文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2830-2861)/5348

寒稽古の時、痩せた相手とやると痛いので、私はいつでも岡松が来るのを待っていて、彼と組むことにしていた。

During the cold training, it was painful to do with a thin partner, so I always waited for Okamatsu to come and team up with him.

彼ばかりは肥っていてぶつかっても痛くないのである。

He alone is fat and won't hurt if he hits.

明治二十六年に寒稽古をしてもらった相手で、まだ元気でいる人が一人いる。

There is one person who has been cold-worked in Meiji 26 and is still fine.

それ以来会っていないが、斯波孝四郎君という、大人しい、おっとりしたりっぱな人で、私はいつも尊敬の的にしていた。

I haven't met since then, but I was always a respected person, Koshiro Sanami.

兄さんの忠三郎君の方は、その後もしばしば会って孝四郎君の噂をしたことだったが、造船で長崎にゆき、会う機会もなく、それっきりになっている。

The older brother, Tadaburo, had often met and rumors of Koshiro. However, he went to Nagasaki by shipbuilding and had no chance to meet.

 そんな状態で、高等学校だけはじつに単純な暮しを続けたのである。

In such a state, only high school continued to live a simple life.

ところが一方では、私はその間に『文学界』の同人諸君と知り合いになっていた。

However, on the other hand, I became acquainted with the literary community.

『文学界』に詩を発表したのは二十歳のときではないかと思う。

I think that it was when I was 20 years old that I published poetry in "Literature".

『文学界』が再興したのは、二十七年か二十八年のどちらかだったろうか。

Was the literary world revived in either 27 or 28?

星野男三郎(夕影)さんが努力して、上田敏君が非常に力を入れてやったのだった。

Mr. Saburo Hoshino (Yukage) worked hard and Satoshi Ueda worked very hard.

 私の義理の又従兄弟の中川恭次郎という播州から出てきた医学生が、高等学校の前を入った横丁に住んでいた。

】 A medical student from Banshu, my sister-in-law, Kojiro Nakagawa, lived in Yokocho in front of high school.

開業医になる勉強中であったが、但馬の出石町出身の巌本善治のところで会った星野兄弟から頼まれて『文学界』の発行所を引受けていた関係で、私も出入りするようになった。

Although I was studying to become a practitioner, I started to come in and out because I was asked by the Hoshino Brothers I met at Zenji Enomoto from Izushi-cho, Tajima, and undertook the publication office of the “literary world” .

恭次郎は『文学界』の中に中川尚絅という名で出ている。

Junjiro appears in the “literary world” under the name of Naoki Nakagawa.

私の祖父は中川家から出ているが、その祖父の姉婿にあたる人が若死したので、弟子の中の一人を家においたのが、恭次郎の親であった。

My grandfather is from the Nakagawa family, but since his grandfather's older sister died young, one of the disciples was the parents of Keijiro.

 星野慎之輔君と男三郎君との兄弟が『文学界』の創立者であったが、二人の妹のおゆうさん、後に吉田賢竜夫人になった人が、巌本の明治女学校に通っていた関係で、巌本が星野兄弟の相談にのり、中川の借家を『文学界』の発行所にしてもらうようになったわけである。

The brother of Shinnosuke Hoshino and Saburo Osaburo was the founder of "Literature", but the two sisters Yuu and later Mrs. Kenryu Yoshida attended Meiji Women's School in Enomoto As a result, Enomoto consulted with the Hoshino brothers and began to rent Nakagawa's rented house as the literary world's publication office.

私は中川の関係でそこに出入し、寄贈雑誌類を見せてもらって、その批評や紹介の短文を手伝ったり、新体詩を寄稿したりしたのであった。

I went in and out of Nakagawa, and showed me donated magazines, helped with a short sentence about the criticism and introduction, and contributed new poems.

