文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4752-4778)/5348

これは私の想像では、昔から新嘗祭を下弦の月のある二十三日にして来ていたところ、たまたまその年の第二の卯の日が新暦二十三日になったという、まことに注意すべき偶然だったのではないかと思っている。

In my imagination, it was a long time ago that the Xinjiang Festival had been held on the 23rd day of the moon of the last quarter, but it happened that the second day of the year had become the 23rd day of the new calendar. I think it was a coincidence.

大師講

Daishi lecture

 この二十三日という日は、農村ではどういうふうに取り扱われているのであろうか。

How is this 23rd day handled in rural areas?

 私の幼いころ、故郷辻川にはニジュウソという言葉がかすかに残っていた。

[When I was young, the word Nijuso remained faintly in my hometown Yodogawa.

他の祭のように取り立てて行事もなく、子供にとっても別段日ごろと変ることはないが、ただニジュウソという日があることはあった。

There was no event as in other festivals, and for children it did not change every day, but there was a day called Nijuso.

私らはネジグソだなどと、下品な悪口で呼んだものである。

We call it vulgar and bad, such as Nejiguso.

十一月二十三日、いわゆる霜月三夜のこの行事は、辻川より東の方、美嚢、加西付近にゆくと、まだ重要な行事として残っている。

This event on the 23rd of November, the night of the so-called Shimotsuki, is still an important event when going to the east of Yodogawa, Mitsuka, and Kasai.

 中部地方から東の各県や、北陸一帯、また山陰も但馬から西、島根付近までは、この日を大師講と呼んで、弘法大師や元三大師などの話に結びつけている。

From the Chubu region to the eastern prefectures, the Hokuriku region, and the Sanin area from Tajima to the west, near Shimane, this day is called the Daishi lecture, and it is linked to stories from Kobo Daishi and former three Daishi.

二十三夜の晩、ある貧しい老婆の家に大師が訪れて来られたが、何も差上げる食物がなかったので、悪いとは思いつつ隣家の田にしのび入って、稲穂を盗んで来て進ぜたとか、隣の畠から大根をひきぬいて大師に供したとかいう語り伝えがある。

On the night of Twenty-Three Nights, a master came to a poor old woman's house, but there was no food to raise anything, so he thought that it was bad and entered the neighboring rice field and stealed the ear of rice. There are narratives such as that they went on, or that they had taken the radish from the next wall and served it to the master.

老女は足がすりこぎのようになっていたので、足跡ですぐ分ってしまうから大師がその志をあわれんで、雪を降らせて足跡を隠して下さったとかいうのである。

The old woman had a foot that looked like a pestle, so it was easily understood by the footsteps, so the lord satiated her will, snowed it, and hid the footsteps.

あるいは東北地方も端々にゆくと、大師は女性で二十三人もの子供があったので、食物を与えるのにいちいちの子供に手がとどかないため、長い箸を使ったという伝説がある。

Or in the Tohoku region, there is a legend that Daishi used a long chopstick because there were twenty-three female children, and each child couldn't reach their hands to give food.

そのためこの日供えるお粥や団子には二本の長い箸を添える風習もあって、いわゆる歴史上の大師や太子に関係のない伝承が多い。

For this reason, the rice bowls and dumplings offered on this day have a custom of attaching two long chopsticks, and there are many traditions that have nothing to do with so-called historical masters and princes.

 また、大師は子供が多くて、貧しかったので、二十三日のお粥に入れる塩がなかった。

Also, Daishi had many children and was poor, so there was no salt to put in the bowl on the 23rd.

それを買いに出て吹雪のため途中で倒れたので、この日だけは供えるお粥に塩を加えないという地方もある。

In some areas, salt is not added to the bowls that are served only on this day because they went out to buy it and collapsed due to a snowstorm.

十一月も太陰暦では、すでに天候も悪く、雪も降り、夜は寂しい季節であってみれば、囲炉裏端では話がしきりにはずみ、さまざまに形を変えて作られていったものであろうと思われる。

In November and the lunar calendar, if the weather was already bad, it was snowing, and the night was a lonely season, it would have been made by changing the shape in the hearth. It is.

 兵庫県も但馬の村々では、この霜月三夜には、山の獣らが山を下って来て、この晩の祭をするといういい伝えもあった。

In Hyogo Prefecture and Tajima villages, there was a good report that the beasts of the mountain came down the mountain on this three nights of Shimotsuki to have a festival this evening.

 岐阜県の加茂郡という所は、真言宗は少なく、禅宗の寺が多いにもかかわらず、大師堂というのがある。

In Kafu-gun, Gifu Prefecture, there are few Shingon Buddhism and there are many temples of Zen Buddhism.

土地では弘法様をまつってあるといって寄り合いをしているが、それがやはり十一月の二十三日に当っている。

In the land, we have a close relationship with Kobo-sama, but it is still on the 23rd of November.

もと神戸大学の教授だった佐野一彦氏がその付近の伊深村に住んでおられて、居村の事情を非常に詳しく報告されたものがある。

Mr. Kazuhiko Sano, formerly a professor at Kobe University, lived in the nearby Ibuka village, and there was a very detailed report on the situation in Imura.

 さてタイシというのは、長男、長女を意味するオオイコのことであって、漢字をあてると大子となるが、われわれの祖先は耳でダイシときいて、弘法大師や元三大師などを想像していたのも、おこりはやはり尊い神の御子ということであったのかもしれない。

Taishi is the eldest son and eldest daughter, and when he hits the kanji, he becomes a big cub. It may also have been that the spirit was the precious Son of God.

 まだ冬至という暦の上のことばを知らない前から、暖い陽光の訪れる嬉しい季節が、これからはじまるという時であるから、それを、力強く恵み深い神の御子の誕生のように想像していたのではないかと思う。

Before I knew the word on the calendar of the winter solstice, it was the time when the joyous season of warm sunlight began, so I imagined it as the birth of a powerful and graceful son of God. I think that.

 冬至は中国だけのことではない。

The winter solstice is not only in China.

西洋でもクリスマスはキリスト教以前の冬至祭に発し、それをキリスト生誕の日にしたというのは、たんなる偶然ではないであろう。

Even in the West, Christmas is not a coincidence that it originated in the winter solstice festival before Christianity and made it the day of Christ's birth.

 たまたま宮中の新嘗祭が新暦十一月二十三日になっているが、私は、この二十三日は、稲の刈上げから一カ月目の稲の収穫祭ではなかったかと思っている。

Occasionally, Shinshu Festival in Miyanaka is on the 23rd of November 11th of the New Year. I think that this 23rd was a rice harvesting festival in the first month after harvesting rice.

つまり旧暦十一月二十三日を中心にした米のまつりに関して、新旧二つの暦が重なり、複雑になったが、亥の子は、この米の収穫祭のための物忌みに入る忌火の飯をたべ始める日であり、豊の明りはそのあける日の祝いではなかったかと思う。

In other words, regarding the rice festival centering on the 23rd of November, the two old and new calendars overlapped and become more complicated. I think it was the day when we started eating, and the light of Yutaka was a celebration of that day.

アエノコト

Aenokoto

 今では、刈田の跡に藁だけを円錐形に積みあげた積藁が、田園風景に趣を添えているが、昔、物盗りの心配のなかったころは、刈りとった稲を穂つきのまま田んぼの中に積み、そこで乾燥させ、保存するとともに、田の神を祭ったものであった。

Nowadays, the shochu, which is made up of cones on Karita's traces, adds a taste to the countryside. They were piled up in rice fields, dried and preserved there, and the gods of the rice field were celebrated.