文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(3866-3901)/5348

何でも彼でも日本のものでありさえすればやるというアメリカの風も感心しないし、ロシアみたいに日本のアラ探しだけやっておられても困るから、外国人で日本のことを調べに来る人があったら、本当に親切にして、こちらでもこういう問題をやってもらいたいというところまで引張ってゆくようにしなければいけない。

I'm not impressed with the American wind that he can do anything if he is Japanese, and there is a foreigner who comes to find out about Japan because he's in trouble just looking for Japanese arab like Russia. If there is, you have to be very kind and pull it to the point where you want to have these problems done.

露人ネフスキーのこと

About Russian Nevsky

 私は少し旋毛曲りなので、外国人が訪ねて来ても、本当に日本のことが知りたくて来る人にだけ親しくすることにしていた。

I am a bit of a bend, so even if a foreigner visits, I decided to get close to only those who really want to know about Japan.

だから人数は少ないが、交際が非常に細やかで、かつ長くつき合うことが多かった。

So the number of people was small, but the dating was very detailed and often associated with each other for a long time.

私の貴族院官舎時代に、ほとんど一日おきにやって来ていたネフスキーなどは、その主な一人である。

Nevsky, who came almost every other day during my aristocracy, was one of them.

この人は日本の学問のためにいろいろつくしてくれたから、どうしてもここに追憶してやりたいと思う。

This person has made a lot for Japanese studies, so I definitely want to remember it here.

 帝政ロシアから日本に来て、学校の先生をしながら民俗学の研究につとめ、北海道で日本の女性と結婚し、革命後騙されて労農ロシアに帰り、夫婦とも酷い最期を遂げたのであった。

I came to Japan from Tsarist Russia, worked as a school teacher, studied folklore, married a Japanese woman in Hokkaido, relapsed after the revolution, returned to Russia, and the couple had a terrible end. .

じつに気の毒な学者といわなければならない。

I must say that I'm really sorry.

 一八九二年(明治二十五年)ペテルブルグ近くの中産の家に生れ、お祖母さんに育てられたという。

It was said that he was born in a middle-aged house near Petersburg in 1892 (Meiji 25) and was raised by his grandmother.

明治初年から向うへ行って帰らなかった日本人から、日本語を習い、学生中に修学旅行で日本に来て、二カ月ほど国文学を研究している。

From the first year of the Meiji era, I learned Japanese from a Japanese who didn't go back and studied Japanese literature for about two months.

長崎に着いて、その日本人の先生に教わった言葉を使ったところ、町の人に通じなくて、皆きょとんとして返事をしなかったとか。

When I arrived in Nagasaki and used the words that the Japanese teacher taught me, they didn't communicate with the people in the town and everyone didn't respond.

あの時は情なかったと後で私らに話をしていた。

He told us later that he was sorry.

 日本に官費留学生として渡ってきたのは一九一五年で、労農革命より三年近くも前のことである。

It was 1915 that I came to Japan as a government-sponsored student, nearly three years before the labor-agricultural revolution.

私はその前年の大正三年に貴族院の書記官長になっていた。

I was the secretary general of the Aristocracy in the third year of Taisho.

はじめに私に紹介したのは折口信夫君と中山太郎君であった。

First introduced to me were Nobuo Origuchi and Taro Nakayama.

珍しいロシア人が来ておりますよというので、いつか連れて来ないかということになり、それからいつでも三人連れで来た。

An unusual Russian came, so it was decided that I would not bring it someday, and then I always came with three people.

ただ喋っていてもと思い、輪講でもしようと私がいい出したところ、偉いロシア人で、風土記をやりたいという。

I thought he was just talking, and even when he was going to give a lecture, he was a great Russian and wanted to write a climate record.

たしか『風土記逸文』をやったおぼえがある。

There is certainly a reminder of "Fudoki Yonbun".

輪講といっても、自宅で読んで判らない所に印をつけてもって来る。

Even if it is called a wheeled class, it will come to mark places you do not understand when you read it at home.

そしてここはこう思いますが、どうですかというような質問をした。

And here is what I think, but I asked a question.

月に二度くらい三人で来て、大分ながい間続けた。

Three people came twice a month and continued for a long time.

そのうちロシア革命のために国からの送金が停止されて、どうしても生活できないので、はじめは明露壱商会などにつとめたが、運よく小樽高商の露語教師になることができた。

At that time, the remittance from the country was stopped due to the Russian Revolution, so I couldn't live by any means, so I first worked at the Meiryo Shokai, but I was lucky enough to become a Russian language teacher at Otaru Takasho.

大正八年のことである。

It is the Taisho Eight years.

 この小樽時代に増毛の網元の娘と正式に結婚した。

】 In this Otaru era, I officially married Amimoto's daughter with thickening hair.

小樽に二年あまり、三年近くいて、大阪の外国語学校へ行った。

I have been in Otaru for almost two years and three years and went to a foreign language school in Osaka.

そしてやはり三年近くいて、大正十二年ごろは京都大学の講師も兼務したことがある。

And it was almost three years, and he was also a lecturer at Kyoto University around the Taisho period.

地位が不安なので、細君にも楽をさせたいと思って、何とかしてロシアに帰って正式の地位を得ようと希望した。

I was worried about my position, so I wanted to make Hoso-kun feel comfortable, and somehow I wanted to go back to Russia and get a formal position.

革命も静かになったので、もう大丈夫だろうから、帰ってもよかろうといわれて帰国したが、何分にも帝政時代に日本へ来て、ロシア革命を遠くから見ているだけで、判らないのも無理はない。

Since the revolution became quieter, it was already okay, so I returned home saying that I could go home. There is no reason not to be.

不安は抱きながら夫婦して帰国したが、行ってしばらくはよかったが、間もなく二人とも牢死してしまった。

I got married and returned home with anxiety, but it was good for a while, but soon they both died.

 最近、石田英一郎君がカリフォルニアで、ロシア人で同じ考古学とか民族学とかを学問している人間に出会った時、ネフスキーのことをきくと、非常に詳しく知っていたとか。

Recently, when Eichiro Ishida met a Russian person who was studying the same archeology or ethnology in California, he knew very much about Nevsky.

それによると細君が大分先に死に、彼が日本へ出す手紙はみな遮断されてしまったとかいう話であった。

According to it, Hoso-kun died a long time ago, and all the letters he sent to Japan were blocked.

ネフスキーの功績

Nevsky achievements

 ネフスキーが日本のためにつくしてくれた仕事は大きくわけて三つあった。

There were three main tasks that Nevsky did for Japan.

あるいは学問のために働いてくれた功績といった方がいいかも知れない。

Or you might want to say that you have worked for academic purposes.

 第一はオシラサマの研究である。

The first is research on Oshirasama.

そのころの私は旅行が自由でなかったが、彼は自分で北海道の任地から、東京へ出て来る往復にしらべて、各地におけるオシラサマの信仰について、慣習の違いがあるということをしらせてくれた。

I wasn't free to travel at that time, but he told me that there was a difference in customs regarding Oshirasama's beliefs in various places, looking back and forth from Tokyo to Tokyo. gave.