文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2205-2243)/5348

今の甲州の諸君などが、鬼の首でもとったようにいっている奈良田などにも、すでに入っていて、この寒村の生活が記録されている。

The current life of Kanmura is recorded in Narada, where the people of Koshu are now taking as if they were taken at the head of the demon.

また出版はされていないが、『共古日録』というものがある。

Although not published, there is a “Kyodo diary”.

この中には友人たちとの手紙が、みな半紙の大きさに書いてもらって綴じ合わせてある。

In this, all the letters with friends are written on a half-size paper and bound together.

 大磯を海水浴場にした林洞海さんの孫に当る林若樹という人も収集家で、自宅の土蔵にたくさんの珍本を集め、同好の士を集めてよく会も開いた。

Wakaki Hayashi, who is the grandson of Mr. Hayashi-dong, who used Daegu as the beach, was a collector, gathered many rare books in the storehouse of his home, and gathered like-minded people and held many meetings.

会の連中の中には、日本橋の堀野文禄堂という、珍しい本ばかり出す本屋の主人らも来ていた。

Some of the members of the party were the owners of a bookstore that produced only a rare book, Horino Bunendo in Nihonbashi.

こういう人たちの収集欲は少し凝りすぎていて、ちょっとゆきすぎくらいであった。

These people's desire to collect was a little too elaborate and was a bit too much.

私はそういう人たちに比べて田舎者だったので、いっしょになって「左様でゲス」なんていって歩くことはできなかった。

I was a rural person compared to those people, so I couldn't walk together to say “Guess on the left”.

 そのころの日記をみると、じつにいろいろな会を私の家でやっている。

When I looked at the diary at that time, I was holding various meetings at my house.

 家の養親たちは、私を落着かせるために、こんな会合に座敷を提供したばかりでなく、菓子を出したり、食事を出したりして、皆をもてなしてくれたわけである。

In order to calm me, the adoptive parents in my house not only provided a tatami room for such a meeting, but also served everyone by serving sweets and serving meals.

 文学者の集まりは、そのころ英国大使館につとめていたコックと家政婦が結婚して、同大使館の裏通りに快楽亭という料理屋をはじめたのを、誰かが見つけて来て、そこで会を開こうということになり、拙宅の会をそのままもっていった。

The literary gathering was that a cook and a housekeeper who had worked at the British Embassy at that time married and found a restaurant called Kairakutei on the back street of the embassy. I decided to open it, and I had the same house.

そこの亭主はツンボだったが、大変純な男で、後に麻布の龍土町に引越したので、会もそちらで開くようになり、店の名龍土軒をとって龍土会と名づけられたものであった。

The host was a tunbo, but he was a very pure man who later moved to Ryuto-cho in Azabu, so the meeting began to be held there, and the name Ryudokai was named after the store. It was.

 まだ武林無想庵が青年のころで、いちばん主になって世話をしていた。

Still, Takebayashi Muso was a young man, and he was the main person who was taking care of him.

薄田泣菫、国木田独歩なども来た。

Hitada crying, Dokoku Kunikida, etc. came.

小山内薫などはまだ学生で、飛白の羽織などを着ているので、われわれは子供扱いにしていた。

Koyamauchi, etc. are still students, and we have been treated as children because they are wearing winged white haori.

そのころすでに小説の種になるようなことをしていたのに、われわれは知らずにいたわけであった。

At that time, we were already in the process of becoming a novel, but we didn't know.

 こんなことがあった。

There was such a thing.

ある男が、小山内に喧嘩をしかけたことがある。

A man has quarreled with Oyama.

私は大変怒って、「これは僕らの作っている会なのだから、この会に来て、そんなことをされては困る。

I was very angry, "Because this is a party we are making, it is awkward to come to this party and do that.

やりたければ別の所でやってくれ。

If you want to do it, do it elsewhere.

そうすれば僕らも干渉はしないから」といったことを覚えている。

I remember that we wouldn't interfere.

そのころからだんだんと形が変って、古い人が少なくなって、小山内あたりが中心になってきた。

From that time on, the shape gradually changed, the number of old people decreased, and the area around Oyamachi became the center.

あのころの龍土会のことを知っているのは、いまでは正宗白鳥さんぐらいであろうか。

Is it right now about Mr. Shiratori Masamune who knew about Ryudokai at that time?

鴎外に知らる

Know outside

 医者で、文学に親しむというところから、井上の兄は森鴎外さんとつき合って『しがらみ草紙』『めざまし草』以来いろいろと協力していた。

医 者 Because he is a doctor and is familiar with literature, Inoue's older brother has been working with Ms. Mori Ogai and has been cooperating in various ways since “Shigaramisou” and “Mezamashiso”.

私が十代の子供のころ、秋元安民伝を『めざまし草』に寄稿したのも、兄との関係からであった。

When I was a teenager, I contributed Akimoto Anminden to “Mezamushi Grass” because of my relationship with my brother.

従兄弟の中川恭次郎なども、多少ドイツ語ができるくらいであるから、森さんのものを愛読していた。

His cousin, Junjiro Nakagawa, and others were able to speak a little German, so they loved Mori.

兄のところの書生たちも森さんのものを崇拝して読んでいた。

My brother's book students worshiped and read Mori-san's.

近所には芋繁などという風変りな文学好きがいたし、井上医院の玄関の空気はじつに面白いものであった。

The neighborhood loved weird literature such as Hanyu, and the air at the entrance of Inoue Clinic was actually interesting.

私なども自然に感化をうけ、鴎外の『水沫集』など、文章のいいところを暗記していたほどであった。

I was naturally inspired and memorized the good points of the text, such as the “Water Splash Collection” outside Ogai.

「於母影」が国民之友に出たのが明治二十二年だったかと思う。

I think it was in the 12th year of the Meiji Era that "Omokage" appeared to Kunitomo no Tomo.

S・S・Sすなわち新聲社という名前で掲載された。

It was published under the name S · S · S, or Shinsousha.

そのときのお礼が三十円で、それを元にして『しがらみ草紙』が出来たのだという話である。

It is a story that the thanks at that time was 30 yen, and based on that, "Shigaramushigami" was made.

井上医院の玄関が文学談でにぎわったのは、この『しがらみ草紙』のころであった。

The entrance of Inoue Clinic was filled with literary talks at the time of this “Shigaramisushi”.

 子供だった私は、森さんのお宅に伺うとお菓子が食べられるので、よくお訪ねしたが、『萬年草』の時代には行かなくなっていた。

As a child, I went to Mr. Mori's house to eat sweets, so I often visited, but I couldn't go there in the era of “Tsumago”.

高等学校のときでも、訪ねて行くと案外快く会ってもらえたことを憶えている。

I remember that even when I was in high school, I was able to meet unexpectedly when I visited.

それにあまり説諭とか、訓戒をしてくれる人がいなかったので、よく伺った。

I didn't have many people who gave me any preaching or admonition.

すると「いまは何を読んでいる、どんなものが面白い」などという風なことを聞いて、可愛がって下さった。

Then, when I heard something like “What I am reading now, what is interesting”, she loved me.

弟さんの三木篤次郎君や、潤三郎君などのまだ小さいときであった。

It was a small time, such as my brothers Atsujiro Miki and Junzaburo.

 森さんという人は、私どもには大きな影響を与えた人であった。

Mr. Mori was a person who had a big influence on us.