文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4719-4751)/5348

 はじめ親たちから聞いた話では、もとは旧暦十月は亥の月だから、亥の月の亥の日を選ぶ。

In the story I heard from parents at the beginning, since the lunar month of October was originally the octopus month, I chose the octopus day of the octopus month.

第一の亥の日は殿様の亥の子だとか武士の亥の子だとかいって、村人は何もしない。

The villagers do nothing, saying that the day of the first samurai is Tono-sama's nephew or samurai's nephew.

二度目の亥の日を百姓の亥の子といって、村の人たちはこの日に餅をついて贈ったり、贈られたり、子供たちが藁鉄砲で地面を叩いたりするのだというのである。

The second samurai day is called the peasant of the peasant, and the villagers give or give gifts with the samurai on this day, and the children hit the ground with a gun. .

 今でも憶えているが、私の家などでもよくこの亥の子餅を貰った。

I still remember it, but I often sang this lion at my house.

菊の花のややうつろになった小枝を、必ず重箱の中に入れてあり、蓋をとると、プーンとよい香りがしたものであった。

A slightly twig of chrysanthemums was always placed in a heavy box, and when it was covered, it had a good scent.

夜更けまで藁鉄砲をうっていたものか、翌朝学校にゆく路の両側に、土がてらてらと固くなっている所が、あちこちに残っていたのをおぼえている。

I remember the fact that I had used a black gun until late at night, or the place where the soil had hardened on both sides of the road to the school the next morning was left here and there.

豊の明り

Abundance of light

 秋の亥の子とは別に、山陰地方から北陸、東北にかけて、亥の月でも何でもない三月ごろに春亥の子というのがある。

Aside from the autumn fox, there is a spring fox from around the Sanin region to Hokuriku and Tohoku around March when nothing is happening in the fox month.

藁鉄砲はつかないが、亥の子餅をついてたべることは秋と同じである。

You can't use a spear gun, but you can eat a spear child in the same way as autumn.

亥の月の十月から約六カ月も距てた春の三月か四月に、もういっぺん亥の子をするのは何故か。

Why do you have another puppy in March or April in spring, which is about six months away from October of the Samurai Moon?

 近ごろ、播州にも六月亥の子というのがあることがひょっこり判って来た。

Recently, it has become clear that there is a Junko puppet in Banshu.

農家が田植をすました草取りまでの合間に、やはり餅をついて、六月亥の子といっている。

In the time between the farmer's rice planting and the weeding, he also puts a rice cake and is said to be the son of the June frog.

ことに辻川から市川の上流にかけて盛んなので、高砂市に住むわれわれの仲間の西谷勝也君に、くわしい調査を奨めている。

It is especially popular from the Yodo River to the upstream of Ichikawa, so we encourage our fellow Katsuya Nishitani who lives in Takasago City to conduct a detailed survey.

 これによって亥の子は、春亥の子、六月亥の子などがあって、必ずしも亥の月の十月ばかりでないことが明白に判ってきた。

It has become clear from this that there are Suzuko, Shunko, and June puppets, which are not necessarily only in October of the Sakaki month.

十月は神無月で、決して祭をしない月である。

October is a godless month, and it is a month that never has a festival.

『延喜式』に京都付近の主な神社の祭の一年中のリストが出ているが、十月は一つもない。

There is a yearly list of festivals at major shrines near Kyoto, but there is no October.

これは私の考えでは、十一月に非常に重要な神社の祭りがあるので、その前一カ月は物忌みをする。

This is, in my opinion, a very important shrine festival in November, so I will be remorse for the previous month.

この物忌みに入る日が、秋の亥の子になったのではないかと思う。

I think that the day when I entered this displeasure became a child of autumn.

つまりこの日からは忌火を焚いて、何もせず、ごく静かにしている期間であった。

In other words, from this day, it was a period of silence, with no fires, nothing to do.

