文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4808-4836)/5348

戦後、安藤さんは日本やシナの古典をしらべて、延喜式の献物品の種目をたんねんにしらべた結果、赤米というものは、近年南京米などといっしょに入って来たようなものでなく、古くからあったという点を指摘されたのである。

After the war, Ando looked at the classics of Japan and China, and as a result of investigating the items of the Enki-style offerings, red rice was like having recently come with Nanjing rice. It was pointed out that there was a long time ago.

また安藤さんのお弟子格で兵庫農科大学の浜田秀男君という若い農学者が、大変熱心に研究を続けている。

A young agronomist, Mr. Hideo Hamada of Hyogo Agricultural University, who is an apprentice of Ando, is continuing his research very enthusiastically.

安藤さんは丹波の出身であるし、浜田君は篠山に住んでいる点から、この米の話は「神戸新聞」にまるっきり縁のないものではないと思っている。

Mr. Ando is from Tamba, and Mr. Hamada lives in Sasayama, so I think this story of rice is not completely related to the Kobe newspaper.

 安藤さんの本が出た時、東畑精一君のきもいりで、先生を囲んで石黒忠篤君や私が招かれて、目立たないお祝の会をやった。

When Ando-san's book came out, Seiichi Higashihata held a special celebration with Mr. Tadatoshi Ishiguro and me around the teacher.

その折に小泉幸一君という信州出身の若い学者の世話で、「稲作史研究会」というものが作られた。

At the same time, a young scholar from Shinshu named Koichi Koizumi-kun created the “Inasai History Study Group”.

農林省農業技術研究所の盛永俊太郎さんや他にも二、三人協力して、総合的に稲や稲作の歴史を明らかにしてゆこうとするもので、大変喜ばしいことである。

I am very pleased that Mr. Shuntaro Morinaga of Agricultural Technology Research Institute of the Ministry of Agriculture and Forestry and two or three others will try to clarify the history of rice and rice cultivation comprehensively.

米と日本人の関係という根本問題がまずはっきりしなければ、日本人の起源の問題はわからない。

If the fundamental problem of the relationship between rice and Japanese is not clear, you cannot understand the problem of Japanese origin.

いまの高砂市の出身金沢庄三郎さんなどは、言語学者の立場から、インドゲルマン系の言語比較をし、たくさんの言葉を比べて、日本人と朝鮮人とは同系ではないかという説を出しておられる。

Mr. Shozaburo Kanazawa, who is now a graduate of Takasago City, compared the language of Indo-Germanic from the linguist's standpoint, compared many words, and expressed that the Japanese and Koreans might be related. You are.

しかし、その点は急に断定するわけにはいかないと私は思うのである。

However, I think that point cannot be determined suddenly.

言葉の研究は大事な手がかりになるにはちがいないが、ただそれだけで民族の起源を見ようとするのは危険ではないかと思う。

Language research must be an important clue, but I think it's dangerous to try to see the origins of ethnic groups.

 日本人の起源はやはり稲作と結びつけて考える必要があると思う。

I think it is necessary to think about the origin of Japanese in connection with rice cultivation.

シナ大陸で米を作った中心地の北端は殷の故郷、洛陽付近で、象が耕していたという説がある。

There is a theory that elephants were cultivated at the northern end of the center where rice was made in the Sina continent, near Shenyang.

そこから稲作がじりじりと朝鮮の端までいったという説もあるが、この推論は誤りであるらしい。

There is also a theory that rice farming started to the end of Korea, but this reasoning seems to be wrong.

あるいは米はシナから直接に渡って来たという説をなす人もあるが、安藤さんの本は、これらの諸説を批判しながら、進んで行く形をとられたものであった。

Some people argue that rice came directly from China, but Ando's book was a form that went on, criticizing these theories.

最近、浜田君などが参加して、カンボジアのメコン河の周辺に米を作っているごく原始的な人種の踏査が行われ、浜田君などが大いに働いているのは頼もしいことである。

Recently, Mr. Hamada and others have participated in a survey of the very primitive races that make rice around the Mekong River in Cambodia.

 稲の文化というものを考える時、弥生式文化の渡り口といった問題についても、慎重な研究がもっと進められてよさそうに思われる。

When thinking about rice culture, it seems likely that more careful research will be undertaken on issues such as the entrance of Yayoi culture.

これについて、私は、島国という日本の条件から、海上交通、すなわち、潮流の必然性というようなものを掘りさげて調べる必要があると思う。

Regarding this, I think that it is necessary to dig into maritime traffic, that is, the necessity of tidal currents, from the condition of Japan as an island country.

黒潮が台湾の東海岸を上って、沖縄の所で少しくずれて、西を通って東シナ海との間を進み、吐※喇海付近でどういうわけか二つにわかれている。

Kuroshio goes up the east coast of Taiwan, breaks down a little at Okinawa, passes through the west to the East China Sea, and is divided into two near the sea.

海洋学において十分研究してほしい点であるが、われわれ史学を研究しようとする者にも興味深い問題である。

This is an interesting issue for those who want to study history, although it is a point that I would like to study thoroughly in oceanography.

騎馬民族説への疑問

Question to the Equestrian Ethnic Theory

 私は以前、鼠が島から島へ渡るという話をきいて、人間の移動ということも、これとそんなに大きなちがいはないのではないかと思ったことがある。

I used to talk about the fact that a shark crosses from island to island, and I thought that human movement might be so different from this.

遠い昔、地図があるわけではなし、はじめは何も知らずに渡ってきたに相違ないと思う。

I don't think there is a map long ago, but I think it must have passed without knowing anything.

海へ舟で出てみたら、潮流に乗り、そしてひょっとした拍子に、その潮の支流の方へ乗って、思いがけない所へ着いたというのが本当の話であろう。

If you go out to the sea by boat, the true story is that you got on the tide, and then you got on a tributary of the tide and got to an unexpected place.

はじめて無人の所へ上った種族は、じつにつまらないチャンスによるものであった。

The first race to go uninhabited was due to a boring opportunity.

私の説は仮説であって、とても学問の形になっていないという人があるかもしれないが、日本人がどこから上ったか、どこから来たかということについて研究し努力しているのである。

My theory is a hypothesis that may not be very academic, but I am researching and trying to find out where the Japanese came from and where they came from.

 私は稲作習俗をもった南の人種が、この潮流にのって、島影づたいに来たのではないかと考えている。

I think that the southern race with rice culture customs came to the island shadow on this trend.

それに日本海側の方が、稲作移住に適しているのである。

In addition, the Sea of Japan side is more suitable for rice migration.

それはおいおいに説明してゆきたいと思っている。

I want to explain it.

 今日では、大陸から朝鮮を南下し、海峡をぴょんと渡って日本へ入って来たろう、文化も人間もみなそうして入って来たろうと、簡単にきめる空気が非常に強いが、私ははっきりとその説に反対している。

Today, whether you come south from the continent, cross the strait into Japan, or come into Japan with all the culture and human beings, the air that can be easily determined is very strong. I disagree with that theory.