文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2790-2829)/5348

私の同室者はみな絵が下手だったから、私の発案で「丙画展覧会」という、自分たちの丙ばかりついた絵を飾ることにした。

All of my roommates were not good at painting, so I decided to decorate a picture of “Makigai Exhibition” with my own idea.

他の部屋からも出品の申込みがあり、汚い絵ばかりたくさん集まってきた。

There were applications from other rooms, and many dirty pictures were gathered.

雉子の剥製をスケッチしたのを出したが、皆肥っていて、アヒルのような絵ばかりであった。

I sketched out the stuffed lions, but they were all fertile and all looked like ducks.

一人ウィット(頓智)のある学生が、ローマ字で、キジョムルキナと、いかにもラテン語のような題をつけたりした。

A student with a single wit (Ronchi) gave a title in Latin, like Kijomurukina, in Latin.

 これが明治二十七年三月のことであったから、ちょうど私の二十歳の時である。

Since this was March of Meiji 27, it was just when I was 20 years old.

二十で思い出すが、その年に「未成年者禁煙法」が出た。

Twenty, I recall, “A minor smoking ban” came out that year.

私もそれまで吸っていた煙草を止め、その代りに二十八年の二十一歳になった時に、もう成年だからというので、その当日から大っぴらに吸い出して、せっかくの禁煙が何にもならなかった。

I stopped cigarettes that I had smoked until then, instead, when I was 21 years old, I was already an adult, so I sucked it out from that day, and there was nothing to do with smoking cessation There wasn't.

 私の高等学校時代の同級生で、もう残っているのは非常に少ない。

】 My high school classmates have very few left.

一人この三、四年前からまたつき合っている人に、もと台湾におった大里武八郎という人がある。

One of those who have been together for the last three or four years is Takeshiro Osato who was originally in Taiwan.

私よりも年は二つか三つ上だが、今は秋田の花輪に住んでいる。

It is two or three years older than me, but now I live in Akita's garland.

若いころは本当に綺麗な人であった。

He was a really beautiful person when he was young.

男の美しさとして、ちょっとあのくらい綺麗な人はないと思うほど、堂々たる背の高い立派な人であった。

As a man's beauty, he was a dignified, tall and respectable person who thought that no one was so beautiful.

当時高等学校に雅楽の会があり、大里君はその一人であった。

At that time, there was a gagaku party in high school, and Osato was one of them.

日清戦争のころと思うが、私の作った歌に合わせて舞ってくれたので、私はその会の人達をよく憶えている。

I think it was during the Sino-Japanese War, but I remembered the people of the group because they danced to the song I made.

私のは歌わせるつもりで書いたのではなく、他の軍歌調に叛いて作ったのだが、何しろ他のは漢語がたくさん入っていて歌いにくい、それで私の歌が用いられたらしい。

I didn't write it to sing, but I made it in other military song styles, but in other cases it was hard to sing because it contains a lot of Chinese, so my songs seemed to be used.

「むら雲騒ぐ黄海の……」という七五調のと、もう一つ「大八州」というのを作った。

I made the seventy-five tones of "The Sea of Yellow Sea ..." and another "Daihashu".

高等学校の寮歌集にも、これが断片的にのっているようである。

This seems to be fragmented in high school dormitories.

 雅楽を教えてくれた先生は、信州北部の出身で面白い人であった。

The teacher who taught Gagaku was an interesting person from northern Shinshu.

その先生が、体格のいい、しっかりした眼付きで、眉の坐ったような、りっぱな人を幾人か入れて、雅楽の舞の群を作っていた。

The teacher made a group of Gagaku dances by putting some fine people with good physique, solid eyes, and sat on the eyebrows.

高等学校の学生、とくに一番上級の学生が多かった。

There were many high school students, especially the most advanced students.

まるで雅楽に縁のなかった先生が、どうしてそんなことをするようになったか。

How did a teacher who had nothing to do with Gagaku come to do that?

大里君の話によれば、その先生はフランスで西洋音楽を学んだ人で、耳が非常によかった。

According to Osato-kun, the teacher was a person who studied Western music in France and had a very good ear.

日本へ帰ってどこか宣教師の学校か何かで音楽を教えているうちに、日本の雅楽に傾倒しはじめ、それを復活する気になったらしい。

While returning to Japan and teaching music somewhere in a missionary school, he began to devote himself to Japanese Gagaku and seemed to revive it.

宮内省の人たちには少しも相談しないでやっていたとか。

You did it without consulting with the people in Miyanai.

 大里君の他に桃沢という美術学校の学生が、やはり選ばれて雅楽をやっていた。

In addition to Mr. Osato, a student at an art school called Momozawa was also chosen to play Gagaku.

四人のこともあったが、たいていこの二人でよく舞っていた。

There were four people, but usually they danced well.

この桃沢君は、景樹の弟子で、信州上田の近くの人桃沢夢宅の孫か何かにあたる人であった。

Momozawa was a disciple of Kageki, a person near Shinshu Ueda who was a grandchild of Momozawa Yumeya or something.

『文学界』への寄稿

Contributing to “Literature”

 私は柔道だけは珍しく早くからやっていた。

I have been doing judo only unusually early.

次兄は嘉納治五郎さんよりもう一つ前の時代の、やはり井上という名の先生についていたので、それについて私も通うようになった。

My elder brother was about a teacher named Inoue, one more time before Jigoro Kano, so I started to go about it.

天真神揚流といって嘉納さんもその先生についたという評判であった。

Kano-san, who was called Tenshinjin-ryu, had a reputation that he was also the teacher.

道場は大学から池の端へ出る途中、天神下の吹抜の横丁という所にあった。

The dojo was on the way to the edge of the pond from the university, in the area of Yokocho under the Tenjin.

大学生がたくさんいたが、私としては東京に来てからいちばん新しい経験であった。

There were many university students, but for me it was the most new experience since I came to Tokyo.

晩飯を少し早目に食べて出てゆくのだが、広小路を横切って行く時、夜店があったりして、もちろんいまより汚かったはずなのに、美しく思いながら往復した。

Eating supper a little earlier, but when I crossed Hirokoji, there was a night shop, and of course it was supposedly dirty, but I went back and forth beautifully.

 私の柔道はただ転んだ時に頭を打つようなことさえなければいいと、最小限度の目的をもつばかりで、仲間がどんどん上手になっても、いっこう平気であった。

“My judo just had to have a minimal purpose if I just didn't hit my head when I fell down, and even if my friends got better and better, I was even better.

その時の稽古仲間がいまだに一人拙宅へやって来る。

At that time, the classmates still come to their own home.

宮本さんという、私より一つ年上で、火災保険の取次店をしている人である。

Miyamoto-san, one year older than me, is a fire insurance agent.

 この町道場の経験があったので、私は高等学校でも寒稽古に行った。

Since I had experience of this town dojo, I went to high school for cold training.

来ている仲間は、乾政彦を除けばたいてい上級の身体のいい連中ばかりであった。

Most of the friends who came were all seniors, except Masahiko Inui.

このごろよく会う旧友井上匡四郎も、そのころはまだ岡松といって、クラスは一年上だったが、非常に柔道に熱心であった。

The old friend Toshiro Inoue, who met these days, was still Okamatsu and the class was a year older, but he was very enthusiastic about judo.