文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4282-4321)/5348

 東京で子供の髪形でオカッパというのを、郷里の播州ではオケシというが、そのことを考えれば、コケシという言葉は、容易にわかると思う。

“Okappa is a child's hairstyle in Tokyo, and it is called“ Okeshi ”in the township of Banshu, and I think that the word“ Kokeshi ”is easy to understand.

われわれの子供の時分にいちばん安い小さな人形を「ケシ坊主」といったが、つまりこれである。

The cheapest little doll that we have in our childhood is called “Koshi Shaved”, that is, this.

オケシ人形とか、ケシ人形とか呼んでいたのが転じてコケシとなったわけで、別に荘重な起源があるわけではない。

What I called an Okeshi doll or a poppy doll turned into a Kokeshi, and it doesn't have a majestic origin.

小さなケシ人形という意味なのを、ケシという言葉を知らないで、コケシという一つの言葉と思ってしまったのだ。

I didn't know the word poppy, but I thought of it as a small poppy doll.

 オシャブリと東京でいう人形を、上方では舐り人形とか、ネブリッ児とかいっている。

Oshabri and dolls in Tokyo are called licked dolls and nebuli children above.

私らの子供のころは、一個一厘で一文菓子屋で売っていた。

When we were children, we sold one by one at a bun confectionery.

円い木片の一方に顔が描いてあった。

There was a face on one of the round pieces.

中には両方の端に顔のついているのもあって、白木をまるく削って滑らかにし、子供がしゃぶれるようになっていた。

Some of them had faces on both ends, so the shiraki was sharpened and smoothed out so that the children could suck.

つまりこれはゴムのおしゃぶりが出て来る前には、どこにでも見られた品である。

In other words, this was seen everywhere before the rubber pacifier came out.

それがコケシの起りだというと気に入らないかも知れないが、私は両方が同じ系統のものだと思っている。

You may not like it as a cause of moss, but I think both are of the same lineage.

 山の木地屋が木材も少なくなり、作品の販売も難しくなったので生活に困り、少しの材料で、どこへでも売りに出せるコケシのようなものを造り出すようになったのではないか。

The mountain timber shop has become less timber, making it harder to sell the work, making it difficult to live and creating something like a poppy that can be sold anywhere with a little material.

明治四十一年に福井県の山中を歩いた時、椀屋が昔通りの仕事ができなくなって、ケシ人形などを造るのに転じつつあったのを見聞きしたことを覚えている。

When I walked in the mountains of Fukui Prefecture in Meiji 41, I remember seeing and hearing that Ashiya was unable to work as usual and was turning to make poppy dolls.

 コケシの盛んになったのは、確かに大正年代であった。

It was certainly the Taisho era that Kokeshi flourished.

私がいちばん木地屋の問題に熱中していた明治の末から大正の初めごろは、まだそれほどでもなかった。

From the end of the Meiji era to the beginning of Taisho, when I was most enthusiastic about the problem of Kijiya, it was not so much.

いずれにしても、今日ほど盛んになったのは大阪の連中の力であろう。

In any case, what has become so popular today is the power of the people in Osaka.

 さて、ここで考えてみたいのは、お河童、あるいはケシ坊主のことである。

Now, what I want to think about here is the kappa or the poppy shaved.

頭の真中をどうしてあんなに剃らなければならないのか。

Why do I have to shave so much in the middle of my head?

それを剃るものだから、河童と間違えられるのであろう。

Because it shave it, it will be mistaken for kappa.

頭の真中を直径一寸くらいの丸い穴に剃るのだが、痛いものである。

I shave the center of my head in a round hole about one inch in diameter, but it hurts.

だから子供はみな「オケシはいや」といって泣き出す。

So every child starts crying, saying, “Okeshi no.”

後にはどういうものか、真中を剃らずに、女の児などもみな髪を伸ばしたまま下にさげるようになった。

Later, without any shaving in the middle, all the girl's children began to hang down with their hair extended.

それでもやはりお河童という。

Still, it is called kappa.

頭の真中に丸い水だまりがなければ、河童というのはおかしい。

If there is no round puddle in the middle of the head, kappa is strange.

昔の方が剃るのは痛かったが、出来上りを見ると、ずっと可愛らしく見えた。

It was painful to shave in the old days, but when it was completed, it looked pretty much.

 しかし、どうして頭の皿を剃らなければならなかったかということになると、どうも理由が分らない。

However, when it comes to why you had to shave your head dish, you just don't know why.

老人たちはのぼせないためなどと説明しているが。

The old people explain that they ca n’t go up.

それから日本髪に結っていた女の人も、カモジが頭の真中にあたるのでそこに大きな禿が出来る。

Then the woman who was tied to Japanese hair can make a big wrinkle because the camo is in the middle of her head.

見せないように工夫していたらしいが、この女性のカモジ禿げと小児のお河童頭と、何か関係があったのではなかろうか。

It seems to have been devised not to show it, but I wonder if there was a relationship between this woman's baldness and the child's kappa head.

河童考

Kappa

 この間漫画家の清水崑君に会ったとき、「清水君、君はよくないね。

During this time, when I met the manga artist Kei Shimizu, “Kimizu, you are not good.

白い女河童なんか描いて、河童をとうとうエロチックなものにしてしまって……。

I drew something like a white female kappa, and finally made the kappa erotic ...

河童には性別はないはずだよ」というと「いや議論をすると長くなりますから……」と逃げ口上で話を避けてしまった。

“Kappa should have no gender,” he said, “No, it would be long if we had a discussion…” he avoided talking on the escape.

 河童という言葉はもともと仮名でカワランベ、即ち川の子供ということなのだから、男女があってはおかしいのではないかと思う。

The word “kappa” is originally a pseudonym, Kawarambe, a river child, so I think it would be strange to have men and women.

しかし九州などには河童が婿入りをしたという話もあるが、大体において性の問題はないように思う。

However, there is a story about Kappa in Kyushu and other places, but I don't think there is a problem of sex.

 私の河童研究は非常に古く、明治四十一年九州へ行ったころから、二、三年位が絶頂であった。

My research on kappa is very old, and I have been at the height of about two or three years since I went to Kyushu in 1899.

今でも崑君なんかが利用している『水虎考略』、これは必ずしも珍しい本ではないが、「河童は支那にいわゆる水虎なり」という説からこの本が出来、写本も出ている。

Even now, Mr. Tsuji-kun is using the “Sui-Torai Concept”, which is not necessarily an unusual book, but this book is made from the theory that “Kappa is a so-called water tiger”.

その中に大変値打があると思う話も四つか五つある。

There are four or five stories that I think are very worthwhile.

麹町の外堀で見つけたのはこんなのだとか、どこそこのはこうだとか、みんな違った河童が描いてある。

Different kappa are drawn on the outer moat in Sakaimachi, such as this and where it is.

幕末に朝川善庵という学者があって、この人の本から引用しているものもある。

There is a scholar named Yoshiaki Asakawa at the end of the Edo period, and there is also a quote from this person's book.

頭がお河童で、背中に甲羅のある、まるで亀の子のようなものから、褌をしめて素裸になってつっ立っているものなど、五つくらいあったと思う。

I think there were about five things, from a kind of turtle puppy with a kappa head and a shell on the back, to something that was standing naked with a spear.