文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4509-4540)/5348

催馬楽に有名な歌が残っている。

Famous songs remain in horse music.

みちのくち、武生の国府に我はありと、親には申したべ、心あひの風や、さきむだちや

Michinokuchi, Takefu Kunifu, I should tell my parents, the wind of my heart

 遊女の、私の生国は何処、などとよく使う感情であるが、いたって分りやすい歌である。

YUME's my country of origin is an emotion I often use, but it's a song that is easy to understand.

心あいの風よ、親にいってくれないか、私は越の国の武生の国府にいて難儀をしているから、お前があっちへ行くのなら親に報せてくれ

The wind of feelings, why don't you come to my parents? I'm having a hard time in Kunifu in Takefu, Koshikuni, so let me know if you go over there.

 この歌のあひの風はハ行になっているために、お前の心と私の心が合うという風に解釈されてきたが、やはりもとは饗の字に当るアエ・アイと同じ、たよりをもたらす意味だったのである。

The song's dawn wind has been interpreted as a way to match your heart with my heart, but it is also the same as Ae Ai, which is the character of the song, It meant to bring the news.

この風が吹けばうれしいことばかりで、一方では船が入って来る、砂浜にはいろいろの物が吹き寄せられて生活をうるおしてくれる、人々の喜ぶ風だった。

It was a joy to the people who would be happy if this wind blows, and on the other hand, a ship came in, and various things were blown into the sandy beach to make life easier.

 私も二十四歳の時、三河の伊良湖岬に一カ月あまり滞在して、風の吹いた翌朝など椰子の実や藻玉を拾ったことがある。

When I was 24 years old, I stayed at Cape Irago in Mikawa for a month and picked up coconuts and algae balls the next morning when the wind blew.

島崎藤村の長詩「椰子の実」は、その時の私の土産話を材料にして作ったものであることは前に話したが、あの辺から伊勢湾にかけては漂着物が大変に多いところである。

I mentioned before that Shimazaki Fujimura's long poem “Mikoshi no Nami” was made from my souvenir story at that time, but there are so many drifting objects from that area to Ise Bay. .

伊勢湾の突きあたりの愛知郡は旧くは年魚市潟といって、楊貴妃や徐福が漂着したと伝えられるほど、遠くから種々のものが流れついたのであった。

Aichi-gun, at the end of Ise Bay, was once known as the yearly fish city lagoon.

このアユも日本海側できくアユの風のアユと同じ意味であろうし、チは風のことで、つまりごちそうをもって来る風という意味であった。

This ayu would have the same meaning as the ayu of the ayu that can be found on the Sea of Japan side, and Ji means the wind, that is, the wind that brings a feast.

 このようにアイという言葉は日本海側だけでなく、太平洋海岸でも有名なアイチの名を残しているほどで、この風がなかったら日本の本当の文化は進まなかったのではなかろうかとさえ思われる。

In this way, the word Ai has left the name of the famous Aichi not only on the Sea of Japan side but also on the Pacific coast. .

昔は漂流物の拾得は、今よりはるかに大きな生産事業であったに違いない。

In the past, finding drifting must have been a much larger production business.

外国の学問を手本にとるといっても、海岸のない国の人間の考えていることを鵜のみにし、いっしょになって考えることは、海に住む国民として反省しなければならないことである。

Even if we take foreign studies as a model, it is necessary to reflect on what the human beings of the country without the coast think only and think together as a citizen living in the sea. .

海のロマンス

Sea romance

 日本の自然史を調べ、日本の国土の歴史を考えるとき、昔からこれを豊富にして来たものは、何よりも風と潮とであったことを、しみじみ感じる。

When studying the natural history of Japan and thinking about the history of Japan's land, I feel awkward that what has been abundant since long ago was wind and tide.

定期風が吹く。

Regular wind blows.

それ以外にも強いの、弱いのさまざまの風が海と陸とに吹きつける。

Besides that, various strong and weak winds blow to the sea and land.

潮流がたえず海岸を洗っている。

The tide is constantly washing the beach.

この国土は年百年中風と潮とによって鍛えられて来たわけである。

This land has been trained by wind and tide throughout the year.

 播磨灘を出て瀬戸内海を旅してみると、波打際まで木の生えている島などがあって、本当に昔がなつかしく偲ばれるのである。

When you leave Harima Pass and travel through the Seto Inland Sea, there are islands where trees grow up to the beach, and the old days are really nostalgic.

崖が崩れていれば崩れた際まで草木が青く茂っていて、もし何かのはずみで海に流れ出ると、そのまま流木となってしまい、しまいにはどこかに漂着する。

If the cliff collapses, the vegetation grows blue until it collapses, and if it flows into the sea with any momentum, it becomes a driftwood and eventually drifts somewhere.

流木といえば、紀州の沖でも、山形、秋田あたりの沖でも聞く話だが、何年かに一遍ぐるっと回って来る流木があるという。

Speaking of driftwood, I hear it off Kishu, off Yamagata, and Akita, but there are driftwood that circulates all year round.

年経てまわりに苔や藻が生え、それに小さな魚などがびっしりとついている。

Over the years, moss and algae grow around it, and small fish are closely attached to it.

小魚がついているためか、それをまた鰹などの大きな魚の群が後から後から追いかけている。

A large group of fish such as cormorants are chasing after it because of small fish.

何処にも漂着しないらしく、たしかにあの木にちがいないと思う流木を見かけるという話であるが、この話など、風と潮流の生んだ日本の海岸の一つのロマンスであろう。

It is a story about seeing driftwood that seems to be a tree that seems to have drifted nowhere, but this story is one of the romance of the Japanese coast where the wind and tide flowed.

 こういう風や潮流に関係深い日本の平民生活の歴史を書くには、どうしても本島だけでなく、小さな島々、例えば鹿児島と奄美大島との間にある川辺十島などの小さな島のことも調べてみなければならない。

In order to write the history of Japanese commoner life related to such winds and tides, it is necessary to investigate not only the main island but also small islands such as Kawabe Toshima between Kagoshima and Amami Oshima. There must be.

 島とは名ばかりの、何にも生えない所で、人々は朝起きると必ず一ぺん島の周囲を見てまわるという所がある。

The island is a place that is famous for nothing, and there is a place where people always look around the island when they get up in the morning.

親代々の一つの習性となって、朝毎に寄り物を探しているのである。

It is a habit of parents, and they are looking for a close-up every morning.

たまには椰子の実などの流れついたこともあるらしく、琉球などでも貴重なものになっている。

Occasionally it seems that the fruit of the eggplant has flowed, and it has become valuable even in Ryukyu.

よほど遠くから来るのであろうが、ずっと北の、津軽海峡に流れついたことも記録に残っている。

Although it will come from far away, it has been recorded that it has flowed into the Tsugaru Strait far north.

南の方では長崎県のある有名な漁港で、海底が浅くなって困ったことがある。

In the south, a famous fishing port in Nagasaki Prefecture has suffered from the shallow seabed.

よく調べてみると、どこからか珊瑚礁のかけらが潮で運ばれて来て、少しずつ溜って港を浅くしたことが解った。

A close examination revealed that some of the coral reefs were carried by the tide from somewhere and accumulated little by little to shallow the port.