文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2429-2467)/5348

 自然主義という言葉を言い出したのは、田山であったろう。

Tayama would have spoken out the word “naturalism”.

しかも英語のナチュラリズムという言葉をそのまま直訳したのだが、はじめは深い意味はなかったと思う。

Moreover, I translated the word “Naturalism” in English as it was, but I don't think it had any deep meaning at first.

田山は何か私らの分らない哲学的なことを言い出したりしたが、それはもう後になってからの話であった。

Tayama said something philosophical that we didn't understand, but that was a story later.

それよりはもっと平たく言えば、やはり通例人の日常生活の中にもまだ文学の材料として採るべきものがあるということを認めて、それを扱ってみようとしたといえると思う。

To put it more flatly, I think that I tried to deal with it by recognizing that there is still something to be taken as literary material in everyday life of ordinary people.

 別に私が田山に話したような奇抜なものだけを書かなければならないわけはない。

It is not necessary to write only the extraordinary things that I told Tayama.

たとえば二葉亭の『浮雲』や坪内さんの『書生気質』だって、別に変ったところもないだけに、かえって広い意味の自然主義の発端といえないこともなかろう。

For example, Futaba-tei's "Ukimo" and Tsubouchi's "Calligraphy" have not changed, so it may not be the beginning of a broader sense of naturalism.

田山は私の犯罪調査の話ばかりでなく、私が旅行から帰って来ると、何か珍しい話はないかといって聞くことが多かった。

Tayama often asked me not only about my criminal investigation, but also when I came back from the trip, there was something unusual.

私が客観的に見て話してやったのを彼が書いたものの中には、特赦の話以外にも多少注目に値するものもあった。

Some of the things he wrote about what I did objectively talked about were a little worthy of attention other than the amnesty story.

不思議なことには、文学者というものは、われわれの話すことを大変珍しがるものである。

Strangely enough, literary people are very rare for us to speak.

想像もできないとかいって感心する。

I'm impressed that I can't even imagine.

いわゆる「事実は小説よりも奇なり」というわけだろう。

The so-called “facts are stranger than novels”.

それにこちらもいくらか彼等にかぶれて、西洋の写実派の小説などを読んでいるために、そんな例までくらべて話してやるものだから、一時は大変なものであった。

In addition, it was difficult for me at this time because I was talking about it even compared to such examples because I read some Western realism novels.

そしてとうとう、あすこへ行きさえすればたねがあるというようなことになった。

And finally, as long as I went to Asuko, there was a chance.

 小栗風葉など一番熱心に参加した。

The most enthusiastic participants, including Oguri Kazeha

家があまり困らないものだから不勉強で、代作などを盛んにさせた元祖であった。

He was not studying because his home wasn't too much trouble, and he was an ancestor who made popular works.

真山青果などは初めのうち、ずっと風葉の名前で書いて生活をしていた。

In the beginning, Mayu Mayama and others always lived under the name of Kazeha.

青果の方では自分の名で出せるようになるまでは、練習のつもりで代筆をしていたわけであろう。

Until the fruits and vegetables came out with their own names, they would have been writing for practice.

ともかく風葉などは、私のところへ来れば新しい話があるという気で、私に対していたのである。

Anyway, the wind leaves etc. were against me with the feeling that there was a new story when I came to me.

 それからもう一人は、硯友社の川上眉山であった。

Then the other was Mt.

眉山は家庭が複雑で、気になることが多いためか、酒でまぎらすことが多かった。

Mt. Meiyama was often spoiled with liquor because the family was complicated and often worried.

それに文筆で生活をする必要があって、骨が折れたらしい。

It was necessary to live with a writing brush, and it seemed to be broken.

しかも硯友社同人の立場にいながら、新興文学の端緒にも触れようという気持が強くて、森鴎外さんのものを片っ端から読んでいた。

Moreover, while I was in the position of Doyusha Doujin, I had a strong feeling of touching the beginnings of emerging literature, and I read everything from Mr. Ogai Mori.

それに続いては国木田のものなどをよく読んでいた。

Following that, I often read things from Kunikida.

死ぬ一年か一年半くらい前は、よく私のところに来た。

I often came to me about a year or a half and a half before I died.

 それで十人ばかりの仲間が私の家に集まった。

That's why only 10 friends gathered at my house.

土曜日に催したから土曜会ということにしたが、毎週ではなく、たしか月二回ぐらいやっていたと思う。

I decided to call it a Saturday party because it was held on Saturday, but I think it was held twice a month, not every week.

国木田がもちろん陰の黒幕で、島崎君もときどきは加わった。

Of course Kunikida was behind the scenes, and Shimazaki-kun was sometimes added.

皆が集まった動機といえば、田山ばかりがたねをもらいに行って、うまいことをしているからということであった。

The motive that everyone gathered was that only Tayama went to get a seed and did something good.

明治三十七、八年のころだと思う。

I think it was around the Meiji 37th and 8th years.

欧州でも二十世紀の初めで、英国の文学の一つの変り目にあたり、大陸の文学を盛んに英訳をしだした、ちょうどその時期に当っていた。

At the beginning of the twentieth century in Europe, at the turn of British literature, it was just about that time when English literature was actively translated into continental literature.

フランスのドーデのものの英訳などが出始めたので、私が田山にすすめたことを憶えている。

I remember that I recommended Tayama because the English translation of the French Dode started to appear.

船に乗る人が盛んに買ったジャックの船上本などという英訳本が、日本にも来たものである。

English translation books such as Jack's shipboard books, etc. that were actively purchased by people on the ship came to Japan.

私は丸善に連絡をとっておいて、手元に届くたびに土曜会の連中に紹介した。

I contacted Maruzen and introduced them to the saturday party every time I received it.

その土曜会が後に快楽亭の会になり、三転して前にのべた龍土会となったのである。

That Saturday party later became a pleasure party, and it changed over to become the Ryodokai.

田山花袋の作品

Tayama Hanabuchi's works

 田山の若い頃は、母親も兄も苦労している中で、花袋は英語だけを勉強した。

When Tayama was young, Hanabusa studied only English, while both his mother and brother were struggling.

いい男ではあったし、殊に私は歌の方で早くから松浦先生の所で相知り、一緒に紅葉会を作っていた昔馴染だから、終始後押しをしていた。

I was a good man, especially because I was accustomed to singing at Matsuura-sensei early on, and I was accustomed to making the autumnal party together.

土曜会の連中はみな文学をやっていたが、その中では田山が比較的先に世に出ていたのである。

All the members of the Saturday party were doing literature, but Tayama was out in the world relatively earlier.

 松浦先生の晩年には、淡路出身の人で、神戸に定住し、湊川新開地などを開拓した武岡豊太氏などの庇護があって、明治四十一年七月頃須磨寺に歌碑が建てられ、その翌年亡くなられたのである。

In the late years of Professor Matsuura, there was a guardian, such as Toyoda Takeoka, who was born in Awaji, settled in Kobe, and pioneered the Yodogawa new land, etc. He died the following year.