文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4322-4362)/5348

 後に内閣文庫を探していたら、同じ『水虎考略』といいながら四冊本になったのが見つかった。

Later, when I was looking for the Cabinet paperback, I found that it became the same book with the same “Mizutora Conspiracy”.

一冊はもとのそれを入れ、あとの三冊は九州の書生さんが、興に乗じて方々からの話を集めたもので、書翰体になっていた。

One book was put in the original one, and the other three books were written by Kyushu calligraphers who gathered stories from people on the occasion.

多くは九州の話だったが、それは面白い本であった。

Many were about Kyushu, but it was an interesting book.

九州のは群をなしていて、一匹で独立しているのではない。

Kyushu is a group, not alone.

極端な場合には、馬の足型だけの水溜りがあれば、千匹もいるなどという。

In extreme cases, if there is only a puddle of horses, there are thousands.

とにかく狭い所に群をなしているものらしい。

Anyway, it seems to be a group in a narrow place.

東北や関東では九州とは違って一匹ずつの話が多い。

In Tohoku and Kanto, unlike Kyushu, there are many stories one by one.

河童はこんなに種類は違いながら、名前はどこでも全部、童児、ワラワという言葉がついているのである。

Kappa is so different, but the names are everywhere, with the words “children, warawa”.

 私の郷里の方ではガタロウ(河太郎)とよぶが、この区域は存外広くない。

In my hometown, this area is called “Gatarou”, but this area is not very large.

大阪あたりでも通用しないことはないが、例の『東海道中膝栗毛』が出たころから、河太郎という名称に、差障りが出来たらしい。

There is nothing that can be done even around Osaka, but it seems that the name “Karotaro” has become a nuisance since the example “Tokaido Naka Knee Hair” came out.

大阪に河内屋太郎兵衛という豪奢な者が出て、通称河太郎といっていたので、それに気兼ねをしたため、ガタロウといいにくくなったものであろう。

A prodigious person named Kawachiya Taro Hyubei appeared in Osaka and was commonly known as Kawataro, so he wouldn't be good at it.

京都あたりでは何といっていたか、やはりガタロウといっていたのではないかと思う。

I wonder what I was talking about in Kyoto, but I was also talking about Gatarou.

明石のカワカムロ

Akashi Kawakami

 京都はガタロウで通用するとして、丹波の由良川あたりでは何というか。

◎ As Kyoto can be used as a gutter, what is it about the Yura River in Tamba?

中部地方では河童の系統でカワランベ、カラランベというのが多く、九州では少し発音を違えてガラッパ、またはカワッパ、カワトノなどと呼ぶ所が多い。

In the Chubu region, there are many kappa lines called Kawarambe and Kalarambe, and in Kyushu there are many places called “Garapa”, “Kawapa”, “Kawatono”, etc. with a slightly different pronunciation.

 面白いことに、東西の中間にエンコというのが入りまじっている。

Interestingly, there is an enko in the middle of east and west.

すなわち瀬戸内海の両側、山陰、山陽、四国ではエンコという所がある。

In other words, there are places called Enko in both sides of the Seto Inland Sea, Sanin, Sanyo, and Shikoku.

猿の字をあてているが、淵猴とも書くことがある。

The monkey character is used, but it is sometimes written as a spider.

 その他に、カワゴ(川子)という所がある。

In addition, there is a place called Kawago.

エンコを使わない所ではゴウゴとか、カワゴとかいって、これが大分多く行われている。

In places where you don't use an angel, this is often done, like Gogo or Kawago.

カワゴは河童と同じで、童が児になっただけの違いである。

Kawago is the same as Kappa, the only difference is that the child became a child.

今では川の字をあてたり、河の字を書いたりしているが、漢字の概念ではこれは解釈できないことである。

Now, the character of the river is applied and the character of the river is written, but this cannot be interpreted by the concept of kanji.

なぜなら日本ではカワというのは水汲み場、水使い場のことをいうのである。

Because in Japan, kawa means water draw-off and water use.

水の流れている所、どうどう流れている所ではない。

It's not where the water is flowing and how it is flowing.

今でも九州あたりでは、流れている筑後川などという方はカワラといい、水汲み場の方をカワとよんで区別している。

Even around Kyushu, the flowing Chikugo River is called Kawara, and the water drawing area is called Kawa.

沖縄あたりでは川がちっともないが、カワという言葉はあり、それは水使い場を指している。

There are no rivers around Okinawa, but there is the word “kawa”, which means a water basin.

 水使い場を意味するカワという言葉と、童子という言葉を結びつけた河童の名称が、全国に少しずつ違えて三十幾つかある。

三 There are thirty different names in the country that are slightly different from each other in the name of kappa, which combines the word “kawa”, which means “water use”, and the word “doji”.

関東地方の東部のようにカワガッパとはっきりいっている所もある。

There is a place that is clearly known as Kawagappa, as in the eastern part of the Kanto region.

つまり「水の童子」「水汲み場にあらわれる怪童」といった心持は、全部に共通し、非常にひろく行われているのである。

In other words, the feelings of “water children” and “mysterious children appearing in the water draw” are common to all, and are widely practiced.

 河童の名前の中で今も探している名前が一つある。

There is one name that I am still looking for among Kappa names.

神崎郡の名家で、川辺(神崎郡市川町)に近い屋形出身の、かつて京城大学教授をしていた内藤吉之助という人があった。

There was a person named Yoshinosuke Naito who was a famous professor in Kanzaki-gun and a former professor from Kawabata (Ichikawa-cho, Kanzaki-gun) who was once a professor at Keijo University.

この人のお父さんは久三郎といって、私を大変世話してくれた人であった。

This person's dad was named Kusaburo, and he was very kind to me.

その内藤教授がまだ東大の学生だったころ、「明石の河童は海にいるんです」と話したことがあった。

When Professor Naito was still a student at the University of Tokyo, he said, “Akashi no kappa is in the sea.”

何というのかきくと「カムロ、カワカムロといっています」ということだった。

The name was "Kamuro, Kawakami".

それ以来私は、明石の人にあうといつも聞いてみるが、今以て内藤君の話を裏書きする証拠をつかめずにいるのである。

Since then, I have always heard that I will meet Akashi people, but I still have no evidence to endorse Naito's story.

 なぜこの言葉に心をひかれるかというと、遠く離れた沖縄にあるのである。

[The reason why I am fascinated by this word is that it is located in a distant Okinawa.

沖縄では河童のことをカワカムロともインカムロともよんでいる。

In Okinawa, Kappa is called Kawakami and Imcamlo.

カムロというのは禿だから、頭を小さめにした毛髪の短い子供、切り髪にした童子にほかならない。

Kamuro is a puppy, so it is nothing but a child with short hair with a smaller head and a child with cut hair.

沖縄のカワは水汲み場のことであるから、水汲み場にいる子供という意味になる。

Since Okinawa's river is a water draw, it means a child in the water draw.

またインカムロのインというのはこちらの海ということだから、沖縄では海にも河童がいるということになる。

Incomro Inn is the sea here, so in Okinawa, there are kappa in the sea.

所によっては沖縄でもいろいろによぶが、童子と見ている点と、それから九州と同じように、たくさん集まっていたずらをするという点はよく似ているのである。

Depending on the place, there are various things in Okinawa, but the point that you see as a child is very similar to the fact that you do a lot of mischief like Kyushu.