文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2502-2541)/5348

 田山に『東京の三十年』を書くようにすすめたのも私であった。

I was also recommended to write “Thirty Years of Tokyo” in Tayama.

ドーデの『パリの三十年』というのから刺戟をうけて、田山に、「君、東京生活が三十年になったら、こんな本を書くんだねえ」といったことを憶えている。

I received a sneak peek from Dode's “Thirty Years of Paris” and remembered Tayama, “You, if you lived in Tokyo for thirty years, would you write a book like this?”

たしか田山の本の序文に、そのことが書いてあったように思う。

I think it was written in the preface of Tayama's book.

 日本の文壇でツルゲニェーフを非常に崇拝して推奨したのは、われわれの一派であった。

It was our faction that highly admired and recommended Turgeniev on the Japanese platform.

ドーデがいつしかツルゲニェーフに代って行った。

Dode went on behalf of Thurgeniev someday.

田山なども、フランスで出たツルゲニェーフの仏訳本と同じ体裁で、イギリスで出た英訳本を買って読んでいた。

Tayama and others also bought and read English translations published in England in the same format as the French translations of Tsurgenev in France.

まだモオパッサンは出て来ないころである。

Moo Passan hasn't come out yet.

『東京の三十年』は、小僧に行った時のことから書いたので、少し糟も混じっている。

“Thirty Years of Tokyo” is written from when I went to a priest, so it is a little bit mixed with samurai.

田山の兄弟は父親のない家庭としては実際よく勉強した兄弟であった。

Tayama's brother was actually a well-studied brother as a fatherless family.

姉さんが一人あったが、早く亡くなってしまった。

There was one sister, but he died early.

大変利巧な人だったそうだが、私はとうとう会わずにしまった。

It seems that he was a very clever person, but I finally didn't meet.

兄さんも穏健ないい人であった。

My brother was also a moderate person.

 ただ何となく全体に世の中から忘れられて行くというのは、かわいそうなものである。

It is a pitiful thing that the whole world is forgotten for some reason.

 ここの所をこうしたのが、あれのいちばんの仕事であったというように、仔細に書いてくれる文学史があるといいのだが、日本にはそういう概観を扱った文学史がない。

It would be nice if there was a literary history that would be written in detail, as this was the most important work of that, but Japan does not have a literary history that deals with such an overview.

ただ無闇に賞めたり悪くいったりするかと思うと、機械的に年代別をして論じたりする。

However, if you think that you will be awarded in darkness or bad, you will argue mechanically by age.

そしてグループを一纏めにして批評する癖があるが、同じグループといっても、個々の人物でまるで立場も作風も違っている点を無視してしまいがちなのは困ったものである。

There is a habit of criticizing the group as a group, but even if it is the same group, it is difficult to ignore the point that the individual person has a different standpoint and style.

ピネロの全集

Complete collection of Pinero

 若いころからの私の、一つの特徴といえば、本をよく買ったということであろう。

One of my characteristics since I was young was that I bought books a lot.

ちょっとした所へ行っても、必ず何か本を買って来た。

Even if I went to a little place, I always bought some books.

丸善などもよく行ったもので、明治三十九年の日記にもそのことが書かれている。

Maruzen, etc., also went well, and it is also written in the diary of 39th year of Meiji.

私の日記はくわしいことは書かず、人の往来とかメモぐらいしか書いてないが、あのころはよく丸善に行ったらしい。

My diary doesn't write anything detailed, it only writes people's traffic and memos, but it seems that I used to go to Maruzen at that time.

 丸善については、こんなおかしな話がある。

There is such a strange story about Maruzen.

ある時、本を注文して届けさせたところ、めちゃめちゃに破れた本をだまって配達して来た。

At one point, I ordered a book and delivered it.

文句をいうと、あの本はあれ一冊しか来ませんで、あなたに頼まれたからお届けしましたが、途中で破れたらしいからどうすることもできません、と断りをいって来たことがあった。

Complaining, that book came only because it came to you because it was requested by you, but I refused that I couldn't do anything because it seemed torn along the way.

 同じ三十九年の日記に、

In the same 39 year diary,

「志賀直哉といふ人、ピネロの作全部を買ひたりと、如何なる人にや」と書いてある。

“To whomever, Naoya Shiga, who bought all of Pinero's works?”

 ピネロというのは、プローズ・ドラマ(散文戯曲)を英語で書いた有名な人である。

Pinero is a famous person who wrote a Prose drama (prose drama) in English.

私のところにも一時ピネロの作が非常にたくさん集まった。

I also got a lot of Pinero's works.

イプセンなどと相前後して、韻律をふまない、勝手にかけるドラマを書いたのであった。

Around the same time as Ibsen, he wrote a drama that did not use prosody and was selfish.

同様の人は他にもあるが、ピネロがいちばん有名な人であった。

There are other similar people, but Pinero was the most famous person.

それが一時丸善に大分来たのであろう。

That would have come to Oita for a while.

 この日記は、志賀君という人がピネロのものを読んでいることを聞いて、私がちょっと驚いて書き止めておいたものらしい。

This diary seems to have been written down by a little surprise when I heard that Shiga-kun was reading Pinero's.

お金に困らない人だからそんなものを買って何とも思わなかったのだろうけれども、私の方ではピネロの全集を買った人のあった話にびっくりしたわけである。

I wouldn't have thought of buying such a thing because it was a person who was not troubled with money, but I was surprised to hear that there was a person who bought a complete collection of Pinero.

今からかぞえると志賀君はまだ二十三、四のころのことであったろうと思われる。

From now on, it seems that Shiga was still about 23 or 4 years old.

 私は英語の会話の稽古をするのに、少しでも面白い本がいいと思って、このピネロを次々に買っていた。

I was buying this Pinero one after another, thinking that even a little interesting books would be good to practice English conversation.

ところがそれから十年近くもたって、たしか貴族院に行ってからであったろう。

However, nearly ten years later, it was probably after going to the Aristocracy.

ある日のこと、今度の大戦中に京都と奈良を爆撃から救ってくれた、例の米国の日本美術学者、ラングトン・ウォーナーがやって来た。

One day, an American American art scientist, Langton Warner, came to save Kyoto and Nara from the bombings during the next war.

最初は人に連れられてだったが、後にはたびたび私の官舎に来るようになって、来れば私の部屋に入っていろんなものを見て帰るのである。

At first I was taken by a person, but later I often came to my office, and when I came, I went into my room and watched various things.

ある時、私がピネロを本棚の端から端まで並べているのを見て、こんなことをいった。

One day I saw a lineup of pineros from one end of the bookshelf to another, and said this.

「柳田さん、あなたがこの本を並べている主旨は、私にはよく判るのですけど、だめですよ、これじゃ覚えられませんよ」といった。

“Mr. Yanagida, I know the main point of arranging this book, but I can't remember it.