文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4244-4281)/5348

木地師の葬法

Kiji's funeral

 明治四十四年、私は岐阜県にゆき、木地屋の話をききながら歩いたことがある。

In Meiji 44, I went to Gifu Prefecture and walked while talking about Kijiya.

郡上八幡に出て一泊した時、郡長が来て、私は警察上りで、木地屋の山荒しにさんざん閉口した苦い経験をもっているといいながら、こんな事件の話をしてくれた。

When I went to Gujo Hachiman and stayed overnight, the head of the county came and told me about the incident, saying that I had a bitter experience of closing up the mountain in Kijiya after going up the police.

 伊勢の宮川の下流で警察署長をしていた時に、ずっと上流のところで、アンペラのようなムシロに包んだ死骸が一つ出て来た。

When I was the chief of police at the downstream of Ise's Miyagawa, a carcass wrapped up in mushiro like an ampera appeared all the way upstream.

上手に絡めてしばってあり、そこに一つ小刀がさしてあった。

It was tightly entwined and there was one sword there.

なかなか紐が解けなくて、大変な犯罪事件ということになった。

It was hard to break the string and it was a serious crime.

ところが一人ごく老巧な警察官がいて、「ええ、こりゃ、あれじゃありませんよ、木地屋です」といったとか。

However, there was a very old police officer, and “Yeah, this is n’t that, Kijiya”.

何故分ったかというと、そこが面白い。

It ’s interesting to know why.

 木地屋の葬法は、普通とはちがって棺桶を使わないらしい。

It seems that the funeral of Kijiya is different from normal and does not use jars.

アンペラのように綺麗に編んだむしろで屍体を包み、上を幾重にも括り、その上にお守りにサスガ(小刀)を一本つけて置く。

Rather than knitting it cleanly like an ampera, wrap the box, tie it over several times, and put a sasuga (sword) on it as a talisman.

その小刀を見れば、木地屋かどうかということがすぐ判るのだという話であった。

It was a story that if you look at the sword, you can immediately tell if it is a Kijiya.

木地屋の小刀は刃のつき方が普通とちがっている。

Kijiya's swords are usually different in how they are bladed.

普通の人の使うのは、手に持って右の下に刃がついているのに、木地屋のは木材を刳りやすくするため、刃が左の下についているから、すぐ見分けがつくというのである。

An ordinary person uses a hand with a blade on the lower right side, but Kijiya makes it easy to recognize because the blade is on the lower left side to make the wood easier to beat.

珍しいことと思って聞いたわけである。

I heard that it was unusual.

この木地屋は、初めから轆轤だけで仕事しなければならぬ近江の君ヶ畑などではなく、同じ惟喬親王の子孫とは称するが、別の木地屋の残党で、杓子を拵えるのを主な職業としている者たちだった。

This Kijiya is not Omi's Kimigahata where you have to work alone from the beginning, but it is called the descendant of the same niece king, but the main profession to give lions in the remaining party of another Kijiya Who were

杓子を作る木地屋のことは『本朝国語』などにも確かに出ている。

The Kijiya that makes the lion is certainly found in "Honcho".

伊勢から南に出て行くにしたがって、轆轤をよけいに利用するようになるが、最初はやはり刃物で削っていた。

As I went south from Ise, I started to use the firewood to make good use of it.

それが杓子ではあまり値打がないというところで、お椀となった。

That's why I was not so good at Choshi.

あの合子という白木の器を造り始めるようになったのは、それから後のことで、時代ははっきりしないが、足利時代かと思う。

It was later that I began to make a white wood container called that Kiko, but the time is not clear, but I think it is Ashikaga.

 食器も朝廷だけは、何か特殊の技能者があって京都で作っていたが、普通の者は、掌の上で食べたり、木の葉に盛って食べたりしていた時代があった。

The tableware was made only in the Imperial Court in Kyoto with some special technicians, but there was a time when ordinary people ate on the palm or on the leaves.

合子が一般に使われるようになったのは、木地屋の力なのである。

It is the power of Kijiya that Kagoko has come to be used generally.

だから木地屋の存在は馬鹿にならないが、そのくらいの需要しかなかったらしい。

So the existence of Kijiya is not stupid, but it seems that there was only that much demand.

合子という言葉は、よく坊さんたちが白木の合子というから、禅の言葉ではなかったろうか。

Wasn't the word “Kago” a Zen word because the boys are often called “Kagoko Shiraki”?

足利時代には無論あったにちがいない。

It must have been obvious during the Ashikaga period.

塗物でなく白地のままだったから、一度使うと汚くなって、厭なものであったろう。

It was not a paint but a white background, so once used it would be dirty and cunning.

 但馬の養父郡のいちばん奥にある元の西谷村の奥の方の横行という部落などは、割箸ばかりを造っていると聞いたことがあるが、ここでも木地師とか、木地屋とかいう呼び名が残っているらしい。

I heard that the villages in the back of the original Nishiya village in the back of Yabu-gun in Tajima made only disposable chopsticks, but here the names of Koji and Kijiya remain. It seems to be.

昔はどこの家にもあったハンボウという、強飯を冷やしたり、餡ころ餅を作るのによく使うくりものの器も木地屋の作であるが、丹波や丹後の奥にゆくと、今でも使っている家があるとか、なつかしいことである。

In the past, hambos that were found in every house were used by Kojiya to cool strong rice and to make kokoro rice cakes, but if you go to the back of Tamba or Tango, you can still use them. It ’s nostalgic to have a house.

コケシ人形のこと

Kokeshi doll

 木地屋の作っているものの中、最も実際的で誰でも知っているコケシのことをとりあげてみよう。

Let's take a look at the most practical and well-known kokeshi dolls made by Kijiya.

 コケシというものは、今では全国到る所にあるが、そもそもの流行の中心は大阪であると私は思っている。

Kokeshi is now in the whole country, but I think Osaka is the center of the trend.

つまり大阪で収集の習慣がはじまって、それから全国へ拡がって行ったのではないかと思うのである。

In other words, I think that the custom of collection started in Osaka and then spread throughout the country.

明石に橘文策という人がいるが、画も描けるとかで、コケシ人形のデザインなどもやるように聞いている。

There is a man named Tachibana Bunzaku in Akashi, but he asks him to do the design of Kokeshi dolls because he can draw pictures.

この人たちがコケシ流行の中興の祖ではなかろうか。

Are these people the ancestors of the Kokeshi fashion?

本なども出しているそうである。

It seems that books are also available.

多分この橘君あたりの発起だろうが、コケシに「木形子」という字をあてることにした。

Perhaps this happened around Tachibana-kun, but I decided to put the word “Kigatako” on Kokeshi.

しばらくは通用していたのだが、このごろになって異議が出て来た。

Although it was valid for a while, objections came out these days.

秋田県あたりの若い研究家が、木地屋の研究とともにコケシのことを調べて、さまざまの解釈を下しているが、どれも、どうも納得できかねる。

Young researchers around Akita Prefecture have studied Kokeshi as well as Kikiya's research, and have made various interpretations.

福岡県にも一人、民俗学をやっている曾田君というお医者さんが、やはりコケシを収集しているとかきいている。

In Fukuoka Prefecture, a doctor who is doing folklore, Mr. Hamada, says that he still collects poppies.