文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(3600-3637)/5348

菅沼のお婆さんは落着いて応対をし、「ああそりゃよかった。

Suganuma ’s grandmother settled down and responded, “Oh, that ’s good.

さあこちらへ入って一服して下さい」と座敷へ通して休ませておいて、正式に届け出た。

Please enter here and take a break. "

そして、その同じ日にそこで腹を切らせたのだが、この人の姪に当る安東の祖母は、「あんな偉いお婆さんはなかった」といって、大変ほめて話してくれたのである。

And I was hungry there on the same day, but Ando's grandmother, who was the man's nephew, told me very much, saying, “There was no such great grandfather”.

 私らは要するにそんな空気の中で育った人間で、昔の仇討時代とは違うが、過渡期のいろいろな矛盾だの撞着だのを体験して来たものである。

We are basically humans who grew up in such an atmosphere, and have experienced various contradictions in the transitional period, although they were different from the old days of debate.

交友録

Friendship

黒坂達三君のこと

About Tatsuzo Kurosaka

 和辻哲郎君と私との共通話題になる播州人が一人ある。

There is one Banshu person who is a common topic between Tetsuro Wada and me.

姫路の人、黒坂達三君のことである。

It is Himeji's person, Tatsuzo Kurosaka.

お父さんの黒坂淳三郎という人は、漢詩をやるので、私の父のいわばお弟子のようになっていた。

My father, Shinzaburo Kurosaka, was like a disciple of my father because he did Chinese poetry.

父が北条にいたころ、月に一ぺんぐらい、姫路から来て、詩を見てもらったり、話を聞いたりして帰って行った。

When my father was in Hojo, he came from Himeji about a month to see poetry and listen to stories.

私がもう東京で役人になってから、手紙をもたせて子供を二人よこした。

After I became an official in Tokyo, I gave a letter and gave me two children.

長男は軍人になって独立していたので、次男と三男をよこしたらしい。

The eldest son became a soldier and became independent, so he seems to have sent his second son and third son.

 次男の方は近年亡くなったそうだが、ドイツ文学をやり、高等学校の先生になり、鹿児島の造士館にずいぶん長く勤めていた。

The second son died in recent years, but he did German literature, became a high school teacher, and worked for a long time at the architect building in Kagoshima.

三男の方が、この黒坂達三で、私の旧い日記に非常によく出てくる。

The third son, Kurosaka Tatsuzo, appears very often in my old diary.

次男が、どちらかというと、実際的で、実直だったのに比べて、達三は無口で、どこか違った所があった。

Compared to the fact that the second son was more practical and honest, Tatsuzo was silent and had something different.

私が声をかけてやるので、たびたび私の所に来、後には自分の前途の相談までするようになった。

As I call out, I often came to me and later I started to talk about my future.

和辻君とは早くからつき合っていたらしく、文学ものを非常によく読んでいた。

I seemed to have been with Mr. Wada from an early stage and read literature very well.

二十三、四のころだったと思う、外交官試験をうけて失敗し、少し失望しているころの達三を、東大の文学部の助手の人が連れて来た。

An assistant from the University of Tokyo's literary department brought Tatsuzo when he failed in the diplomatic examination and was a little disappointed.

そして「先生、一つ小言をいって下さいませんか」という。

And "Teacher, please give me a idiot."

「どういう訳だ」ときくと、「じつはあまりよくないことをしているんです」といったが、詳しいことがわからない。

Sometimes, “I ’m doing something that ’s not very good”, but I do n’t know the details.

普段はきちんとした身なりをしている黒坂が、その日は少し顔が汚れており、髪の毛も乱れていた。

Kurosaka, who is usually well-dressed, had a little dirty face that day, and his hair was also disturbed.

 わけは最近和辻君に聞いてはじめて判ったが、あの当時黒坂は自分の下宿先の娘と約束して、だましたような形になってしまったので、その娘さんが鎌倉の海に飛び込んだのだそうである。

The reason was the first time I heard from Mr. Kazuo, but at that time Kurosaka promised to be the daughter of his boarding house. That's right.

黒坂も同じ時かどうか知らないが、やはり海に飛び込んだが、この方は助かった。

I don't know if Kurosaka is also at the same time, but after all jumped into the sea, this person was saved.

助かったが、しかし新聞種になって非常に騒がれた。

I was saved, but it became a newspaper, and it made a lot of noise.

こんなことがあった時、文学部の人といっしょに私の所に来たのである。

When this happened, I came to my place with a person from the literature department.

事情をききだそうにも、黒坂はだまって俯向いているし、連れて来た人もはっきりしたことをいわないので、いいかげんにあしらって帰したが、それから一カ月足らずして黒坂が自殺したのであった。

Even though the situation was uncertain, Kurosaka was suddenly turned away, and the person who brought it in did not say anything clear, so he gave it back, but Kurosaka committed suicide in less than a month. It was.

 嫂さんから電話があって、私もびっくりして行って見た。

嫂 I got a phone call and I was surprised.

何でもその夜は家中がまだおきているのに、二階で寝ていた達三が降りて来て「ああ今日みたいに頭がさっぱりしたことはない。

Whatever the night, the whole house was still there, but Tatsuzo, who was sleeping on the second floor, came down and said, “Oh, I ’ve never had a refreshing head like today.

思ったことがこんなに出来たことはない」といって、また二階へ引返して行って、そのまま死んだのだそうである。

I haven't been able to do anything like this, "he said, he went back to the second floor and died.

つまり薬を飲んでおいてから階下に降り、それだけいってから死にに行ったのであった。

In other words, after taking medicine, I went downstairs and went to death after that.

 非常にはっきりしたいい男だった。

It was a very clear and nice guy.

それから間もなく追悼会を芝の青松寺で催し、二十人足らずの人が集まったが、その中に芦田均君がいたので聞くと、兄さんの方の友達だそうであった。

Soon after, a memorial party was held at Seisho-ji Temple in Shiba, and fewer than 20 people gathered. Hitoshi Hamada was there, and when I heard it, he was a friend of his brother.

兄は芦田君、弟は二年下で和辻君の友達だったらしい。

My brother was Tomita-kun, and my brother was a friend of Wada-kun two years later.

死ななくてもよかったと思うのに、打ちしおれていた時に、引止める力がいかにも足りなかったのが、残念であった。

It was a pity that I thought I didn't have to die, but when I was beaten up, there wasn't enough power to hold it.

 同じ播州の出身で、個人主義で周囲に非常な影響を及ぼしていた魚住影雄の影響もあって、懐疑的になっていたのかも知れない。

It may have been skeptical, partly due to the influence of Kageo Uozumi, who was born in the same Banshu and had a great influence on the surroundings with individualism.

兄は昔風の気持でいたのに、達三はちょっと新しくなりかけていた時代で、迷うことも多かったのかも知れない。

My brother was feeling old, but Tatsuzo may have been confused when he was just getting new.

さっぱりとしたいい男だったのに、惜しいことであった。

Even though he was a nice and refreshing man, it was regrettable.

 ついでながら、魚住君はたしか飾磨かもう少し東の方の出身であった。

Incidentally, Mr. Uozumi was originally from Kazuma or a little more east.