文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2358-2390)/5348

その作品もいろいろ変化して、はじめはいくらかセンチメンタリズムかもしれないけれども、新しい文学に出て行こうとするような傾向が見えた。

The work changed a lot, and at first it seemed to tend to go out into new literature, although it may be somewhat sentimentalism.

『小桜縅』という雑誌を出していたが、田山花袋はそれに二、三の小説を書いてなじみになったらしい。

He published a magazine called “Sakura Kozakura”, but Tayama Hanafuku seemed to become familiar with writing a few novels.

そのうちに江見はだんだんと作風が変り、何となく村上浪六のような風になっていった。

Over time, Emi's style gradually changed and somehow became like Murakami Namioku.

 父を早く亡くしたので、母堂に育てられたが、晩年には品川に住み、邸内に土俵を設けたりして、書生を大勢養っていた。

“I lost my father early, so I was raised in my mother's house, but in late years I lived in Shinagawa and set up a ring in the mansion to cultivate many students.

その中には、長井金風という、明治になってからの人としては珍しいほどのすぐれた漢学者などもいた。

Among them, there was an excellent Chinese scholar named Nagai Kinkaze, which is rare for people since the Meiji era.

江見はどういう動機からか、考古学にかぶれて、暇さえあれば発掘などをしていた。

What kind of motives Emi was involved in archeology, and excavation was done if he had time.

土器の把手をたくさん集めたり、どこのものか判らない土器もあって、ただやたらに集めていたらしい。

There were a lot of earthenware handles, and there were some earthenware that didn't know where it was.

少し眉唾だったのかもしれないが、「江見はもう一万点も集めているそうな」などというような話を聞いたことがある。

It may have been a bit of an eyebrows, but I have heard stories such as “Emi seems to have collected 10,000 more”.

今の考古学とはまるでちがった行き方だった。

It was a different way of approaching from the current archeology.

 晩年には押川春浪などの天狗倶楽部に関係して、『武侠世界』の豪傑連とつき合っていたこともある。

In his later years, he was also associated with the great reams of “Wushu World” in relation to Tenshi Club such as Oshikawa Haruna.

江見郷というのが美作の東部にあるから、先祖はそちらから出たのかもしれない。

Since Emikyo is in the eastern part of Mimasaka, the ancestors may have left there.

播州に近い地方だったので、赤穂との縁が結ばれたのであろう。

Since it was a region close to Banshu, the edge with Ako would have been tied.

その赤穂出の母堂は大変昔めいた人で、一人息子が粋筋の婦人と結婚したことには不満があったとか聞かされたことがある。

The mother of Akode is a very old man who has been told that his only son was dissatisfied with the marriage of a muscular woman.

『山の人生』

"Mountain life"

 私が法制局の参事官になったのは、明治三十五年の二月で、大正三年までいたのだから、私のいちばん若い盛りの時をそこで過したわけである。

】 I became a counselor of the Legislative Bureau in February 1958, until the Taisho 3rd year, so I had my youngest time there.

仕事としては、どれもみな威張ったり、得意になったりするのに足るようなものばかりであったが、たった一つだけ、皆の嫌う仕事があった。

All the work was all enough to be intimidating and good at it, but there was only one job that everyone hated.

それは特赦に関する事務を扱うことであった。

It was to handle clerical work related to amnesty.

 大赦の方は、一律に何々の罪の者は赦すというお触れが一つ出ればそれでいいのだから、ことは簡単であるが、これに反して特赦の方は、個々の犯罪内容をよく調べて、再犯のおそれがないとか、情状酌量をするとか、一つ一つ定まった標準に照らしてみなければならない。

For those who are forgiving, it is easy to say that one person can forgive all the sinners uniformly, so it is easy to do so. There is no risk of re-offending, or the amount of circumstances should be taken into consideration, and the standards must be checked one by one.

だから関係資料を年百年中読んでいなければならないし、時によると、新規に出来た政府の方針で、少し特赦にしてみようなどという気持に副って、ことを処理しなければならぬことがある。

So you have to read the relevant materials all year round, and sometimes you have to deal with it with the feeling of trying to be a little amnesty with the new government policy There is.

それでいつも新参の参事官に押しつける習慣になっていた。

So it was always a habit to press against a new counselor.

ところが私だけはそれを面白がって、いつまでもその仕事をやっていて、他人にまわそうとしなかった。

However, only I was amused, and I was doing the work forever and did not try to turn it to others.

 文字を早く読むことに馴れていたので、私としてはそんなにこの仕事を重荷に思わなかったせいもあるが、それよりも、内容そのものに興味をもったのである。

I was accustomed to reading the letters quickly, so I didn't think this work was a burden, but I was more interested in the content.

事件の内容そのものに心をひかれて、もとの予審調書からみていった。

I was drawn to the content of the case itself and looked at it from the original trial record.

一つの事件が、六寸とか八寸とか、たまには一尺近い厚さにとじてあったものもある。

There was one case related to a thickness of 6 or 8 inches, or sometimes close to one thickness.

それをみてゆくのであるから、興味のない者には嫌な仕事であったが、私は好きなために熱心に眼を通した。

It was an unpleasant job for those who were not interested in seeing it, but I looked eagerly to like it.

そして面白い話を知ると、どうしても他人に話したくて仕方がなくなるものである。

And if you know an interesting story, you can't help but want to talk to others.

 私に『山の人生』という本がある。

I have a book called “Mountain Life”.

何故書かれたか、主旨がどうも分らないといった人があるが、無理もない話で、じつは法制局で知った珍しい話を喋りたくてたまらないものだから、そんな本を書きはじめたわけであった。

There are people who don't understand why it was written, but it was a reasonable story, and it was really irresistible to talk about an unusual story that was known at the Legal Affairs Bureau, so I started writing such a book.

新聞社に入った当座に『朝日グラフ』に連載し、後に本にまとめたものである。

It was serialized in “Asahi Graph” at the moment of entering the newspaper, and later compiled in a book.

「山に埋もれたる人生ある事」という題で、私のいちばん印象の深かった人殺しの刑事事件を二つ続けて書いたのであるが、本の終りには「山男」というものの研究は、人類学上必要だということを書いた。

I wrote two consecutive criminal cases of murder that had the deepest impression on the subject of "there is a life buried in the mountains", but at the end of the book, research on "Yamao" was anthropology I wrote that it is necessary.

こんなちがった要素が『山の人生』という一つの本にまとめられているため、読む人に不思議な感を与えたのである。

These different elements were put together in a book called “Mountain Life”, which gave readers a strange feeling.

 第一の話は、かつて非常な饑饉の年に、西美濃の山の中で炭を焼く男が、子供二人を鉞できり殺したことがあった。

The first story was that in a very drought year, a man who burned charcoal in the mountains of Nishi Mino killed and killed two children.

自分の男の子と、どういうわけがあってか一人は育てていた小娘で、ともに十二、三歳になる子供であった。

For some reason, one of them was a puppy who was growing up and a child who was 12 or 3 years old.