同人のうちでいちばん親しかったのは戸川秋骨君で、他に平田禿木君や、そのころ田舎から帰って来て、音楽学校へ入り直して、金釦の制服を着ていた島崎藤村君あたりとも、旧交を温めることになった。

Among them, Akiba Togawa was the closest friend, along with Mr. Yuki Hirata and Mr. Shimazaki Fujimura who came back from the countryside and re-entered the music school and wore a gold button uniform. I decided to warm up the old friendship.

明治女学校と播州人

Meiji Women's School and Banshu

 中川恭次郎は変った男で、何でも知っている代りに、医者の試験だけはどうしても通らなかった。

Keijiro Nakagawa was a strange man, and instead of knowing everything, he couldn't pass only a doctor's exam.

仕事としては、医者の著書の代筆をしていた。

As work, I was writing for a doctor's book.

ずいぶん大胆な話であったが、医者の中には暇のない人や、文才のない人がある。

It was quite a bold story, but some doctors have no time or literacy.

そういう人が、これこれの主旨の本を出したいがと中川に頼むと、彼は多少ドイツ語が読めるので、ドイツ書を参考にして本をまとめてやっていた。

When such a person asked Nakagawa to get a book on the subject of this, he could read a little German, so he compiled the book with reference to the German book.

本郷通りの大きな医書店で中川に御礼をしたものが大分あったらしい。

Apparently there was a big medical bookstore on Hongo Street that thanked Nakagawa.

中川は『文学界』とも接触し、他方でこういう仕事をしていたので、じつにいろいろの物知りになっていた。

Nakagawa was also in contact with the “literary world”, and on the other hand he was doing this kind of work, so he knew many things.

 但馬の出石から出たクリスチャンの巌本善治は、巣鴨の庚申塚に明治女学校というのを建てて、その校長になっていた。

Christian Jenji Enomoto, who came out of Tajima's Izushi, built the Meiji Women's School in Sugamo's Sasazuka, and became the principal.

巌本君は神崎郡の粟賀とか福本とかに大変縁故のある人であった。

Mr. Enomoto was very familiar with Tsuruga and Fukumoto in Kanzaki-gun.

明治女学校は、巌本君が世話になった木村熊二牧師夫妻の後援があったらしく、木村牧師は旧幕臣で米国留学生であったが、本来は、但馬の出石藩の桜井熊一(後に内務省地理頭になった桜井勉の旧名)の実弟で、木村夫人|鐙子は、田口卯吉の姉であったと聞いている。

Meiji Women's School seems to have been supported by Pastor Kimura and Mrs. Kumamura, who was helped by Mr. Enomoto. Pastor Kimura was a former shogun and an American student. I heard that Mr. Kimura | Reiko was an older sister of Yukichi Taguchi.

そんな関係から木村牧師が巌本君を助けたのであろう。

That is why Pastor Kimura helped Mr. Enomoto.

木村牧師は芝白金教会を建てたり、後には信州に行って小諸義塾を設立して、島崎藤村、三宅克巳、丸山晩霞などを教員に迎えたりした人で、藤村は明治学院時代に木村家の書生をしていたこともあったようである。

Pastor Kimura built Shiba-Shirokane Church, and later went to Shinshu to establish Komoro Gijuku, who received teachers such as Shimazaki Fujimura, Katsumi Miyake, and Maruyama Supper as teachers. Apparently he was a calligrapher.

 明治女学校は寄宿舎もなかなかよく出来ていて、播州人で入学した者が大変多かった。

Meiji Women's School had a good dormitory, and there were a lot of Banshu students who entered.

早く亡くなった私の兄嫁(井上の兄の最初の妻)井上マサなどもその一人であった。

My brother-in-law (Inoue's first wife), Inoue Masa, who died early, was one of them.

後に巌本の夫人になった若松賤子さんよりも、もう一期前の卒業生である。

He is a graduate who was one year earlier than Ms. Reiko Wakamatsu who later became Mrs. Enomoto's wife.