文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4038-4073)/5348

 第六冊目は『植物妖異考』の下巻であった。

The sixth volume was the second volume of “Plant Specter”.

それから、巻末の予告が大したもので、偉い連中が名を連ねていた。

Then, the notice at the end of the book was a big one, and the great guys had their names.

地方からの注文や月定めの購読者も出てきたが、その中に、私がそれからの長い年月、いっしょに仕事をした諸君が大分入っていた。

There were also local orders and monthly subscribers, among them many of you who worked with me for many years to come.

つまり「甲寅叢書」というものよりも、一つのグループが作られるようになっていたのである。

In other words, a group was created rather than the “Armor Series”.

 購読者の中には、まだ学生時代の芥川竜之介もいた。

Some of the subscribers were still Ryunosuke Ayukawa who was still a student.

後に世間で芥川の名を見るようになった時、「どこかで会ったことのある名前だが」と思ったりしたが、実は「甲寅叢書」の熱心な読者の一人であった。

Later, when I started to see the name of Yodogawa in the world, I thought, “It's a name I met somewhere,” but in fact, it was one of the enthusiastic readers of “Kai Kaisho”.

ずっと後のことであるが、有名な『河童』という小説は、私の本を読んでから河童のことが書いてみたくなったので、他に種本はないということを彼自身いっていた。

A long time ago, the famous novel “Kappa” read that I wanted to write about Kappa after reading my book, and he said that there was no other kind of book.

 芥川にはじめて会ったのは、彼がもう一人前になり、大分偉くなってからであった。

The first time I met Minatogawa was after he became another and became great.

ある時長崎の図書館に行って、あそこにある古い資料を見ていると、今日東京から本を見に来ている人があると館長がいう。

One day, when I went to a library in Nagasaki and looked at the old materials there, the director says there are people coming to see books from Tokyo today.

誰だろうと思いつつ、書庫に入ってゆくと、向うから二人連れで、ひょろひょろと背の高いのと、背の低いのとがやって来た。

When I entered the library, I was wondering who I was, and from the other side, I came with a couple of people who came tall and short.

「あの人です」と館長が囁くので、お辞儀をしたのが初対面であった。

The director asked, “That person,” so it was the first time that he bowed.

非常に懐しく思って、「あなたは甲寅叢書の読者でしたね」というと、「ええあれは拝見しております」といっていた。

I was very nostalgic and said, “You were a reader of the Kai series,” “Yes, I see you”.

 連れの人は菊池寛であった。

The accompanying person was Hiroshi Kikuchi.

この二人連れは背の高いのと横に平たいので、そのころ浅草の十二階とその横にあったパノラマにたとえて、「パノラマと凌雲閣」とよくいわれていた。

These two people were tall and flat, so it was often referred to as “Panorama and Ryounkaku” compared to the twelve floors of Asakusa and the panorama next to it.

長崎の物持の好事家で永見徳太郎という人の所に泊っているということであった。

He was staying at a person named Tokutaro Nagami, a favorite lover of Nagasaki.

 それっきり、手紙を貰うことはあっても、会う機会はなかった。

Even if I received a letter, I never had a chance to meet.

ところが昭和二年であったか、芥川が亡くなるちょっと前に、菊池寛が星ヶ岡茶寮に招んでくれたことがある。

However, it was in Showa 2 or just before Yodogawa died, Hiroshi Kikuchi had invited me to the Hoshigaoka Saryo.

その時に芥川も来ていて、菊池が命令的に「おい芥川君、君、柳田さんを送れ」といったので、二人で話をしながら帰った。

At that time, Sasakawa also came, and Kikuchi ordered to send "Oi Sasakawa-kun, you and Yanagida-san", so they went home talking together.

二人が「小学生全集」を出している時だったから、「どうして君、あんなものに手を突っ込んだの」ときくと、「ええあれは菊池君ですよ。

Because it was when they were putting out the "elementary school complete works", when "Why did you put your hand into such a thing", "Yes, that is Kikuchi-kun."

あの人は強い人で、何でも私にさせるんです」というような、少し泣き言じみたことをいって別れたが、それから間もなくの自決であった。

He said he was a strong person and would let me do anything, ”he said.

 私にはもう一人「河童」のお弟子がある。

I have another “Kappa” apprentice.

それは泉鏡花君で、泉、芥川の両君は私のよい河童のお弟子だといって、いつも笑うことであった。

That was Izumi Kyoka, and Izumi and Sasakawa were always apprentices of my good kappa and always laughed.

牛久沼の小川芋銭君はまったく独自の河童研究で、文通はしたが、とうとう会わずにしまった。

Ushikunuma's Mr. Ogawa Kusunoki had an original study of kappa, but he had correspondence, but finally he didn't meet.

郷土研究会

Hometown Study Group

 明治四十三年の秋ごろ、新渡戸稲造博士を中心に郷土会を創立したが、その定例会員は石黒忠篤、木村修三、正木助次郎、小野武夫、小田内通敏、牧口常三郎などという人たちであった。

Around the fall of Meiji 43, a local community association was founded mainly by Dr. Inazo Nitobe, whose regular members were Tadashi Ishiguro, Shuzo Kimura, Shujiro Masaki, Takeo Ono, Michitoshi Odauchi, and Tsunezabu Makiguchi. there were.

そのときのことは、私が筆記した「郷土会記録」にまとめられている。

That time is summarized in the “local record” written by me.

石黒忠篤君は、今では政治家になってしまったが、もとは本当のわれわれの仲間であった。

Ishiguro Tadashi has now become a politician, but was originally a true companion.

大学にいるころから、私どものやっているものを読んでかぶれていたらしい。

From the time I was in university, it seemed that I had been reading something I was doing.

「郷土会」のもとになったのが、「郷土研究会」という集まりで、明治四十年か四十一年ごろ、私の家で始めたものである。

The “local community” was the origin of the “local community study group”, which started in my house around the Meiji 40 and 41 years.

そこへ新渡戸博士が西洋から帰って来られたので、後には新渡戸先生のお宅に伺うようになったが、中心はやはり「郷土研究会」からの連中であった。

Dr. Nitobe came back from the west, and later came to visit Mr. Nitobe's house, but the center was still from the “local study group”.

話題のもとは会員各自の旅行の報告で、いちばん熱心だったのは早稲田大学の小田内通敏君であった。

The topic was reported by each member's travel report, and the most enthusiastic was Mr. Michitoshi Odauchi of Waseda University.

小田内君を私に紹介したのは、やはり早稲田の人で、国木田独歩の友人とかきいている。

Mr. Odauchi was introduced to me by a person from Waseda who was talking to Doppo Kunikida's friend.

ことによると牧口君が連れて来たのかも知れない。

Perhaps Makiguchi-kun might have brought it.

小田内君の関係で一人、二人会員になった人があったが、とにかくそういう人たちが、全部新渡戸先生の方へ移ったのである。

There were people who became one or two members due to Mr. Odauchi's relationship, but all of those people moved to Mr. Nitobe.

新渡戸邸へ移ってから初めて加わったのは三宅驥一君であった。

It was Mr. Shinichi Miyake who joined for the first time since moving to the Nitobe residence.

那須皓君もそのころから来たが、この人はどちらかというと新渡戸先生の宗教的な方のお弟子だった。

Mr. Nasu also came from that time, but this person was rather a disciple of the religious one of Dr. Nitobe.