sensei was so hard that he didn't make a love song on purpose, but he still gave a title like “What Love” to the current subject, such as when alcohol was served.

人によってはそれに力をいれて、いくらか興奮させる点を利用して、深窓の娘さんにまで作らせる例もあったのである。

There were also examples where some people put their power into it and made it even deep-daughter daughters to make use of some excitement.

 新しい人たちが、古風な歌を月並だといって馬鹿にするのも、つまりは歌の必要が一地方にいた一人、二人の職業歌人とか詩人とか以外の、素人にもあり、一通り嗜みとして題詠を練習したことからきているのである。

There are also new people who make old-fashioned songs ridiculous by saying that they are normal, that is, one person who needed to sing in one region, two professional singers or poets, and amateurs. It comes from practicing the subject as a general taste.

石坂素道さんのこと

About Michi Ishizaka

 近世の国学を興した契沖は、歌の方にも秀れており、歌集があるが、恋歌は避けたらしく、彼の歌集には恋歌が見当らない。

Koki, who developed the national studies of modern times, is also excellent for singing and there is a songbook, but love songs are avoided, and love songs are not found in his songbook.

恋歌などを作って普通の文人の仲間入りをするのは、不本意だったのかもしれないが、他の坊さんは品行方正の人でも、必ずその歌集に恋歌の部が入っていた。

It may have been unwilling to make love songs and join ordinary writers, but even if the other boy was a miserable person, there was always a love song part in the collection.

 しかし時には契沖のような人もあったらしく、私の父の友人の石坂素道さんという歌詠みの坊さんもそうであった。

However, sometimes there seemed to be a person like Kioki, as was my father's friend Motomi Ishizaka, a singing boy.

私が十ぐらいの時にもう七十歳ぐらいであった。

I was about seventy years old when I was ten.

何か訳があって寺を離れて旅に出、辻川からも北条からも二里ばかり離れた南の方の、別名という足利時代の開墾地の村の野原の中に、小さな庵室を作って一人暮しをしていた。

For some reason, I left the temple and went on a trip. I made a small tatami room in the field of the village in the Kaikai era, known as the Ashikaga era. I was living alone.

国学に詳しく、字が上手で、契沖に私淑している人であった。

He was well-versed in national studies, good at writing, and privately off the coast.

他に友達という人もないらしく、月に一ぺんは私の家に話しに来た。

There seemed to be no other friends, so I came to my house once a month.

 母もよく知っていたので、私に話したことがある。

Talked to me because my mother knew well.

「素道さんは女嫌いなんで、杖をあげようと思って差出すと、ぱあっと引ったくってしまう」そしてありがとうともいわなかったらしい。

“Mr. Michido does n’t like women, and if you give her a cane, you ’ll hang it.”

「仕方がないので私の家ではなるだけとりやすいところに置いておく」と、母は笑いながらいっていた。

“I can't help but leave it in my house as easily as possible,” my mother laughed.