文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(3397-3422)/5348

 碑文の文字はたしか飯田藩出身の、大審院の書記をしていた人が書いてくれたと思う。

I think that the letter of the inscription was written by a person who was a clerk of the Grand Court, who came from Satoshi Iida.

慈恩寺の碑文

Inscription of Cion Temple

 私はもう一つ碑文を書いたことがある。

I have written another inscription.

いまは埼玉県の岩槻市に編入されたが、慈恩寺という村があった。

It has now been incorporated into Iwatsuki City, Saitama Prefecture, but there was a village called Jionji.

昔の寺領で、同じ名の慈恩寺と呼ぶ天台宗の寺があった。

There was a Tendai Buddhist temple called Jionji of the same name in the old temple territory.

この寺には後年本願寺の大谷光瑞さんの秘書をしていた水野梅暁氏も厄介になっていたことがある。

Mr. Umezo Mizuno, who was secretary of Kozui Otani of Honganji at a later date, had trouble with this temple.

その関係からか、シナの南京で発掘された玄奘三蔵の遺骨の一部がここに安置されている。

Because of that relationship, part of the remains of Genzo Sanzo excavated in Nanjing, China, are enshrined here.

梅暁氏は戦後あそこで亡くなった。

Mr. Umebuchi died there after the war.

そのお弟子にあたる筋の人が埼玉県には大分いた。

There was a person in Saitama Prefecture who was a disciple.

その慈恩寺の坊さんで、内務省の事務なども手伝っていた若いハイカラな坊さんで、始終私の所に来る人があった。

There was a young, hilarious boy who was a boy at Cion-ji and helped with the work of the Ministry of Home Affairs.

 慈恩寺という寺は、昔は周囲が原野ばかりで、徳川将軍が狩りに行った辺にあった。

In the past, the temple called Cion-ji was only around the wilderness, where Shogun Tokugawa went to hunt.

一村ことごとく寺内で、この中にどういうものか小さな神社がたくさんあった。

There was a lot of small shrines in this temple, and everything in the temple.

そしていちばん大事なお社は諏訪神社であった。

The most important company was Suwa Shrine.

そのうちあまり多いので、県の方で、合併整理して減らすという方針になり、その代りに慈恩寺の境内に由緒を書いた石碑をたてることになった。

Since there were so many of them, the prefecture decided to reduce the number of mergers, and instead decided to build a monument that wrote the history on the grounds of Cion-ji.

 いつも宅へ来ていた若い和尚さんの口添えで、村の人たちが共同して、私にその碑文を書いてくれと頼みに来、とうとう引受けることになった。

The villagers collaborated and asked me to write the inscription with the mouth of the young Kazuhisa, who was always at home.

私としては「心が安まるように、満足ができるように」といった心持と、文章というものは目的を達しさえすればそれでいいのだというような気持とが自然にあって、仮名混りのだれにでも読める文章を作った。

For me, there is a natural feeling of "so that you can feel at ease, and that you can be satisfied" and a feeling that texts only need to achieve their purpose, and it is a mixture of kana I made a text that anyone can read.

なるべく新聞のような口調で、ハイカラな文章であったが、内容は堂々たる政治論であった。

Although it was a newspaper-like tone as much as possible, it was a high-pitched sentence, but the content was a dignified political theory.

つまり昔の政治的、学問的な問題を扱い、将軍家の狩りに来た原野のことなどにも触れたように思う。

In other words, I dealt with old political and academic issues, and touched on the wilderness that came to hunt the generals.

あのあたりは、書道の盛んな土地なので、県の女子師範学校の先生で一人大変よく書く人があり、その人に字を書いてもらった。

Since that area is a place where calligraphy is thriving, there was a very well-written teacher at the girls' normal school in the prefecture, and he wrote it.

建碑のときに私も招ばれて行ったが、かなり長い文章だったので、なかなか大きく、立派な石碑だった。

I was invited at the time of the monument, but it was quite a long and large monument.

寺から半丁ばかり手前に立っていたが、いまは諏訪神社の境内に移されているそうである。

He stood just half way from the temple, but now it has been moved to the precincts of Suwa Shrine.

 他の文章の中には、慰みに書いたり笑いながら書いたりしたものもあるが、親の喪に大祓いだけでは困ると思って作ったノリトと、甥雄吉が亡くなったとき、皆の意見を阻んでも、その悲しみを表現しようとした、この二つの文章は、私の自然に書かずにはいられないものであった。

Some of the other texts were written in comfort or while laughing, but when Norito, who thought that it would be inconvenient if he only groaned by his parents, and Yukichi Tsuji passed away, These two sentences that tried to express their sadness even if they were blocked were indispensable for me to write naturally.

その他に別格の碑文がこの慈恩寺の石碑である。

Another special inscription is the stone monument of this temple.

 以下鎌田久子さんが現地で取ってくれた拓本によりその全文を掲げる。

The following is the full text by Takumoto that Hisako Kamada took on the spot.

