文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2283-2322)/5348

いま大阪の毎日放送にいるのはこの人である。

This is the person who is now on Osaka's daily broadcast.

 樫村家は娘たちはみなきれいでしっかりしていた。

樫 The villagers were all clean and firm.

男の子は三人で、随分大切に育てられていたようである。

Three boys seem to have been raised very carefully.

数年前、正岡忠三郎君が来たので聞いてみると、祖母さんの樫村刀自は戦争中亡くなられたということであった。

A few years ago, Mr. Chuzaburo Masaoka came and asked him that his grandmother, Tomura himself, died during the war.

 どういうわけだか、樫村の一族は非常に繁昌したものであった。

For some reason, the Kashimura family was very prosperous.

石井夫妻は四人の子供のうち、二人を亡くし、ことに最後は今度の戦争で明治神宮表参道で一緒に戦災死したのだから、じつに悲惨であったというの他はない。

Mr. and Mrs. Ishii lost two of their four children, and in the end, they were killed together at the Meiji Jingu Omotesando in this war.

 加藤恒忠は司法省法学校の出身だったが、日本新聞の系統で、三十五、六のころ、郷里の愛媛県から一文も使わずに代議士に選ばれた。

Katsunada Kato was born at the Ministry of Justice Law School, but was chosen by the Nihon Shimbun as a representative from the Ehime Prefecture in 35th and 6th days without using a single sentence.

帰りがけに見送りに来た村長や何かの中心人物を呼んで、「何何君、僕はとくに松山のために働くことはないからね」といって帰京したときいている。

When I came back to Tokyo, I called the head of the village and some other central person who came to see me off on the way home, saying, "What are you, I don't work for Matsuyama".

 今でもこんな代議士が一人や二人あってもいいはずだと思う。

I still think there should be one or two such representatives.

一生金も作らず、りっぱな文化人であった。

He did not make any lifetime money and was a fine cultural person.

尾崎紅葉に会う

Meet Ozaki autumn leaves

 日光の神橋を渡って直ぐ左へ入った所に、照尊院という寺があった。

There was a temple called Choson-in on the left just after crossing the bridge in Nikko.

高台の上にあって大谷川の音がきこえてくるといういい所である。

It is a nice place where you can hear the sound of the Otani River on the hill.

後に川筋が変り、崖崩れがあったために寺はなくなり、神橋だけが残ったわけだが、以前は上州館林の旧藩主、秋元子爵家の菩提所になっていた。

Later, the river changed and the cliff collapsed, so the temple disappeared, leaving only the Kamibashi, but it used to be the former lord of the Joshu Tatebayashi and the tribunal of the Akimoto Viscount family.

文士の歴史を書く時によく出てくるお寺である。

It is a temple that often appears when writing the history of a literary writer.

 昔、秋元家が日光の役人をしていた時分に、亡くなった人が一人あって、照尊院という号があったと見え、日光に葬ってから、そこが菩提所になったのであった。

A long time ago, when the Akimoto family was an official of Nikko, there was one person who died, and it seemed that there was a shrine called Shoson-in. After being buried in Nikko, it became a bodoku.

田山花袋はその秋元家の旧臣の家に生れたから、その手づるでよくこのお寺へ行って仕事をしていた。

Since Tayama Hanabuchi was born in the house of the old vassal of the Akimoto family, he often went to this temple to work.

一度私を連れて行ってやろうというので、中川恭次郎だの二、三人といっしょについて行ったことがある。

I've been there with two or three of Nakagawa Kinjiro because I'm going to take me once.

 日光羊羹がそのころ一本五銭だったのが、表通りの店では急に五銭五厘に値上げをした。

At that time, Nikko Yokan was only one and five sen, but suddenly the price increased to five sen and five in the street.

一人が元宿の方の廉い店までわざわざ買いに行った。

One person went to the cheap shop in Motojuku.

