文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(3995-4037)/5348

本を作る(ブック・メイキング)意欲は、私には非常に古くからあった。

My desire to make books (book making) has been very old for me.

前に書いた、子供のころの『竹馬余事』は、私の本を作る事業の最初である。

My earlier childhood story called “Takuba Yojo” is the first of my book-making projects.

詩も歌もあるが、「大和尚伝」などという文章もあった。

There are poems and songs, but there were also sentences such as “Daiwa Yamato”.

七十年前の辻川のことである。

It's about Yodo River 70 years ago.

村に酔っ払いの堕落僧がいて、いつも怖い顔をして村人の家に入り込んできた。

There was a drunk fallen monk in the village and always entered the villager's house with a scary face.

そして酒ばかりねだって、村のもてあまし者になっていた。

And all the sake was a toy in the village.

その乞食坊主のことを書いたものである。

I wrote about the beggar.

村でもただ「大和尚」と呼んで、名前はいわなかった。

In the village, I just called “Yamato Nao” and did n’t name it.

その他にも、人を笑わせるような文章が、少なからずこの『竹馬余事』におさめられている。

In addition, there are not a few sentences that make people laugh, but they are included in this “Takeba Yozo”.

それから大分間をおいてからではあったが、いろいろな出版をやってみた。

Then, after a long time, I tried various publications.

自分でも書き、他人にも書かせて、本を次々に出した。

I wrote it myself, let others write, and published books one after another.

いちばん永続したし、また根底の出来たのは「炉辺叢書」である。

It was the most lasting and the root of it was the "Furnace Series".

しかしその前に「甲寅叢書」というのを出版している。

However, before that, he published a book “Kai Monosho”.

甲寅というのは大正三年の干支で、予定目録には大いに本の名を並べたが、実際には六冊しか出さなかった。

The armor was the zodiac of the Taisho 3rd year, and the names of the books were arranged in the schedule catalog, but only six books were actually published.

 そのころ私はひそかに出版界の状況を心配して、書物の良いか悪いかということが、売れるか売れないかで決まるのはいけないと思うようになっていた。

At that time, I secretly worried about the situation in the publishing world, and came to think that whether a book was good or bad could not be determined by whether it sold or not.

一つには新聞が広告で経営するようになってから、新聞の広告した書物にいい批評をしてやったりする習慣が出来た。

For one thing, since the newspapers began to run with advertisements, it became a habit to make good reviews of the books advertised in the newspapers.

そして新聞が少し落着いて紹介すると、それが大きな指導標になる。

And when the newspaper is calm and introduced, it becomes a big guide mark.

そんな批評などを無視して書物を作らなければならないというのが、そのころの私の意見であった。

It was my opinion at that time that books had to be made ignoring such criticism.

私のこういう考え方を知った西園寺八郎が、懇意にしていた鹿児島出身の実業家赤星鉄馬に話したのだった。

Hachiro Saionji, who knew my way of thinking, talked to Akahoshi Tetsuma, a Kagoshima-born businessman who had been engaged.

たしか明治四十二、三年ごろだったと思う。

I think it was about Meiji 42 or 3 years.

私も宮内書記官を兼ねていたので、西園寺とつき合いがあったのが、きっかけとなったわけである。

I was also a clerk at Miyauchi, so I got involved with Saionji.

赤星は啓明会に基金を出した人で、何か文化的な仕事を助けたいと、かねがね考えていたらしいのである。

Akahoshi was the person who gave the fund to Keikeikai, and he seemed to have been thinking about helping some cultural work.

西園寺もただ取次ぎをしただけではなく、自分も三分の一だけ出し、後は赤星に出させて、黙って私の所へ三千円届けてくれた。

Saionji not only did the agency, but also gave me a third, and then let Akaboshi put it out and silently delivered me 3,000 yen.

そのころとしては大金だったから、私も大いに志を起して、これを活かしてつかおうという決心をした。

It was a lot of money at that time, so I decided to make a lot of motivation and use it.

 最初に、金田一京助君の『北蝦夷古謡遺篇』を五百部刷った。

First of all, I printed 500 copies of “Kitakyu Kosoku Hen” by Kazusuke Kaneda.

後篇が出ないでしまったが、珍本である。

Although the latter part has not come out, it is a rare book.

この叢書は、一巻五百部ずつ刷って、それが五百円くらいかかった。

This series was printed in a volume of 500 copies, which cost about 500 yen.

一部一円か一円二十銭ぐらいで売ったので、寄贈などを含めて三分の一損をするつもりでよかった。

I sold a part of it for about 1 yen or 20 yen, so I was glad to make a third loss including donations.

出版資金は西園寺と赤星の金で融通し、後は足りなくなれば私が心配するということでつづけていった。

The funds for publishing were interchanged with Saionji and Akaboshi's gold, and I continued to worry that I would be worried if there was not enough.

 この叢書を世の中に出した時、私は全力をあげて良い本をつくる努力をした。

When I published this series, I made my best efforts to make a good book.

私はもう貴族院の官舎に入っていたが、さすがに官舎を発行所にするわけには行かないので、市ヶ谷加賀町の親の家を発行所にして出した。

I was already in the palace of the Aristocratic House, but as expected I can't make the government office into an issuing office, so I decided to use Ichigaya Kagacho's parent's house as an issuing office.

 第二冊目は、たしか白井光太郎さんの『植物妖異考』上巻であった。

The second volume was the first volume of “Plant Fairy Thoughts” by Kotaro Shirai.

甲寅叢書

Kai series

「甲寅叢書」の第三冊目が私の河童の本すなわち『山島民譚集』である。

The third book of the Kai Kaisho is my Kappa book, “Yamashima Folk Collection”.

これはずっと後に再刊したが、最初はやはり五百部しか出さなかった。

This was republished a long time later, but only 500 copies were produced at first.

私としては次々と河童のものを発表するつもりでいたが、一冊であとがつづかなくなってしまった。

I was going to announce the kappa one after another, but I couldn't keep up with one book.

 第四冊目が香取秀真君の『日本鋳工史稿』であった。

The fourth book was Hidema Katori's “History of Japanese Foundry”.

全体に大きな著述だったが、「これを出してくれるならありがたいが……」というのを聞いて、まず関東の分だけを出したのが、この本である。

The book was a big book overall, but this book was the only one that was published in the Kanto region when I heard that “I would be grateful if this could be put out…”.

今もある現物に基いて、その鋳工の歴史を調べて行こうというのだから、新しいことから初めて古い歴史に溯ったもので、あの時分としては可なりよく調べてあった。

Since I was going to investigate the history of the founder based on the actual thing, I was new to the old history for the first time.

著者は無論あれから大いに進んだであろうが、それはそれとして有益な内容をもっていた。

Of course, the author would have made great progress since then, but it had useful content.

 第五冊目は金田一君より少し古い文学士の斎藤励君の『王朝時代の陰陽道』であった。

The fifth book was "Yin Dynasty during the Dynasty" by Toshi Saito, a literary student slightly older than Kazutaka Kaneda.

著者は明治の英語学者斎藤祥三郎の長男で、その弟が、後に駐米大使として客死した斎藤博である。

The author is the eldest son of Shozaburo Saito, an English scholar of Meiji, and his younger brother was Hiroshi Saito, who later died as an ambassador to the United States.

類のない篤学者で、貴重な研究をしていたのに、勉強がすぎて惜しいことに早死してしまった。

Although he was a rare scholar, he was doing valuable research, but he died prematurely because he was too studying.