文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2542-2577)/5348

つまり英語の稽古にはこんな本は適しないと注意したつもりであったらしいが、まったくそのとおりであった。

In other words, it seemed that he intended to be careful that such a book was not suitable for English lessons, but that was exactly the case.

 そのころのウォーナーはただ面白いいたずらっ児のような人に見えていたが、それが何十年もたってから、日本文化の恩人になろうとは、誰が想像したであろうか。

At that time, Warner looked just like a funny mischievous child, but who had imagined that it would become a Japanese cultural benefactor after decades?

 ラングトン・ウォーナー博士についてはこんな思い出もある。

I have such memories about Dr. Langton Warner.

 若いときシベリアへ行っていたというので、たくさんロシアのルーブル紙幣をもって来て、いっぱいポケットに入れていた。

When I was young, I went to Siberia, so I brought a lot of Russian rubles and put them in my pocket.

どうするんだときくと、今にこれが高く売れるんだといっていたが、そのうち銀座の夜店にルーブルが出るようになったので、笑い出してしまったことがある。

What I did was saying that now it sells high, but I started to laugh because a ruble came out at a night shop in Ginza.

 戦後にも日本へ来たが、非常に素直な、面白い、良い人であった。

He came to Japan after the war, but he was a very honest, interesting and good person.

彼を私の所に紹介したのはイギリス人のスコットで、二人でよく訪ねて来た。

It was British Scott who introduced him to me, and they often visited.

スコットの細君が少しいたずら好きで、「あの真似をしてくれ」とウォーナーに頼むと「よし」といって、毛布を腰に巻いてスコットランドの男のする短いスカートみたいにして、歌をうたう無邪気な男であった。

Scott's thin boy is a little mischievous, and asks Warner to “do that imitation”, say “good”, wrap a blanket around his waist and make it look like a short skirt of a Scottish man, singing innocently A man.

最後に来た時、戦争中の御礼をいうべきだったけれど、とうとう会わずじまいになってしまった。

When I finally came, I should say thank you during the war, but at last I did not meet.

学生生活

student life

二兄の心遣い

Second brother's consideration

 私と長兄とは十五、次兄とは九つも年が違っている上に、次兄は井上家を継いで、形だけは他家の人になっていた。

My elder brother was fifteen years old and my elder brother was nine years different, and my elder brother succeeded the Inoue family, and only the shape was someone else.

下の二人即ち静雄と輝夫はまだ頑是なくて、別に面倒なことを考える余地もなかった。

The two people below, Shizuo and Teruo, haven't stubborn yet, and there was no room to think about something else.

いわば私だけが中途半端で、何となく新たな長兄みたいな気持になったものである。

In other words, I was halfway and somehow felt like a new elder brother.

 もう一つ私の子供時代のもっともらしい考え方があった。

There was another plausible idea of my childhood.

それは両親もいい加減弱っているし、兄も丈夫でないから、この家から学資を貰って学問することはできない。

Because my parents are too weak and my brother is not strong, I can't study with this house.

何でも構わない、学資のいらないところへ行こうというわけであった。

Anyway, I wanted to go to a place where I don't need any money.

それには師範学校へ行きさえすればいいことは判っていたが、これはどうも気が進まない。

I knew that all I needed to do was go to the Normal School, but this wasn't enough.

それで学資のいらない商船学校へ行って船長になろうかと考えた。

So I decided to go to a merchant ship school where I don't need any money to become a captain.

船の中で本も読めるし、外国にも行かれる。

You can read books on the ship and go abroad.

 私の船長熱はかなり強かった。

My captain fever was quite strong.

しかし一方では私の知らぬ間に、長兄と井上の兄とが相談して、他のことは大きい兄がする代りに、私の学校へ行く学資だけは次兄の方で出すと決めておりながら、私には知らせずにいたのであった。

But on the other hand, my eldest brother and Inoue's older brother consulted me, and instead of my big brother doing the rest, I decided that my next brother would give me only the money to go to school. However, I was not informed.

私は高等学校に入ることは、大学へ入る前提だから、そんなことができるはずもないと、初めから考えても見なかったのに、二兄の間ではすでに膳立てがしてあって、私に高等学校の試験を受けろというのである。

I was not supposed to be able to do that because I entered high school because I was going to go to college. He said he should take a high school exam.

私として二兄に十分感謝しなければならないわけであった。

I had to thank my two brothers enough.

そのため幸いにも私の船長熱は立ち消えになってしまったのである。

Fortunately, my captain's fever disappeared.

 高等学校の生徒の極く一部には、余計に学費をもらっているのもいたが、たいていはみな極端に質素な生活であった。

Some of the students in high school received extra tuition fees, but they were all extremely simple.

私も最少額を兄からもらっていた。

I also received the minimum amount from my brother.

多分最初は月八円で、その中、学内の寄宿舎費が三円三十銭、すなわち食費が一日十銭、寄宿費が月三十銭で計三円三十銭になる。

Perhaps the first is 8 yen per month, of which the dormitory fee on campus is 30 yen, that is, the food cost is 10 yen per day and the boarding cost is 30 yen per month for a total of 33 yen.

そのうち少し値上げになったと思うが、とにかく入学当時は八円で余裕があった。

I think that the price was raised a little over time, but at the time of admission, there was a margin of 8 yen.

今日たくさん手許に残っているレクラム版の本とか、カッセルのナショナル文庫とか、あのころの文学書は、新本でも一冊十銭、古本なら三銭くらいだった。

There were a lot of books on the book today, such as the National Library of Kassel, and the literary books at that time, even for a new book, it was about a dozen.

シェイクスピアの『マクベス』でも、『マーチャント・オブ・ヴェニス』でも多分三銭で買った。

I bought it for Shakespeare's Macbeth and Merchant of Venice for three sen.

ウィルソンの綺麗な本なども、レクラム版によったのだろうが、表紙はずっと美しかった。

Wilson's beautiful books were probably based on the Lecrum version, but the cover was much more beautiful.

われわれの、名を伝え聞いていた西洋の名著は何でも簡単に見つかり、古本屋の店先で、いちばん愛嬌のある所に並んでいたので、安いから、煎餅をちょっと買うような心持で買うことができた。

We were able to easily find anything from Western books that we were told and heard of, and they were lined up at the second-hand bookstore in the place with the most caress.

 そんなわけで、食費と舎費とで月三円三十銭、月謝が一円二十銭で計四円五十銭、あとの三円五十銭もの使い途がない。

That's why the food and housing costs are ¥ 30.30 per month, the monthly fee is ¥ 1.20, and the total is ¥ 4.50.

それは楽な暮しで、ちっとも苦労はなかった。

It was an easy life and I had no trouble at all.

学資のいる学校など私としては諦めていたのに、兄たちのお蔭で入れたのだから、その喜びも手伝って、私は非常に勉強した。

I gave up the school where I had a student, but I got it thanks to my brothers.