文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2391-2428)/5348

炭は売れず、里に行っても一合の米も手に入らない。

Charcoal doesn't sell, and even if you go to the village, you can't get a single rice.

最後の日にも手ぶらで帰ってきて、飢えきっている子供の顔を見るのがつらさに、小屋の奥へ行って昼寝をしてしまった。

I came back empty-handed on the last day and went to the back of the hut and took a nap because it was hard to see the face of a hungry child.

眼がさめてみると、小屋の口いっぱいに夕日がさしていた。

When I looked in my eyes, the sunset was full of the hut's mouth.

秋の末のことであったという。

It was the end of autumn.

二人の子供がその日当りの所にしゃがんで、一生懸命に仕事に使う大きな斧を磨いていた。

Two children crouched to the place of the day and worked hard to polish the big ax used for work.

そして「もう死にたいから、これで殺してくれ」といったそうである。

And “I want to die now, so kill me now.”

そして小屋の入口の敷居の上を枕にして寝たそうである。

And he seems to have slept with a pillow on the threshold of the entrance of the hut.

親の方はくらくらして、何の考えもなく二人の首をきってしまった。

The parents lost their minds and broke their necks without any thoughts.

その後でおそろしくなり、死ぬことができなくなって、一人で里へ降りて自首したというのである。

After that, it became terrible and he was unable to die, so he went down to the village alone and became himself.

じつに悲惨な話で、これくらい私の心を動かした特赦事件はなかった。

It was a really miserable story, and there was no amnesty case that moved my heart so much.

 同じ頃、先の話と同じような悲しい事件がもう一つあった。

At the same time, there was another sad incident similar to the previous story.

九州の或る村の女が、ある男と大変仲良くなったが、親が許さぬので二人で逃げた。

A woman in a village in Kyushu became very close to a man, but she escaped because her parents did not allow.

どうにか世の中へ出てみたが、病気をしたり、いろいろ不幸にあったりして、貧乏のために食えなくなった。

Somehow I went out into the world, but I became sick and had various misfortunes, so I couldn't eat because of poverty.

子供も出来たが、どうしようもないので、恥を忍んで非常な山の中の生れ故郷へ帰って行った。

I had a child, but I couldn't do anything, so I went back to my hometown in the mountains with a shame.

しかし身寄りの者は死んでいないし、笑い嘲る人ばかり多かった。

But the relatives were not dead, and there were many people who laughed.

すごすごとまた町に帰ろうとしたが、男は病身でとても働ける見込みはなかった。

I tried to return to town again, but the man was sick and had no expectation of working.

子供を負ぶって引返して来る山道で、下に滝が落ちているところへ来かかった。

On the mountain road that brought back the child, I came to the place where the waterfall fell below.

夫婦で、もう世の中へ帰ったって仕方がないから、三人で死のうじゃないかと、三人の身体を帯で一つに縛って、滝壺に向って思い切ってとび込んでしまった。

Because the couple couldn't help going back to the world, they tied their bodies to one with a belt and drove into the waterfall.

ところが女だけが水の中へ落ち込んだものらしく、しばらくして生き返ってしまった。

However, only a woman seems to have fallen into the water, and after a while, she revived.

助かって岸に上ってみると、亭主の方も死に損ったと見え、首をくくって死んでいた。

When I went up to the shore with help, the hostess seemed to have died, and I was dead with a neck.

小さい子供は崖の途中の樹のてっぺんに引っ掛って死んでいた。

A small child was caught dead on the top of a tree along the cliff.

 つまり落ち方が良かったのか、悪かったのか、後の二人が死んでいるのに、自分だけ助かっていたというわけである。

That is, whether the fall was good or bad, the latter two people were dead, but only they were saved.

 その時の心理は我々には解らないが、やはり当人はもう死にたくなくなるものらしく、自首して出た。

[We don't understand the psychology at that time, but he seems to be no longer dying, so he came out himself.

子供は無意志なので殺人罪が成り立ち、何でも十二年という長い刑に処せられた。

Because the child was voluntary, a murder crime was realized and everything was sentenced to a long sentence of twelve years.

しかし、あまりにも品行が正しくて殊勝だし、環境も憐むべきものであり、再犯のおそれは無論ないから、特赦にしてやってくれといって、私から印を捺して申し出た。

However, because the conduct was so right and it was a big win, the environment should be regrettable, and there is no danger of recidivism.

それで特赦になったわけである。

That gave me a pardon.

 この二つの犯罪を見ると、まことにかわいそうな事実であった。

見 る Looking at these two crimes, it was a very pitiful fact.

私は誰かに話したくて、旧友の田山花袋に話したが、そんなことは滅多にない話で、余り奇抜すぎるし、事実が深刻なので、文学とか小説とかに出来ないといって、聞き流してしまった。

I wanted to talk to someone, I talked to my old friend, Tayama Hanabuchi, but that was rare, too unusual, and the facts were so serious that I wasn't able to do literature or novels. It was.

田山の小説に現われた自然主義というものは、文学の歴史からみて深い意味のある主張ではあったが、右の二つの実例のような悲惨な内容の話に比べれば、まるで高の知れたものである。

The naturalism that appeared in Tayama's novel was an assertion that had a profound meaning in the history of literature, but it was as if it was well-known compared to the miserable content of the two examples on the right. It is.

 そんなわけで法制局の資料から見出した二つの悲劇が、私の心の底に溜っていて、何時かそれを世に知らせたいという気持を持ちつづけた。

That's why the two tragedy that I found from the Legal Affairs Bureau's materials have accumulated at the bottom of my heart, and I felt like I wanted to inform the world sometime.

それで朝日新聞に書き、さらに『山の人生』という本を作る時、その序文のような形で、これを一番最初にもってきたのである。

So when I wrote in the Asahi Shimbun and made the book “Mountain Life”, it came first in the form of its preface.

 田山にとって、この二つの事件は落第だったけれども、他に少なくとも四つか五つ、私が特赦の取調べで知った珍しい知識を、田山の方で採入れて自分の小説のたねにしたものがある。

For Tayama, these two incidents were unsatisfactory, but there were at least four or five other things that Tayama used to take unusual knowledge that I knew from the investigation of amnesty, and used it for my novels. .

記憶している話の一つに『葱一束』というのがあった。

One of the stories I remembered was "Tatsumi Ichizuka".

一寸したことから大きな犯罪になるという話である。

It is a story that it becomes a big crime because it is a bit short.

その記録を読んで、私が興奮している時に、田山から何か話はないかと聞かれたので話してやったものである。

I read that record and when I was excited, Tayama asked me if there was anything to talk about.

『一兵卒の銃殺』というのも、日露戦争の前後に私がたねを提供したものであった。

“The killing of a soldier” was something that I offered before and after the Russo-Japanese War.

 自然主義の作家は、極くあり得べき事柄が、すうっと妙に展開してゆくのに興味をもち、それを自然に書いて喜んでいたものであった。

Naturalist writers were interested in developing the most possible things in a strange way and were happy to write them naturally.

自然主義小説のころ

Naturalist novel