文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(2925-2968)/5348

山林のある所を、日本中どこでも歩くことができたのは、ありがたいことであった。

I was thankful that I was able to walk anywhere in Japan in the forest.

信州の柳田家に入る

Enter the Yanagida family in Shinshu

 柳田家に入ったのは、三十四年のことであった。

The Yanagida family entered 34 years ago.

その時籍を早く移していたわけであったが、結婚したのは三十七年であった。

At that time, his register was transferred early, but he married in 37 years.

柳田家は信州飯田の藩士であったので、公務を兼ねて父祖の故郷飯田に行った。

The Yanagida family was a Shinji Iida warrior, so I went to Iida, my father's hometown, as a public servant.

そこには、風伝流の槍をつかう、通称「飯田の伯父さん」という義父の兄に当る人が達者でいたので、そこを訪ね、親類へも挨拶をしてまわった。

There was a master of the father-in-law named “Iida's uncle” who used the legend of Kyuden, so he visited there and greeted his relatives.

 三十四年の九月末か、十月早々に出かけ、信州の一市十六郡のうち、木曾一郡を残した全県下を、草鞋履きでしんみりと歩いたことをおぼえている。

I remember going out at the end of September, 34 or early October, and walking all the way to the remaining prefectures in Kyuichi, Kiso, out of the 16 districts in Shinshu.

北信の大町へ行ってみたら、もう氷柱が二尺も下っていて、非常に寒かった。

When I went to Omachi in Hokushin, it was very cold with two icicles already down.

産業組合の話もしたが、主として農会の話をした。

We talked about industrial associations, but mainly talked about agricultural associations.

県農会とか、町村農会とかが、どうあるべきかということを一人で話して歩いたが、県庁から生意気な役人がくっつき歩き、いつも後の方で傍聴しているので、同じ話を二度するのはいまいましいと、大変苦心したものである。

I walked alone talking about what the prefectural farming association or the township farming association should be, but a cheeky official from the prefectural office walked around and always listened later, so the same story two It's really hard to do it.

痩我慢のために余計な骨を折ったわけであった。

It was an extra effort to endure.

 あまり寒くなったので、木曾郡だけを残して引き上げたところ、木曾の郡長が怒って、木曾は信州ではないのかなんて談判されたりした。

It was so cold that when I left Kiso-gun alone and raised it, the Kiso-gun mayor was angry and asked if Kiso was Shinshu.

後に木曾へ行ったのも、そんなわけがあったからである。

I went to Kiso later because there was such a reason.

 同じ三十四年に、やはり産業組合の講演をしながら群馬県を見て来いといわれ、同県に出張したことがある。

In the same thirty-four years, it was said that he would visit Gunma Prefecture while giving a lecture by an industrial union, and he had made a business trip to the same prefecture.

あのころ上州三社といって、土地の養蚕家が自発的に結束して作った手繰りの製糸会社が三つあった。

At that time, there were three handmade yarn companies that were made by voluntarily uniting the land cultivators, called the Shoshu Sansha.

甘楽社、下仁田社、碓氷社がそれで、みな有力な会社であった。

Kanraku, Shimonita, and Usui were all promising companies.

そんな関係から群馬県の西南部はじつによく歩いたものである。

For that reason, the southwestern part of Gunma Prefecture was a good walk.

一カ所一回ずつ話をし、馴染みになったので、それから長い間交際がつづいたが、その後潰れてしまったとか。

I talked one place at a time and became accustomed to it, so the relationship continued for a long time.

何にしても五十年以上も前のことである。

Anyway, it was more than 50 years ago.

 三十五年にどこを歩いたか、東の方は岩手県まで行ったが、西の方は記憶にない。

”Where I walked in 35 years, the east went to Iwate Prefecture, but the west did not remember.

 三十七、八年の日露戦争の時、私は横須賀の捕獲審検所の検察官になっていた。

】 I was a prosecutor at the capture prosecution in Yokosuka at the time of the Russo-Japanese War in 37th and 8th years.

したがって横須賀にも長くいたし、長崎はじめ九州方面へ出張もした。

Therefore, I went to Yokosuka for a long time and made a business trip to Nagasaki and Kyushu.

この三十七年に私は結婚したので、その前後はごく気楽に暮していたように思う。

I was married in the last thirty-seven years, so I felt like I was very comfortable before and after that.

それでも奈良へは行ったが、播州へはどうであったろうか。

I still went to Nara, but what about Banshu?

 三十九年には北海道を歩いた。

In 39, I walked in Hokkaido.

そのついでに私だけ一行と分れて、新領有の樺太へ渡った。

At the same time, I was able to understand that I was alone and crossed over to the new territory.

上半期に家内がチフスにかかって危かったが、幸いによくなったので、ひとつ北海道へ行って来ないかとのすすめを受けたのであった。

In the first half of the year, my wife was in danger of getting typhoid, but fortunately it improved and I was advised to go to Hokkaido.

その時の日記はいま読んでみても大変面白い。

The diary at that time is very interesting to read now.

捕獲審検所のころ

At the captive prosecution office

 私の大学を出たころは、たいていどこかの私立大学へ講義に行かせられたものである。

When I left my university, it was usually sent to a private university somewhere.

まあ一つの関門であった。

It was one barrier.

私も明治三十四年から五年にかけて、早稲田へ出かけて行った。

I also went to Waseda from 34th to 5th year of Meiji.

また三十五年から日露戦争の前まで、専修大学に行っていたこともある。

I also went to Senshu University from 35 to before the Russo-Japanese War.

科目は農業政策であった。

The subject was agricultural policy.

そのずっと後に、慶応に招かれて民俗学を教えたこともある。

Long after that, I was invited to Keio to teach folklore.

 早稲田の時に教えた学生には、大山郁夫、永井柳太郎などの諸君がいた。

The students I taught at Waseda were Mr. Ikuo Oyama and Mr. Yanai Yanaro.

大山君はいつも首席で、播州赤穂郡(現相生市)の出だったが、その時分から理性の勝った性格であった。

Mr. Oyama was always at the top and was from Banshu Ako-gun (currently Aioi City).

永井君の方は、どうしてなかなか熱心で、時々教壇の側へ来て質問をしたりしていた。

Mr. Nagai was so eager that he sometimes came to the platform and asked questions.

文科の方ではやはり吉江孤雁君などが旧い方であろう。

If you are a literary school student, you may be an old man like Yoshie Koya.

謝礼は一回が二円であった。

The reward was two yen once.

 そのうち日露戦争になり、いつ召集されるかも知れないというので、戦争に関係のある仕事をしている方がよかろうということになり、捕獲審検所に出ることになった。

[Since it was the Russo-Japanese War that might be convened at any time, it would be better to have a job related to the war, so I decided to go to a capture prosecution office.

長官は長谷川という人で、その秘書官の仕事までさせられて、横須賀に行っていた。

The secretary was Hasegawa who was allowed to work for the secretary and went to Yokosuka.

 アメリカの方から津軽海峡をぬけるような無茶な汽船があったり、樺太の南あたりで捕えてつれて来たりするので、一時はなかなか忙しかった。

ア メ リ カ It was quite busy for a while because there was an unreasonable steamer that passed through the Tsugaru Strait from the US, and it was caught around the south of Eita.

シャンペンを何百ダースもつんでいる船があったり、ドイツの船でタバコの良いのを非常にたくさん積んでいるのもあった。

There were boats carrying hundreds of champagnes, and there were so many good cigarettes on German ships.