 物忌みあけの十一月というのは霜月というくらいで、もう霜が降りるから、その時に秋祭をするのは少し無理がある。

The deceased month of November is the frost month, and the frost has already fallen, so it's a little impossible to hold an autumn festival at that time.

物忌みという昔の信仰、つまり習慣を大事にすればこそ一カ月辛抱ができるが、信仰が薄れてくれば一カ月の物忌みは難しくなってくる。

You can be patient for a month if you take care of the old belief, that is, customs, but if you lose faith, it will become difficult to do it for a month.

 亥の子の騒ぎはこのように物忌みのうすれかけた時、誰かが工夫して、十月の亥の日に賑やかな行事をして、神無月そのものを花やかにして見ようとしたのではなかろうかとも考えられる。

When the swaying of the fox puppet was like this, when someone devoured, someone might devise it and do a lively event on the octopus day of October, to see the godless moon itself as a flower. Conceivable.

あたかも今日スポーツを村に入れて、活気を呼ぼうとするのと同じ気持ではなかったかと思う。

I think it was the same feeling as if we were going to bring sports to the village today and try to bring it to life.

 そこへさらに明治五年太陽暦が採用される時、朝儀の新嘗祭が新暦十一月二十三日に行われることに決められたので、よけいに複雑になってきたのであった。

When the Meiji 5th year solar calendar was adopted there, it was decided that the Xinjiang Festival of the morning ceremony would be held on November 23rd of the New Year, so it became more complicated.

 新嘗祭はもと旧暦の十一月、すなわち霜月の二十三日に行われていた。

The Xinjiang Festival was originally held in November of the old calendar, that is, on the 23rd of Shimotsuki.

しかし、もともと二十三日に行われていたのではなく、宮中の新嘗祭などはいつも霜月第二の卯の日ということになっていた。

However, it wasn't originally held on the 23rd, and the Shinsetsu Festival in Miyanaka was always supposed to be the second day of Shimotsuki.

その祭の済んだ後が、いわゆる「豊の明り」である。

After the festival, the so-called “brightness of the abundance”.

あまりに厳重な物忌みをしたため、そのとけた時に全部が解放されるわけである。

It was so severe that it was released when it melted.

この感覚は野蛮人になればなるほど対照が甚しく、それまでは男女の往き来もないというくらいきびしいのが、祭がすむとまるで気違いのようになってしまって、飲みたい者は飲み、喧嘩もおこるというふうに、あらゆることを自由にふるまった。

The more this person feels the more barbaric, the more severe the contrast is that there is no traffic between men and women. Everything was done freely as it happened.

「豊の明り」というのは、大変上品な言葉になってはいるが、元のおこりは物忌みの解けた時の喜びを表わす祭ではなかったかと思う。

“Toyo no Akari” is a very elegant word, but I think that the original occasion was a festival that expressed joy when the desolation was solved.

二十三日という日は、満月を中において、八日が上弦の日であるのに対して下弦の日であるから、何でもないようでいて、じつは大事にされていいだけの意味をもっている。

The 23rd day is the day of the first quarter, while the eighth day is the first quarter day in the full moon.

 お祭のうちでいちばん大事なお祭を二十三日にするのが注意に値する点で、宮内省でも新暦の十一月二十三日を新嘗の祭にされているのは意味があると思う。

It is worth noting that the most important of all the festivals is the 23rd, and that it is meaningful that the 23rd of November in the new calendar is also made a festival in Xinjiang in the Miyanai Prefecture. think.

しかし宮内省の記録では明治五年の暦法改正の時、祭の日を十二支でかぞえるのを止めることにしたところ、旧い新嘗祭、すなわち旧十一月の第二の卯の日が、二十三日であったから、月はそのままに十一月二十三日にきめたということが判った。

However, according to the records of the Miyanai Prefecture, when the calendar law was revised in the Meiji Era, it was decided to stop the festival days from being counted by the 12th branch. Because it was the day, it turned out that the moon was settled on November 23rd.