文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2323-2357)/5348

後に吉田賢竜君の所へ嫁いだ。

Later I got married to Kenryu Yoshida.

 吉田君は泉鏡花と同じ金沢の出身だったので、二人はずいぶんと懇意にしていた。

Mr. Yoshida was from Kanazawa, the same as Izumi Kyoka.

よくねれた温厚な人物で、鏡花の小説の中に頻々と現われてくる人である。

He is a good-natured and generous person who appears frequently in Kyoka's novels.

私が泉君と知り合いになるきっかけは、この吉田君の大学寄宿舎の部屋での出来事からであった。

The reason I became acquainted with Izumi was from an event in Yoshida's university dormitory room.

 大学の一番運動場に近い、日当りのいい小さな四人室で、いつの年でも卒業に近い上級生が入ることになっていた部屋があった。

小 さ な There was a small quadruple room with good sunlight near the university's most athletic field, and there was a room where senior students who were close to graduation would enter anytime.

空地に近く、外からでも部屋に誰がいるかがよく判るような部屋である。

It is a room that is close to the vacant space and that makes it easy to see who is in the room even from the outside.

その時分私は白い縞の袴をはいていたが、これは当時の学生の伊達であった。

At that time, I wore a white striped kite, which was Date of the student at that time.

ある日こんな恰好で、この部屋の外を通りながら声をかけると、多分畔柳芥舟君だったと思うが、「おい上らないか」と呼んだので、窓に手をかけ一気に飛び越えて部屋に入った。

One day like this, when I talked to the outside of this room, I thought it was Mr. Yanagi Hagifune, but I said, “Why do n’t you go up?” I jumped into the room with a hand over the window. Has entered.

偶然その時泉君が室内に居合せて、私の器械体操が下手だということを知らないで、飛び込んでゆく姿をみて、非常に爽快に感じたらしい。

Coincidentally, when Izumi was in the room, I didn't know that I wasn't good at mechanical exercises.

そしていかにも器械体操の名人ででもあるかのように思い込んでしまった。

And I was convinced that he was a master of gymnastics.

泉君の『湯島詣』という小説のはじめの方に、身軽そうに窓からとび上る学生のことが書いてあるが、あれは私のことである。

At the beginning of Izumi's novel “Yushima Kaoru”, there is a student who jumps out of the window in a light-hearted manner.

泉君がそれからこの方、「あんないい気持になった時はなかったね」などといってくれたので、こちらもつい嬉しくなって、暇さえあれば小石川の家に訪ねて行ったりした。

Izumi-kun then told me this person, “I never felt so good,” and so I was very happy, and if I had time, I visited the house in Koishikawa.

それ以来、学校を出てから後も、ずっと交際して来たのである。

Ever since I left school, I've always been associated.

 鏡花は小石川に住む以前、牛込横寺町の尾崎紅葉の玄関番をしばらくしていた。

Kyoka spent a while at the door of the Ozaki autumn leaves in Ushigome-yokoji-cho before living in Koishikawa.

しかし誰でも本を出すようになると、お弟子でも師匠から独立するのが一般のしきたりになっていたようだ。

However, when anyone started to publish a book, it seemed that it was a common practice for disciples to become independent from the teacher.

ことに泉君は何となく他の諸君に対する競争心があって、人からあまりよく思われないような所があった。

In particular, Izumi was somehow competitive with other people, and there were places that people didn't think so well.

 酒を飲むにしてもまるで古風な飲み方をするし、あとの連中はまあ無茶な遊び方が多かった。

に し て も Even if you drink alcohol, it has an old-fashioned way of drinking, and the rest of them had a lot of fun.

そのいちばんの巨魁は小栗風葉で、この連中は「ああ、偽善者奴が」と泉の悪口をいうものだから、しまいには仲間割れがしてしまった。

The biggest giant was Oguri Kazeha, and these guys say "Oh, the hypocrites" and the fountain of the fountain.

 同じ金沢出身の徳田秋声君などともあまりよくなく、徳田君の方で無理してつき合っているような様子がうかがえた。

Tokuda-kun, who is from Kanazawa, was not very good, and it seemed that Tokuda-kun was working with him.

徳田君は外国語の知識も若干あったが、泉君の方は、それは昔風で、ただ頭がいいから、他人が訳した外国のものなども、こっそり読んでいたようである。

Mr. Tokuda had some knowledge of foreign languages, but Mr. Izumi was old-fashioned and just smart, so he seemed to read secret foreign languages translated by others.

いろいろなことがあったが、私にとっては生涯懇意にした友人の一人であった。

There were a lot of things, but for me it was one of my friends who had been friends for a lifetime.

江見水蔭

Emi Minamata

 同じ播州の関係者として、後に神戸新聞の初代社会部長になった江見水蔭とも、はじめはなかなか親しくしていた。

As an official of Banshu, I was very close to Minami Emi, who later became the first social manager of the Kobe Shimbun.

 江見は元来は岡山の人であったが、母方は播州赤穂の森家の家老の出であった。

Emi was originally an Okayama person, but his mother was a priest of the Banshu Ako no Mori family.

村上真輔という人の娘で、岡山の池田家の家臣である江見陽之進という人に嫁ぎ、忠功すなわち水蔭が生れたのである。

The daughter of Shinsuke Murakami, the daughter of the Ikeda family in Okayama, married Yano Susumu Emi, and Tadayoshi, or Minamata, was born.

そのため播州に近い親類があったが、私がそのことをよく知っていたので、余計に親しくしていたのであった。

Therefore, there was a relative close to Banshu, but I knew that well, so I was more close to it.

 外祖父の村上真輔という人は、家老であった関係から、維新のころ守旧的な佐幕派に属していた。

The outside grandfather, Shinsuke Murakami, belonged to the old-style Sakuma school that was preserved during the Meiji Restoration because of his relationship with the elderly.

そのためか村上家から養子に行った河原翠城という赤穂きっての慷慨家の学者が、勤王派との板ばさみになって切腹するというようなことがあった。

For this reason, a scholar from the Ako family named Kawahara Shinjo, who went from the Murakami family to the adoption, became angry as a scissors with the Emperor.

私の父なども、この人のことをよくほめていた。

My father and others praised him well.

その上、勤王派の足軽か何かの、ごく身分の低い侍たちが、村上真輔を斬り殺して逃走するということがあった。

On top of that, there were occasions when the samurai kings of light duty or something of a low-ranking sword killed Shinsuke Murakami and escaped.

村上の一族は、下手人たちを探し出し、彼らが最後に高野山に逃れようとするところを待っていて、復讐に成功した。

The Murakami clan sought out the bad guys and succeeded in revenge, waiting for them to finally escape to Koyasan.

 明治四年のことで、高野の仇討といわれ、日本最後の仇討として有名である。

It is said to be Takano's debate about the 4th year of Meiji, and is famous as the last debate in Japan.

江見は何かの折によくそのことを喋って、われわれに聞かせたものである。

Emi often talked about that and told us.

 杉浦重剛さんの日本中学にいたことがあるから、巌谷小波と親しくなったのかと思うが、江見も硯友社に属していたことがある。

Mr. Shigego Sugiura has been in junior high school in Japan, so I wonder if he became close to Minami Sugaya, but Emi also belonged to Yoyusha.

ちょっと異色のある人物で、紅葉さんなどにも喰ってかかるようなところがあった。

It was a slightly different person, and there was a place where Mr. Koyo and others would eat.