    表慈恩寺區愛宕神社遷祀記

Oki Jionji Ehime Shrine History

此邑起立年久シト雖記録ニ據リテ之ヲ詳ニスルコト難シ獨リ産土ノ神諏訪明神愛宕明神其外ノ神々ノ鎭リ坐スアリテ神ナカラ往古ノ樣ヲ示シ給ヘリ伏テ惟ミレハ聖皇都ヲ關東ニ遷シ給ヒテヨリ惠ノ日益煦ニ慈ノ露愈沾ヒヌ道開ケ里榮エ父老ハ業ニ安シ子弟ハ學ニ就ク家トシテ昭代ノ澤ニ漏ルル者無キコト且ハ冥助ノ致ス所ニシテ深ク神徳ヲ仰クハカリ也唯憂フラクハ世ノ營ミ事繁ク人ノ心常ニ忙シクシテ四季ノ祭供時ニ厚薄アリ諸處ノ參拜或ハ之ヲ勞シトスル者アラムニハ神ヲ輕スルノ懼少カラサルカ故ニ明治四十三年十月十五日官ノ裁許ヲ得テ先ツ一地ヲ諏訪神境ノ内ニ相シ愛宕ノ御社ヲ此ニ遷シ奉ル愛宕ノ神ノ舊址ハ悉ク之ヲ常緑ノ林ト爲シ更ニ故ノ木ヲ伐リテ基金八百五拾圓ヲ得タリ表慈恩寺九十一戸ノ民同心シテ此業ヲ完成シ故老三城僖七郎厚澤貞司等主トシテ之ヲ勸進ス固ヨリ凡智ノ謀ル所偏ニ神慮ニ違ハサラムコトヲ希ヒ此財涓滴ノ微ニ過キスト雖積ミテ永久ノ用ニ供セムコトヲ期ス曾テ他意アルコト無シ後ノ人深ク思ヘ家聚リテ邑ヲ爲シ邑ハ又國ノ基タリ此國千萬歳ノ榮ハ言フモ更ナリ邑ト家トノ永續ハ誠ニ我々カ身ノ外ノ望ニシテ兼テ又祖先代々ノ切ナル願ナリキ昔始テ此武藏野ノ奧ニ來リ住ムヤ蘆荻谷ヲ塞キ荊棘徑ヲ埋ム僅ニ丘ノ片平ヲ伐拓キテ爰ニ耕作ノ便ヲ求メムトスレハ四境寂寥トシテ鳥獣蟲蛇ノ害絶エス神明ノ力ニ頼ルニ非スンハ誰カ安シテ子孫ノ計ヲ立ルコト得ヘカリシ諏訪ノ大神ハ山ノ幸ヲ施シ給ヒ愛宕ノ權現ハ火ノ災ヲ護リ給フ村民懇祷ノ誠ヲ抽ツルカ故ニ風雨宜キニ順ヒ五穀年ニ稔リ今ニ至ルマテ眷族ノ繁昌シ郷黨ノ和熟スルハ一ニ御蔭ニ因ラスト云フコト無シサレハ凡ソ此里ニ生レム者謹ミテ累世ノ神徳ヲ思ヒ祖先ノ恩ヲ忘ルルコト無ク必ス四時ノ祭ヲ重シ以テ一郷ノ洽厚クセハ庶幾クハ靈感幽應シテ永ク神國ノ恩澤ニ浴シ鼓腹撃壤ノ喜ハ盡クルトキ無カルヘシ

This is the history of the new year's record, and the details of the record are difficult to find. The capital city of the capital city, the capital of the capital, the daily life of the city, the local community of the city, the life of the elderly, the father of the father, the younger brother, the younger brother of the school, and the student who has not been exposed to the dead.冥 冥 神 仰 仰 深 深 仰 カ リ カ リ カ リ カ リ カ リ カ リ カ リ フ ラ カ リ フ ラ 唯 フ ラ フ ラ 唯 フ ラ 唯 唯 唯 時 時 時 時 時 時who Aramuniha Kamio輕 Suruno 懼少 Karasaruka Koni 1910 years October fifteenth day officer Bruno sanction wo Tokutesakitsu one place wo Suwa God Sakainouchi two phases were Atago Roh your O此Ni遷Shi worship Ehime no god no hachi no kino wo evergreen no mori no tetsu sushi seki no wo wo wo ti ti ri ti ti ti ri ti fund 185 圓 得 表 慈 慈 慈 慈 慈 慈 慈 慈 慈Old three Mr. Sadashi Atsawa, etc. If you don't want to be a person, you will not be able to access the homepage of your homepage. Noboru Nishite and ancestor generations Nori-Naru no Naru Naruki long-awaited tales of this field求 ム ム ム 境 境 シ シ 鳥 鳥 鳥 鳥 明 明 明 明 明 ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ カ リ カ リ 山 山 山-諏火 ノ 火 村 村 村 村 村 村 抽 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 風 五 風 風 五 五 五 火 火 火 火 火 火 火 火 火 火 火-村 和 和Tony Fukoto no Shisareha Boso Sosei Nisei Rem 謹 Mite Tosei no Toku no Otoshi no Ancestor Toshi no Ryu Koto No Necessary 4 o'clock Festival 重 重 郷 郷 郷 郷 セ セ 靈 靈シ 永 ク 神 浴 浴 浴 s