それを他の者がお茶を入れて待っているという具合で、かなり貧乏しながら、その寺の厄介になっていた。

It was a poverty for the temple, with other people waiting for it with tea.

私らより若い小僧で、気の利いた人がいた。

There was a nifty younger boy than us.

後に出世して、日光の執事になった菅原英俊という人である。

He is a man named Hidetoshi Sugawara who later became a butler of Nikko.

ずっと後になって、家内や矢田部の甥などを連れて、一夏いたことがあったが、その時はもうこの人の代になり、厄介をかけたことがあった。

A long time later, I had been with my wife and Yadabe's nephew for a whole summer, but at that time, I had already become a substitute for this person and had trouble.

 田山花袋といっしょに照尊院にいた時ある日、田山が、「今日は尾崎さんが来るから迎えに行かなくちゃ」というので、私もどんな人か、まだ尾崎紅葉を知らないので、神橋の傍まで随いて行った。

One day when I was at Shoson-in with Tayama Hanabaku, Tayama said, “Ozaki-san must come to pick me up today,” so I do n’t know what kind of person, Ozaki autumn leaves. I went to the side.

向うから派手な浴衣に、チリメンの兵児帯をだらりと締め、何にももたずに来る二人連れがある。

On the other hand, there are two people who come to a flashy yukata and come to the Tyramen soldier band.

それが石橋思案と紅葉の二人だった。

That was the thought of Ishibashi and autumn leaves.

何を履いていたか、履物は憶えないが、いかにもどこか良い衆だなと思われるような暢気な恰好であった。

I couldn't remember what I was wearing, but it was a timid appearance that seemed like a good crowd.

 私もちょっと挨拶はしたことをおぼえているが、どちらかというと、そんな時には反撥をする癖があるので、話はしなかった。

I also remembered a little greeting, but I didn't talk because there was a habit of rebellion.

 紅葉と思案とは、日光ホテルに泊るというので、田山が案内して行った。

”The autumn leaves and thoughts are staying at the Nikko Hotel, so Tayama guided us.

ホテルは私らの泊った寺のもう少し奥の方であった。

The hotel was a little deeper behind our temple.

私どもの方はそろそろ懐中が乏しくなってきたので、「もう帰る」といい出したら、田山が「そんなに早く帰られちゃ困る」という。

Our people are getting scarce soon, so if we say “I'm going home”, Tayama says, “I do n’t want to go home so quickly”.

きかずにいると、「それでは国木田を呼ぶ」というわけで、私や中川その他の者が帰った後へ、国木田が行って、二、三カ月も滞在したのであった。

When I didn't know, “I'll call Kunikida”, so after I, Nakagawa, and others came home, Kunikida went and stayed for two or three months.

このころから、いよいよ小説家になってきたが、それまでの彼は、詩人みたいなことをやっていた。

From this time, he became a novelist, but until then he was doing something like a poet.

 彼らの文学を論ずる者が日光時代などとよくいうが、私からみればむしろ日光時代は空白の時代だったように思う。

”Those who discuss their literature are often referred to as the Nikko era, but from my point of view, the Nikko era seems to have been a blank era.

私が大学の一年の時だったかと思うから、この日光行は明治三十一年のことであろう。

I think this was Nikko's first year of university, so this Nikko was probably the 31st year of Meiji.

泉鏡花

Izumi Kyoka

 星野家の天知、夕影の両君と、妹のおゆうさんとの住居は日本橋にあった。

The residence of the Hoshino clan's Achi and Yukage and his sister Yuu was in Nihonbashi.

中庭のある変った旧家で、すぐそばに平田禿木も住んでいた。

In a strange old house with a courtyard, Yuki Hirata also lived nearby.

おゆうさんはどちらかというと、兄の友人などからちやほやされることに、意識的な誇りを覚えるというような型の婦人だったように思う。

It seems that Oyu-san was a woman who was consciously proud of being pampered by her brother's friends.