文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(3119-3154)/5348

 この時の川舟の旅行は非常に強く印象に残り、後年、家船などの水上生活者をしらべるようになったのも、この時の川舟旅行が動機になった。

[Travel boat trips at that time were very strong and impressed, and later later, the river boat trips were motivated by the fact that they began to explore the waters of homes and boats.

蜑民の舟なのである。

It is a common boat.

六十近い客扱いになれた快活な婆さんが、若い息子と二人でのっていた。

A cheerful niece who was treated as a customer for nearly sixty was on a couple with a young son.

言葉もよく通じないのに、その婆さんが私にいろいろなことを話してくれた。

Mr. Tsuji told me various things even though I couldn't speak well.

いわゆるシイ・ジプシイ(海の漂泊者)で、福州あたりが根拠地になっている。

It is the so-called shii gypsii (occupants of the sea) and is based in Fuzhou.

 子供が大きくなって一人前になると舟を造ってやる。

When a child grows up and becomes a full-fledged person, he will build a boat.

すると子供は嫁を貰って、新しい舟で自分の世界にとび出してゆく。

Then the child will marry the bride and jump out into his world on a new boat.

この婆さんにも三人の子供があったが、上の二人が独立したので、自分は古い舟に末っ子と二人で乗って仕事をしているわけである。

This niece also had three children, but since the two above were independent, he was working on the old boat with his youngest child.

必要上の末子相続で、その意味からでも蜑民の生活は非常に興味をひかれた。

The necessary inheritance of the child, and from that point of view, the people's lives were very interesting.

広東の周囲には、蜑民が舟で開いている大きな料理屋があったりして、すっかり客ずれがしていた。

Around Guangdong, there was a large restaurant where the common people were open on the boat, and there was a huge shift in customers.

シナ大陸旅行

Sina Continent Travel

 やっと英国船に部屋があったので上海に向った。

I finally went to Shanghai because there was a room on an English ship.

上海では河合良成君であったろう、視察に来ていた。

In Shanghai, I was coming to visit, probably Mr. Yoshinari Kawai.

大谷光瑞さんにもいろいろ世話になったし、早稲田にいたころ、たびたび私の家に来たことのある、日本語の非常に達者な戴天仇の案内で、孫文に会って話をしたこともあったが、その内容はよく憶えていない。

Mr. Mitsuo Otani also helped me a lot, and when I was in Waseda, I met Sun Yat-sen at the guidance of the very mastered Japanese priest who has come to my house. But I don't remember it well.

 やがて長江通いの日清汽船で漢口へ溯った。

Before long, I went to Hankou on a Nisshin Kisen ship on the Yangtze River.

船の中でまだ三十代のアメリカ宣教師と話し合うようになり、日本のことを根掘り葉掘り聞くので、こちらも英語の練習のつもりもあって一々答えていたが、終には面倒になる程であった。

I started to talk with American missionaries in my thirties on the ship and listened to the Japanese roots. It was about.

私の養母が、十五年程前に綱島牧師の有名な教会で洗礼をうけ、クリスチャンになったのに、お盆にはちゃんとお精霊様を迎えておまつりしていると、不確かな英語でおもしろおかしく説明したところ、相手は顔色を変えてきいていた。

My foster mother was baptized at the famous church of Pastor Tsunashima about 15 years ago and became a Christian. Interestingly explained, the opponent was changing the complexion.

東京へ帰って来ると、大変熱心な手紙をよこし、迷惑だろうが、この本をお母さんに読んであげてくれないかといって、伝道の本を送ってきた。

When I came back to Tokyo, I sent a very eager letter, annoying, but I sent an evangelism book asking me to read this book to my mother.

この程度の知識で日本を処理したりしていたかと思うと、実にけしからんという気がしてしまった。

I thought that I was handling Japan with this level of knowledge.

 一旦漢口に行ってから、江西省の大冶鉄山へ引返した。

Once I went to Hankou, I turned back to Daijitsuzan in Jiangxi Province.

鉄山のやや荒れかかっている所を一人で歩いていると、十ばかりの子供が背後から大きな声で私を呼ぶ。

When walking alone in a slightly rough place on the iron mountain, ten children call me out loud from behind.

そして小さな青い石をくれるという。

He gives me a small blue stone.

何だか分らないが、好意らしいから、銭を出して渡そうとすると、受取らないで、すうっと行ってしまった。

I don't know what it is, but because it's favored, when I tried to give it out, I didn't receive it and went quickly.

この石は持ち帰って弟映丘にやると、非常にいい緑青であることが判った。

When this stone was taken home and taken to Brother Eioka, it turned out to be very good patina.

だまってそれを日本人にただで呉れて行った子供のあったことに、私は大変強い印象をうけたことをおぼえている。

I remember that I was very impressed by the fact that there was a kid who just gave it to the Japanese.

 京漢線はまだ開通したばかりで、心に残ることが多かった。

The Kyohan line was just opened, and it was often memorable.

沿線の駅で物売りが柵の外にいて、プラットフォームを散歩する客に売りつけている中に混って、脚のない乞食が、商いと同じ気持で金をもらっている姿や、田舎の大官が駕籠に乗って、後先に三、四人お供をつれている姿など、今も眼に残っている。

At the station along the railway line, the merchandise is outside the fence, and it is mixed while selling to customers strolling the platform, the figure of a beggar without legs is getting the same feeling as a trade, It still remains in my eyes, such as the appearance of three or four people riding on a kite.

 北京公使は林権助さんであった。

The Beijing Minister was Ginsuke Hayashi.

他に鈴木虎雄君そのほか二、三人の友人も留学で行っていたし、早稲田で教えた向うの人で、相当な地位についていたのも少なくなかった。

In addition, Mr. Torao Suzuki and a few other friends also went abroad to study, and many of them were students who taught at Waseda and were in considerable positions.

米国系の清華大学にも行って、いろいろの人に会った。

I went to Tsinghua University, where I met many people.

顧維鈞(Wellington Koo)もそこの教授をしており、英語が達者なのには参ってしまった。

Wellington Koo is also a professor there, and I have learned that English is a master.

公使館ですすめられたので議会も傍聴したが、それが偶然にも議会の最後であった。

The parliament also listened to it because it was promoted at the legation, but it happened to be the last of the parliament.

 日本からきた新聞によって、政情が大分怪しいことが判った。

A newspaper from Japan revealed that the political situation was very suspicious.

留守中に内閣の更迭でもあったら、さぞ悪くいわれるだろうと思って気が気でなく、あとは奉天に一泊して大連へ往復したきりで、朝鮮を通り、大急ぎで東京へ帰ってきた。

When I was away from the cabinet, I didn't feel like I was going to be bad. After that, I went to Mukden and traveled back to Dalian.

 横浜まで家族が迎えに来ていたが、長男がまだ四歳位だったろう、私の頭をじっと見つめていてから、「はげあたま」といったのにはびっくりしてしまった。

My family came to Yokohama, but my eldest son was still about four years old, and after staring at my head, I was surprised at "Hage Atama".

六月の暑いころ、大陸は空気が乾燥していたのに頭髪の手入れをせず油もつけなかった為か、すっかり禿げてしまったのである。

When it was hot in June, the continent was completely bald because the air was dry but the hair was not cared for or oiled.