文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2135-2166)/5348

 その素道さんが晩年になり、大分弱って、やっと私らの頭を撫でてくれるくらいになったが、とうとう一人では暮せなくなって、世話役のおばあさんを呼んだ。

In the later years, the young man was weak enough to finally stroke our head, but at last he couldn't live alone and called the grandmother who took care of him.

「素道さんも変ったもんだ」という話なので、子供心にも一ぺん行って見たいものと思っていたが、とうとう行かなかった。

Because the story was “She was also changed,” I thought I wanted to go to the child's heart and see it, but I didn't go.

四畳半一間に住んでいては、やはりまあ夫婦生活のようなものだから、人々の興味をよんだわけである。

Living in a room with four tatami mats is like a couple's life.

 素道さんについて、私にはただ一つ忘れられないことがある。

There is only one thing I can't forget about Mr. Sodo.

晩年の素道さんが「國男さんに上げてくれ」といって父に手渡した記念品がある。

There is a souvenir that Mr. Sodo of late years handed to his father saying "Give me to Kunio".

それは梅の種子の中をくりぬいて、その中に台付の天神様の入っている、小さな小刀細工であった。

It was a small swordsmith, hollowed out in the seeds of plum, and a Tenjin with a stand in it.

白い紙で包んで、その外紙に小さな天神様の由来が書いてあり、それに署名をして、私にくれると書いてあった。

Wrapped in white paper, on the outer paper, the origin of the little Tenjin was written, and it was signed and written to me.

 ところが、私はそのころいたずら盛りで、この包紙や由来書の紙に落書をしたばかりか、いたずら書の悪い絵をいくつも書いてしまった。

However, I was mischievous at that time, and I just wrote a number of bad pictures of mischievous books, as well as writing on the wrappers and papers of origin.

父がそれをみつけて非常に怒って、私の一生を通じて後にも先にも、父からあんなに叱られたことは他になかったほど叱られてしまった。

My father found it very angry and I was beaten by my life as much as I had never been beaten by my father.

子供にはなぜかよく分らず、「そんなにいけないことだったのかしらん」と後で、思ったりしたほどである。

The children didn't understand for some reason, and later I thought, "I wonder if it wasn't so much".

 素道さんは大変上品な、都会人のようなお坊さんだったが、晩年は寂しくなって、よその子供に秘蔵の品をやったりするようになったのであろう。

Mr. Sodo was a very elegant city-like monk, but he became lonely in his later years and began to use his children's treasured items.

仏教とはだんだん疎遠になって、歌の方へ深入りした、わびしい歌学者の経歴として、今も私の心に残っている。

I am still left in my heart as a background of a singing scholar who became more estranged from Buddhism and went deeper into the song.

 その庵室も、また素道さんを知っている人もいなくなったであろうが、一ぺんはその別名という所へ行って見たいと思いながら、そのままになっている。

The room and the person who knows Mr. Domou would have disappeared, but the place was left as it was because he wanted to go to the alias.

芭蕉の門人にも同じ素道という名の人があったから混同されやすいが、石坂素道さんの短冊をもっている人も播州にはあるかと思う。

Some of the Samurai masters are also confused because they have the same name, but I think there are people in Banshu who have a strip of Mr. Ishizaka.

国木田独歩の想い出

Memories of Doppo Kunikida

 今度の戦争の済んだころのことである。

This is the time when the war was over.

ある日、国木田収二の息子さんという人が訪ねて来た。

One day, a son named Shuji Kunikida visited.

東京で、どこかの新聞か雑誌の編集をしているとかいう話であった。

It was a story about editing some newspaper or magazine in Tokyo.

私も久しぶりに国木田兄弟のことを想い出したが、私は二人の両親も知っていた。

I also remembered Brother Kukida after a long time, but I knew my two parents.

父の専八は播州竜野の出身で、藩のお船方か何かをしていた時、千葉の銚子方面へ航海して難破し、土地の婦人と結婚してそこに落着いたのであった。

His father, Senpachi, was from Banshu Tatsuno, and when he was doing a boat or something, he sailed in the direction of Choshi in Chiba and was wrecked, married a local lady and settled there. .

そこで亀吉(即ち独歩で、後に哲夫と改名した)と収二と設けたものらしい。

So Kameyoshi (that is, Doppo, later renamed Tetsuo) and Shuji seem to have set up.

その生れについてはいろいろ伝説めいた噂が伝わっているが、私は独歩とつき合うようになってからも、そんなことをきいたこともなければ、先方から説明したこともなかった。

There are many legendary rumors about its birth, but I have never heard of it or explained it from the other side even after I started working with it.

作品の『運命論者』の材料になるようなことがあったとか、なかったとか、詮索する向きもあるが、私には興味はない。

There is a direction to scrutinize whether or not there was something that would become the material of the “Destiny” of the work, but I am not interested.

ともかく二人の兄弟は大変よく似ていて、身体は収二の方が大きかったようである。

Anyway, the two brothers were very similar, and the body seemed to be larger.

 今でもよく憶えている、本郷の大学前にあった喜多床という床屋の前を私が歩いていると、後から田山花袋がやって来て、「おい」といって私の肩を叩いてから、「君に会いたがっている奴があるからいっしょに行かないか」という。

As I walked in front of a barber called Kita-bed that was in front of the university in Hongo, I still remember it. "Why don't you go with someone who wants to see you?"

「誰だい」ときくと、「国木田って男だ」「それは面白いねえ」といって、いっしょに会ったのが、たしか明治二十九年の秋だった。

It was in the fall of Meiji 2009 that we met together saying, “Who is it?” And “I'm a man of Kunikida” and “It's funny.”

田山とは松浦辰男先生の歌塾の同門であったから、早くから知っていたが、それに比べれば、国木田との交遊はずいぶん後のことであった。

Tayama was a member of the song school of Masao Matsuura.

 青山にいたころ、独歩の両親はひどく年をとっていて、ただ息子の世話にばかりなっていた。

When I was in Aoyama, my parents who were walking alone were terribly old and were just taking care of my son.

十月以後に生れた子供をその年の干支のマル児というが、そのうちでも巳年生れのマル児は特に仕合せがいいとか、哲夫の子の虎雄はそのマル児だからめでたいなどということをよくいっていた。

A child born after October is called a child of the year's zodiac, but it is often said that a male child who is a child of the year is particularly well-matched, or that Tetsuo's child, Torao, is a child of that year. It was.

竜野の話もきいてみたが、あまりはっきりしたことはいわなかった。

I tried to talk about Tatsuno, but I didn't say it was very clear.

そのころが国木田の家として、いちばん穏やかな時代で、間もなく両親とも亡くなった。

Around that time, Kunikida's house was the most peaceful time, and his parents died soon.

 一身上の事件をひき起したりしたが、「民声新報」というのを編集していたころの独歩は、大分融通が効いて、良い着物を着て、郷里の者などが訪ねて来ても、長い間待たしておいて、私どもとしゃべったりするほど勢が盛んであった。

Although he had caused a personal case, his self-employment when he edited "Popular News" was very versatile, he was wearing a good kimono, and his hometown visited. But I waited for a long time and was so active that I could talk with us.