文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4779-4807)/5348

 積み方は全国ほぼ一様で、穂先を内側に向けて円錐形に積みあげてゆき、上の屋根にあたる部分は藁を逆にして葺いたり、束ねて飾りつけたりしていた。

The way of stacking was almost uniform throughout the country, with the tips pointed inward and conically stacked, and the upper roof part was crazed with a reed reversed or bundled and decorated.

ニオとかニュウ、あるいははっきりと稲ニオという所もある。

There are places called Nio, Nyu, or rice Nio.

あるいは紀州などのようにスズキという所もある。

Or there is a place called Suzuki like Kishu.

日本の固有信仰で、田の神は春先に山から降って来られて、その年の稲作のよく出来ることをご覧になって、秋には帰り給うのであるから、この稲積みをニオ、ニュウなどと呼ぶことは、ニイナメ祭のニイや、神への供物のニエなどと関係があるのではないかと、私どもは早くから主張してきたのであった。

In Japan's inherent belief, the god of rice comes down from the mountain in early spring, sees what can be done well in that year, and returns in the fall. We have argued early on that calling might have something to do with the name of the Niamei Festival or the gift of the offering to God.

 おもしろいことには、この稲積みの方式は、南方の稲作民族の間でもみられることである。

Interestingly, this method of paddying is also seen among southern rice farmers.

あちらでは、はっきりと、この稲積みを、稲の母が来年になって実を結ぶための、稲の子を産むためのものという。

Over there, it is clear that this paddy is used to produce rice seeds for the mother of rice to bear fruit next year.

ここで祭を行って、翌年の稲の稔りを願う穀霊信仰は、わが国とも共通したものであって、いわば「稲の産屋」と見立てた信仰のあらわれであった。

Grain spirit worshiping the festival here and wishing for the next year's rice harvest was common with our country.

 ニイナメという祭は、いまだに詳しいことはわからないが、古代のわが国ではことに厳粛な、大きな祭であって、稲の刈り上げが終ったあとのある期間を、精進潔斎し、物忌みの生活をして神を祭ったものであるらしい。

The Niamei festival is not yet known in detail, but it is a majestic festival in the ancient world of Japan. It seems to have been a ritual of God.

 農民の間にもニイナメという口言葉はそのままでは残っていないし、いつごろ行われたものであるかもはっきりしないのであるが、私は他の事情から考えて、昔のニイナメは、先にのべた大師講などと、同じものではなかったかと思うのである。

The colloquium of Niamea is not left as it is among the farmers, and it is not clear when it was done, but I think that the old Niamei was a master I think it was the same as the lecture.

大師講の夜に、必ずお粥を食べるという習わしは、穀霊と共食する民間の一儀式であったろう。

The practice of always eating porridge on the night of the Daishi lecture would have been a private ritual with the spirits.

ここに注目される一例としてあげたいのは、能登半島の奥まった村にアエノコトという祭があることである。

As an example to be noted here, there is a festival called Aenokoto in the village behind Noto Peninsula.

アエは饗で、ニイナメ即ちニイノアエに通じるものではないかと思う。

I think that Ae is a broom and leads to Niyame, Niinoae.

 この祭は十一月四日または五日に、田の神をそれぞれの家に迎え、まるで高貴な御方をお迎えするように、家々の主人は威儀を正して歓待するのである。

This festival, on the 4th or 5th of November, welcomes the gods of the field to their homes, and the masters of the homes are just as honorable as welcoming the nobles.

見えざる田の神に対して、「ようお出で下さいました」と挨拶し、まず風呂に案内する。

Say hello to the invisible rice god, “Take me out.”

ここでは主人自ら裸になって入ったり、あるいはそばにひかえて湯加減をうかがったりする。

Here, the master enters himself naked, or closes his side and asks for hot water.

それから座敷に御案内して、数々の御馳走を差上げる。

Then guide them to the tatami room and give them many treats.

田の神は久しく地中にあって、めくらになっておられるからといって、膳の御馳走を一つずつ「これは何でございます」と説明して供えるというのである。

Because the god of the field has been in the ground for a long time and has become dizzy, it is possible to offer one by one explanation of the samurai treat “What is this?”

この御馳走はあとから家内中でわけていただくとか、主人自らがたべるなど、神との共食であった。

This treat was a cannibalism with God, such as sharing it later in the house or eating by the master himself.

これには田の神というばかりでなく、自分の祖先の霊でもあるという信仰が入り込んでいるというのである。

This includes not only the god of the field but also the faith that it is the spirit of his ancestors.

 若狭小浜の対岸、大島には、またニソノモリという、墓地と祠を兼ねた祭祀場を各戸がもっている。

On the other side of Wakasa-Ohama, Oshima, each house has a ritual site called Nisonomori, which serves as both a cemetery and a fence.

ここではニジュウソといって十一月二十三日に祭っているのである。

Here, Nijuso is celebrated on the 23rd of November.

またその地域から近江付近にかけてはダイジョウ講という、同じ日の祭があって、穀霊信仰と祖霊信仰がいろいろに重なった名残りをみせている。

In addition, there is a festival of the same day, called Daijo Lecture, from the area to the vicinity of Omi, showing the remnants of a variety of cemetery and ancestral beliefs.

 さてこのようにいくつかの例を取りあげてゆくと、新嘗と、ニジュウソ、大師講など、全国の二分の一以上を占める地域に残っている信仰との関連が考えられ、そこがことごとく米に関係していることが分る。

Now, taking some examples like this, it is possible to think of the relationship between Xinjiang and the faith remaining in more than one-half of the country, such as Nijuso and Daishi lectures. You can see that they are related.

米の話と黒潮

The story of rice and the Kuroshio

 われわれの問題で、ちょうどいま取りかかっていながら、まだ未解決なものが二、三ある。

There are a couple of issues that we are working on, but are still unresolved.

そのうちいちばん大きな問題は、日本人は何処から来たかということである。

The biggest problem is where the Japanese came from.

それに関連して、稲作がどこからどうなってきたかということも、また大きな問題になっているのである。

In connection with that, the problem of where rice farming has come from has become a big problem.

 近ごろは騎馬民族渡来説のような意見まで出ているが、私は日本人の生活と切り離すことのできない稲の文化史を調べたら、あるいは日本人の起源がわかるのではないかという意見をもっている。

These days, there are opinions that seem to be equestrian, but I have the opinion that if you examine the cultural history of rice that cannot be separated from Japanese life, you may understand the origin of the Japanese. .

 まず米の話については、今日のように文化史の側からも、自然科学の側からも、互に協力して研究してゆくようになったのは、西ヶ原農事試験場に四十年も顕微鏡を覗いておられた安藤広太郎さんの『日本古代稲作史雑考』という、画期的な著書が出版されたのが動機であった。

First of all, as for the story of rice, both today from the side of cultural history and from the side of natural science, we have been working together to study at the Nishigahara Agricultural Experiment Station for 40 years. The motive was the publication of an epoch-making book called “Ancient History of Japanese Ancient Rice Farming” by Kotaro Ando, who was looking into the book.