文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4684-4718)/5348

狐信仰がいまなお見られるような、狐つきや犬神筋などという特定の家系を捏造したり、呪術者によって狐落しという民間修験が行われるようなことになったのは、信仰の衰退現象にもとづくだけではなく、この信仰を生活に利用した一部の人々の影響ではなかったか。

It was because of the decline in faith that the creation of specific families such as mochi and Inugami-suji, which are still seen in certain faiths, and private studies such as the fall by magicians were carried out. Wasn't it the influence of some people who used this faith in their lives, not just based on it?

 ところで、狐狩りはモグラ打ちと同様に狐が追放されるという形をとっているが、本来は年の初めにその年の豊凶を狐から聞くための歓待行事ではなかったかと思われる。

By the way, the spear hunting takes the form that the spear is expelled in the same way as a mole shot, but it seems that it was originally a hospitality event to hear the fertility of that year from the spear at the beginning of the year.

狐帰りと呼び、やや狐に対して好意的な態度をとる地域もある。

In some areas, it is called “going home” and has a slightly positive attitude toward heels.

その際の歌い文句は、

The singing phrase at that time is

狐の寿司は七桶ながら、八桶に足らぬとて狐狩りするよ。

Even though the sushi is sushi, we will hunt it if it is not enough.

狐を喰ったらうまかった。

It was delicious if I ate a candy.

まんだ歯ぐきに挟まっとる。

Take it between the gums.

といった風の半ば遊戯的で示威運動めいているが、また狐との長年の親しみの名残りを示している。

It is a playful and demonstrative movement in the middle of the wind, but also shows the remnants of long-time friendship with Sakai.

 辻川ではオロロ追いといい、単に理由もない行事として残っていた、オロロとは物を捜すときの掛声であろうが、子供らが群を作って、寒い夜更けの街道を村の外れまで「オロロやオロロ」と叫びながら歩くのであった。

In Yodogawa, it was called Ororo chasing, and it was left as an event for no reason. Ororo was a call to search for things, but children formed a group and walked along the cold night road to the end of the village. I was walking while screaming.

亥の子

Child

 年とった者は、ややもすれば何でも判ったつもりで、若い人や子供たちに臨みがちであるが、世の中には未解決の事柄がじつに多いのである。

Older people are more likely to understand anything and tend to face young people and children, but there are many unsolved things in the world.

いかにもつまらないことのように見えて、じつはそれをつきとめてゆけば、私どもの古い歴史や周囲民族とのつながりなどが判ってくることがある。

It looks like something boring, and if you find it, you may find out about our old history and the connection with the surrounding people.

未解決の問題が多いということは、将来のことを考えると、また楽しいことになる。

The fact that there are many unresolved issues is also fun when considering the future.

 私の子供のころ播州では亥の子という行事が盛んであった。

When I was a child, there were many events called Banoko in Banshu.

書物によると摂津豊能郡の能勢の妙見様の付近の、ある特定の家から、京都の宮廷へ旧十月亥の子の日にお餅をもってゆくのが、この日の行事のように書いてある。

According to the book, it is written as an event of this day that a certain house near the Nose Myo-sama in Seto Toyono-gun goes to the Imperial Court in Kyoto on the day of the Child of the Old October is there.

玄猪などともいうが、亥の日が猪かどうか判らないのに、京都の役人と能勢付近の誰かが話し合いをつけてそんなことをいい出したものと思うが、説明がつかないのである。

Although it is also called Gengen, I don't know if the day of Samurai is Samurai, but I think that someone from Kyoto and someone near Nose talked about it, but I couldn't explain it.

 現に私どもが子供のころの亥の子の日という感覚と、京都へお餅を持ってゆく、この玄猪という能勢の行事とは結びつかないのである。

In fact, we have no connection with the sensation of the day of childhood when we were children and the event of Noh, which is bringing the rice cake to Kyoto.

新藁で束を拵え、その中に竹とか茗荷とかの、中の虚ろな生の植物を堅く巻き込み、それに取手の輪をつけたスポというものを作る。

Hold a bunch of buns in a new bowl and make a sport called a bamboo or a load.

子供たちはみなこれをもって、調子をそろえて、ぽおん、ぽおんと地面を叩く。

With this, all the children are in good shape and hit the ground.

中には植物が入っているのでよけいに良い音がひびいて、子供たちは自然に興奮してしまうのだった。

There was a plant inside and the sound was so good that the kids were naturally excited.

亥の子餅くれんこ、くれん家の嬶は、鬼うめ、蛇うめ、角のはえた子うめ

Konoko, Kurenoko, Koenya's nephew, demon ume, snake ume, horned ume

 そう歌いながら村の道を練るのであった。

“I was singing so that I could make a village path.

私の家では親がやかましくて、他のことでは村童の仲間入りをさせてくれなかったが、どういうものか、この時だけは私ども兄弟に子供の特権を与えて、外に出してくれた。

My parents were noisy at my house, and they didn't let me join the village children for anything else, but only at this time we gave the brothers the privilege of children and went out. .

 この亥の子餅くれんこの行事は、ふしぎにも狭い範囲にしか行われない。

«This fox child's event is only in a narrow range.

播州の私らの地方から少し西の方まで飛びとびに拡がっているが、岡山辺から山口県の一部分までは亥の子石という石を使う所が多い。

It spreads out from our region in Banshu to the west a little, but there are many places that use stones called 亥 子 石 from Okayama to a part of Yamaguchi Prefecture.

丸い石に縄をたくさんつけ、子供たちが四方からその縄を引っ張って石を空中に吊り上げておいて、いっせいにどすんと地面に落す。

A lot of ropes are attached to a round stone, and the children pull the rope from all sides to lift the stone in the air and drop it on the ground.

藁束とは感じも調子もまるでちがっているが、やはりこの日を亥の子といっている。

The feeling and the tone are different, but this day is still called the puppet.

瀬戸内海の対岸でも四国の愛媛県もたしか亥の子石であった。

On the other side of the Seto Inland Sea, Ehime Prefecture in Shikoku was certainly a spider.

石を普段は大事にしておいて、この日だけにもち出し、ヨイトマケが地杭を打つ時と同じように、いっせいに引き上げてからどすんと地面に落す。

I usually keep the stones safe and take them out only on this day, just like Yoitotake hits the ground piles, pull them up together and drop them on the ground.

それによって人々はむやみと興奮を感じていた。

This made people feel irritated and excited.

動作はちがうが、岡山辺でも、子供たちのうたう文句は播州と同じようであった。

The behavior was different, but the children sang in Okayama as well as in Banshu.

 関東地方では同じ行事を「|十日ン夜の藁鉄砲」といっている。

In the Kanto region, the same event is called “|

藁鉄砲であるから播州の行事に近いわけである。

Because it is a spear gun, it is close to Banshu events.

つまり動作の方は遠く離れた遠方同士が似ているが、歌の方は藁と石と違っても、距離の近い同士が似ているのである。

In other words, far away, the movement is similar to each other, but the singing is different from the stone and stone, but the distance is similar.

それにしても、このごろになって私に判ったのは、この行事がそんなに旧くないということである。

Nevertheless, what I found recently is that this event is not so old.