文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(3291-3329)/5348

 ローマの北門を出た所に小さな博物館があって、館長さんが大変志のある人で、陳列の仕方に苦心していた。

There was a small museum at the north gate of Rome, and the director was a very motivated person who was struggling with how to display.

広間の壁に沿って、キリストを抱いたマリアの像がずっと年代順に並べてあった。

Along the wall of the hall, there were statues of Mary holding Christ in chronological order.

その中にはもちろんローマ以前のころのものまで並べてあった。

Of course, there were even those from before Rome.

つまり母と子の像の陳列である。

In other words, it is a display of the image of mother and child.

私はこれをみた時、何の説明はなくとも、聖母マリアの信仰は、遠くキリスト教以前から受けつがれてきたものである、ということがはじめてわかった。

When I saw this, I realized for the first time that, without any explanation, the faith of the Virgin Mary was something that was long received before Christianity.

それについて思いおこすのは、支那から日本へ来たいわゆるマリア観音と、日本固有の子安観音とのことである。

Recalling that is the so-called Maria Kannon who came to Japan from China and the Koyasu Kannon that is unique to Japan.

いずれもキリストを抱いた聖母マリアの像と、何か連絡がありそうにも思われるのである。

Both seem to have contact with the statue of Virgin Mary holding Christ.

 子安という言葉は、私が未だに一つのテーマとして持ち続けているものである。

The word Koyasu is something I still have as a theme.

日本で子安神という名称はかなり古く、神の名としては三代実録に「美濃国児安神」とあって、いわゆる式外古神である。

The name of Koyasujin in Japan is quite old, and the name of the god is “Mino Kunijiyasujin” in the third generation, and it is a so-called out-of-form ancient god.

この子安という言葉は形容詞があとについて、今の語法からいえばおかしいが、昔はこういう語法があったのが、後、段々と脱けてしまったのである。

The word Koyasu is a strange adjective after the current wording, but in the past, there was such a wording, but later it gradually took off.

現に沖縄にはこういう言い方がまだ残っている。

In fact, Okinawa still has this phrase.

つまり子安というのは、子供を愛する心持につながるのであるから、キリスト教にも、仏教にもあって差支えないわけで、ほとんど理想の母親ということになる。

In other words, since Koyasu leads to the love of children, it can be used in both Christianity and Buddhism, so it is almost an ideal mother.

 それについて連想するのは、日本でいう子安貝、即ち宝貝のことである。

”What I associate with it is Koyasukai, or treasure in Japan.

ドレスデンの博物館にアフリカから持って来た土人の木像の眼に、この子安貝が入れてあった。

This Koyasugi was put in the eyes of a wooden figure of an earthman brought from Africa to the museum in Dresden.

古いところではエジプトから宝貝が出るが、アフリカは南部だけでなく、北アフリカの土人にもまれにそれを使っているのがあるとか。

In the old days, treasure shells come from Egypt, but in Africa, it is used rarely by not only the southern part but also the North African landers.

この貝は地中海にはないから、どこか遠くから持ってきたものであろうが、どういう経路で運ばれたものであろうか。

Since this shellfish is not found in the Mediterranean Sea, it may have been brought from some distance, but by what route was it carried?

 シナ大陸では、ずっと昔からこの宝貝を非常に珍重して、貨幣や装飾につかっていた時代がある。

In the Sina continent, there was a time when this treasure shell was very prized and used for money and decoration for a long time.

ところが、この貝は産地が非常に限定されていて、大陸周辺の海ではとれない。

However, the origin of this shellfish is very limited and cannot be taken in the sea around the continent.

一番手近な所は沖縄である。

The closest place is Okinawa.

沖縄では、今ではこの貝を網を曳く時の鎮子に使っているが、むかし貨幣に使ったのは小さな宝貝であったろうと思う。

In Okinawa, this shellfish is now used as a chinko when rowing the net, but I think that it was a small treasure shell that was used for money.

海のすれすれぐらいに、珊瑚礁の上にこの宝貝がすんでいる。

The treasure shells live on the coral reef just as the sea passes.

夜、灯りをともして、すくい取るので、たいへん面倒だが、肉は美味しいものですと、島から来た人がいっていた。

There was a person who came from the island that the meat was delicious because it was scooped with light at night, but the meat was delicious.

 古い文献をみると、沖縄から絶えず何万、何十万という数の宝貝をシナに貢いでいることが記録されている。

古 い Looking at old literature, it is recorded that tens of thousands and hundreds of thousands of treasure shells from Okinawa are constantly contributing to China.

現に明代には、琉球から海※(宝貝)五百五十万個を貢進した旨が貢物目録に出ている。

In fact, in the Ming Dynasty, it has been recorded in the tribute list that it has contributed 500,000,000 seas * from the Ryukyus.

この貝の産地と、これを珍重した所とをくらべてみると、あるいは民族の移動、文化の伝播ということを考える上に、重要な手がかりになるのではないかと思う。

I think that it is an important clue when comparing the place where this shellfish is produced and the place where it is valued, or considering the movement of people and the propagation of culture.

 ドレスデンの博物館の子安貝は、今も私をこの研究に結びつけているのである。

The Koyasukai of the Dresden museum is still linking me to this research.

柳田家のこと

About the Yanagida family

両親の急逝

Parents suddenly

 私は高等学校から大学に移る前年に、相次いで両親を失った。

I lost my parents one year after another when I moved from high school to university.

 又従兄弟の中川恭次郎から、「近いうちにお母さんが布佐から来られるそうだが、来れば私の所に泊るのがいちばん便利だから、宿をするつもりでいる」という話をきいて、お礼をいって間もなく、母が東京に出てきた。

Also, thank you from my cousin Shinjiro Nakagawa for saying, “My mom is likely to come from Fusa in the near future, but it is most convenient to stay at my place if I come.” Soon my mother came to Tokyo.

二週間ばかり厄介になっていたであろうか、突然中川の家で卒中になって倒れてしまった。

It would have been awkward for two weeks, but suddenly I got a stroke at Nakagawa's house and fell down.

布佐の田舎から父も長兄も出てきたが、直ぐにどうということはなかった。

My father and elder brother came out from the countryside of Fusa, but nothing happened immediately.

しかし出先で倒れたので、田舎へどうして連れてゆくか、皆が非常に心を痛めた。

However, because I fell down on the road, everyone was very distressed about how to take me to the countryside.

私も中川の家に行って看病していた。

I also went to Nakagawa's house and nursed.

 とうとう具体策として、高瀬舟を一艘借りよせ、浜町河岸まで持ってきておいた。

Finally, as a concrete measure, I borrowed Takase Funato and brought it to the bank of Hamacho.

病体をそこまで戸板にのせて運んでゆき、そっと舟に移して、私どもみながいっしょにのって、二日がかりで利根川をまわって布佐へ連れて帰った。

We carried the illness on the door board there, moved it to the boat, and we all took it together and took the Tone River for two days and brought it back to Fusa.

それから半月か二十日してからと思う、母はとうとう亡くなった。

Then, half a month or twenty days later, my mother finally passed away.

明治二十九年の七月八日のことで、年は五十七歳であった。

On July 8th of 19th year of Meiji, the year was 57 years old.

みな看病疲れでへとへとになったが、誰よりも第一に父がまいってしまった。

Everyone became tired from nursing, but first of all, my father was gone.