文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4137-4179)/5348

家内にひやかされたり、子供に不思議に思われたりしたのは、やはり私も弟どもと同じように、一つのことをやり出すと凝ってしまう癖があるからであろう。

The reason why I was taken care of by my family or mysteriously by my child was that I was like a younger brother, and I had a habit of trying to do one thing.

 一時は苗字に興味をもって、カードを作って分類したりしたものである。

At one time, I was interested in my last name and made cards and classified them.

そのうち馬鹿らしくなってやめたが、苗字のコレクションをすると非常にいろいろのことが分ってくる。

I ended up stupid, but when I did my last name collection, I learned a lot.

ある土地に固定して動かない苗字がある。

There is a last name that is fixed on a land and does not move.

例えば鮫島とか、伊集院とか、地名をそのまま名乗っているのは、当然その地名のある鹿児島ということが分る。

For example, the name of Kagoshima, Ishuin, or other place names is obviously Kagoshima.

ところが中村、小林、山田などいうのは、かえって起源が分らない。

However, Nakamura, Kobayashi, Yamada, etc. are rather unknown.

そのうち小林の方は、群馬県の方に小林という非常な豪族があったのが拡がったらしい。

One of them, Kobayashi, has expanded to have a very powerful group called Kobayashi in Gunma Prefecture.

渡辺というのも摂津の渡辺だろうと思う。

I think Watanabe is also Watanabe of Settsu.

長谷川というのも多い姓であるが、あれは越後の長谷川がいちばん元で、あの一族が遠方へひろがってゆく習慣があったと見てよい。

Hasegawa is also a surname, but it can be said that Hasegawa in Echigo was the most original, and that clan had a habit of spreading far away.

その点はっきりしているのは鈴木という一族である。

That is clearly the Suzuki family.

辻川で私の家の地面を買取ったりしたのは、鈴木という姓の家であった。

It was a family with the last name of Suzuki who bought the ground of my house in Yodogawa.

辻川で松岡の次に多いのも鈴木であった。

Suzuki was the second most common in Matsukawa after Matsuoka.

昔あった職員録などを繰ると、東北から九州までいちばん多いのが鈴木であった。

According to the staff records that existed in the past, Suzuki was the most numerous from Tohoku to Kyushu.

 鈴木姓は多く重の名乗りをつけるが、旗本の中にもある。

“Suzuki surnames often have heavy names, but they are also in the flag book.

「春は花咲く青山へんに、鈴木|主水という武士が……」などという有名なのがあり、紋所はみんな「稲の丸」である。

There are famous things such as “Summer in Aoyama, where flowers bloom in spring, and the samurai of the main water ...”, and all the monasteries are “Inamaru”.

穂積氏も鈴木一家で、陳重先生も若い頃は鈴木といっておられた時期があった。

Mr. Hozumi was also a member of the Suzuki family and Mr. Chen Shige was also referred to as Suzuki when he was young.

仙台の方にもご親類があって、鈴木男爵といって伊達家の家臣であった。

Sendai also had a relative, and Baron Suzuki was a vassal of the Date family.

先生の方は宇和島の伊達家に仕えられた家である。

The teacher is a house served by the Date family in Uwajima.

 美作の山の中にも他とかけ距った鈴木姓があって、外へ出ないでじいっとしていた。

There was a surname Suzuki in the mountain of Mimasaka, who was far away from others, so he didn't go outside.

いつか三百年祭か五百年祭かの先祖祭をするというので、当時岡山にいた井上の兄に、「祝の歌」を詠んでくれといってきたことがあった。

One day I was going to have an ancestor festival of the 300th or the 500th anniversary, and I had asked my brother Inoue, who was in Okayama, to memorize a song for the celebration.

兄の歌は、

My brother ’s song

なかなかに世に離れしや花すすき末開くべき基なりけむ

It's quite easy to get away from the world and open up the flowers.

 基だったかしるしだったか、はっきりしないが、美作あたりに行って詠めば、非常にいい歌だったのであろう。

It wasn't clear whether it was the basis or not, but if I went to a beautiful work and gave it up, it would have been a very good song.

ところが、到る所にこういう飛び離れた鈴木がいて、前にもふれたが、それがもとはみな紀州から出たことが判った。

However, there was such a distant Suzuki everywhere, as I mentioned before, but it turned out that it all originated from Kishu.

辻川などは、氏神様の左寄りの林の中に、鈴木姓だけの墓地があったが、今はどうなったであろうか。

Sasakawa and others had a cemetery with only Suzuki surname in the forest on the left of Mr. God, but what happened now?

私は子供のころ、はじめて石碑の並んでいるのを見た時、ぞうっとして寒くなったのを憶えている。

I remember when I was a kid, when I first saw the stone monuments lined up, it suddenly got cold.

 鈴木というのは「鈴のなる木」ということで、つまり熟した稲のことだという話である。

“Suzuki” means “bell tree”, that is, a ripe rice.

地名の研究

Place name research

 次には、地名の研究をした。

Next, I researched place names.

これは苗字の基礎になるのだけれども、苗字よりも少し動かないもので、土地と離れないと思って手をつけた。

This is the foundation of the last name, but it is a little more moving than the last name and I thought that it would not leave the land.

まず二音節のものが旧かろうと思ってそれからはじめた。

I first thought that the two syllables were old, and then started.

三音節、四音節のは複合して出来たものと思ったからである。

This is because the three syllables and the four syllables were thought to be compounded.

地名の研究は、どうしても地理学と提携しなければ出来ないことである。

A place name study cannot be done without a partnership with geography.

近ごろやっと日本地名学研究所というのができて、本も出るようになった。

Recently, the Institute for Geo-geology of Japan was finally completed, and a book came out.

 最近、京都の大学の鏡味という人が、地名の研究を模範的にやろうとしている。

Recently, a person named Mirror taste at a university in Kyoto is trying to do an example of place name research.

西洋では割に進んでいるので、日本でもやれないはずはないというのである。

Since it has advanced in the West, it cannot be done in Japan.

日本でも、アイヌの地名は簡単な物の名前を二つずつくっつけたりして、読めばすぐに分るように出来ている。

Even in Japan, Ainu place names are made up of two simple names, so that you can see them right away.

文化が遅れたといわれるアイヌの所でさえあんなによく判るのに、内地が判らないはずはないと、学問的に研究し出したのであった。

Even in Ainu, where the culture was said to have been delayed, I learned so well that I couldn't understand the interior, even though it was so well understood.

 地名の研究は邨岡良弼(櫟斎)先生などが早く、吉田東伍さんなどは、その後であった。

The research on the place name was done by Prof. Ryogo Sasaoka (Sasai), etc., followed by Togo Yoshida and others.

探せば、明治以前にもあったかも知れない。

If you look for it, it may have existed before Meiji.

日本の文化史を、書いた物以外からやろうとすると、最初は苗字と地名とに手を着けることになる。

If you try to do Japanese cultural history from something other than what you wrote, you will start with your last name and place name.

 苗字は半分以上明治政府になって、役場あたりで、にわかにつけたのがあるから困るが、地名の方は昔からそんなに動かない。

□ More than half of the last name became the Meiji government, and I was troubled by the fact that I had a clue around the government office, but the place name has not moved so much from a long time ago.

起りがはっきりしているのと、何だか判らないというのがあるが、とにかく簡単には変らないものである。

There is a clear beginning, and I do not know what it is, but it does not change easily anyway.