文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4837-4864)/5348

何故なら、南からでなければ稲は入って来ないし、稲が来なければ今の民族は成立しないと思うからである。

This is because rice will not come in unless it is from the south, and if it does not come, the present race will not be established.

今の民族は単に百姓が米を作るだけでなく、皇室も米がなければ神様をおまつりすることができないのである。

In the present race, not only the peasants make rice, but the imperial family cannot celebrate God without rice.

神様を祭る時の食物には必ず稲が入っている。

Rice is always included in the food when we celebrate God.

したがって私は、日本民族は稲というものと不可分な民族だと確信している。

Therefore, I am convinced that Japanese people are inseparable from rice.

稲は後から来たようなことをいう人もいるが、どうしても稲ははじめから携えて来なければ、それに伴う信仰とか、慣習とかのある説明がつかない。

Some people say that rice has come later, but unless rice is brought from the beginning, there is no explanation of faith and customs that accompany it.

考古学者も人類学者も、このようなことを少しも考えない。

Neither archaeologists nor anthropologists think of this at all.

そのいちばん極端なのが、例の騎馬民族説である。

The most extreme is the equestrian folk theory.

 日本民族が馬に乗って北シナから南へ移住して、どっと船で馬もろとも海を渡ってきたというのである。

The Japanese people moved on the horse and moved from North China to the south, and they crossed the sea with their horses.

その理由として、古墳前期には騎馬に関する遺物が少なく、後期に入ると急にふえ、りっぱな馬のものが現われるということをあげる。

The reason for this is that there are few relics related to equestrians in the first half of the burial mound, and suddenly in the second half, things of the fine horse appear.

その後期に、馬もろとも入ってきたにちがいないというのである。

Later, it must have come with horses.

稲は前からいた人たちが作っているところへ、普段米をたべたことのない人種が、馬を連れてやってきて、支配者になったというのである。

The rice has been made by the people who have been there before, and races that have never eaten rice brought horses and became rulers.

 われわれの間では、皇室が率先して米の収穫を重んじられ、延喜式に出ているほど複雑なものではなかったにしても、国の祭に御代替りの大嘗の祭があり、毎年の宮中の祭に新嘗の祭があり、各神社にもこれをならう式祭があって、何れも米を祭ることが中心になっている。

Among us, even though it was not as complex as the imperial family took the initiative in harvesting rice and was present in the Enki ceremony, there was a substitute Otsuchi festival in the national festival, There is a Shinsetsu festival at the festival in Miyanaka, and each shrine has a ceremony to follow this.

 その皇室が国民に率先してやられた米の祭というものが、騎馬民族が日本へやって来てから、先住民の民心を収攬しようとしてはじめた祭式であるといおうとしても、それでは説明にならないのではないか。

Even if the imperial family was led by the people, the rice festival was the ritual that began to conquer the indigenous people's spirit after the equestrian people came to Japan. Or?

 米を毎年満足に作るためには非常にむつかしい物忌みをしなければならない。

た め In order to make rice satisfactory every year, it must be very difficult.

皇室も国民もそれをする結果として、新嘗の式がおこったわけである。

As a result of both the imperial family and the citizens, the Xinjiang ceremony took place.

この意味からも、三笠宮様が新嘗祭の研究に手を染めておられることは、最も適任者を得たということができる。

In this sense, it can be said that Mr. Mikasamiya's research on the Shinsetsu festival has gained the most qualified person.

穀霊信仰など

Grain spirit, etc.

 今からちょうど百二十年ほど前、ドイツにウィルヘルム・マンハルトという不遇な学者があった。

Approximately 120 years ago, there was an unfortunate scholar named Wilhelm Manhard in Germany.

主として北海沿岸を調べたのであるが、この地帯の小麦の種取りには、穀霊相続の信仰という、非常に注意すべきものがあることを指摘したのである。

He mainly examined the North Sea coast and pointed out that there is a very careful thing in the seeding of wheat in this area, the faith of grain inheritance.

すなわちコーン・ゴッド(穀霊)というものがあり、コーン・マザア(穀母)という神様がコーン・チャイルド(穀童)を産み、それが翌年の種となってゆくと信じている。

In other words, there is a corn god, and a god called corn mazaa gives birth to a corn child that will become the seed for the next year.

 穀母が穀童を産み育ててゆく、そのために産屋の祭があり、二代目の穀物はその産屋でスピリット(魂)を穀母から受けるというのである。

The cereal mother lays and raises the kid, and for that purpose, there is a festival of the birth shop, and the second grain receives the spirit (soul) from the cereal mother at the birth shop.

宗教学者の宇野圓空君がマライを歩いて長い間かかって、『マライシアにおける稲米儀礼』という大きな本を出したが、その報告の中にもこれと同じような信仰がある。

Religion scholar Uno Azusa-kun walked in Malay for a long time, and published a big book called “rice ritual in Malaysia”, but there is a similar faith in the report.

マンハルトの発見した時分には、世間はこれを相手にしないし、ことに宗教学者などは、そんなことをいってはいけないというようなことさえ言っていた。

By the time Manhard discovered, the public did not deal with this, especially religious scholars even said that they should not say that.

そのため彼は不遇なままに死んで行ったが、その後、私らの読んだフレーザア教授(『ゴールデン・バウ』の著者)の本に、今から五十年も前にマンハルトという気の毒な学者が、こういうことをいい残して死んだと書いて大変褒めていることが判った。

So he died unfortunately, but after that, a book by Professor Fraser (the author of "Golden Bau") that we read was written by a scholar, Manhart, about 50 years ago. I found that I was giving up a lot, saying that I had left such a thing and died.

それによってはじめて小麦のこのような信仰を知り、またマライシアでも稲について全く同じ習慣の残っていることが、新たに宇野教授の報告で解ったのである。

It wasn't until then that Professor Uno's report revealed that he knew this kind of belief in wheat, and that the same habits remained in rice in Malaysia.

 石田英一郎君の話によると、このマンハルトの学説は今では大変盛んで、カトリックの学僧たちも加わって研究しているとか。

According to the story of Eiichiro Ishida, Manhard's theory is now very popular, and Catholic school monks are also studying.

これは決して北海の海岸ばかりでなく、フレーザアの『コーン・スピリット』という本には、小アジアの方の例がたくさん引かれているし、このごろではカトリック僧の力によって地中海岸まで研究が拡がり、その中心はイタリアであるということである。

This is not just the coast of the North Sea, but Fraser's book “Corn Spirit” draws a lot of examples from Asia Minor. The center is Italy.

さらに最近、同君が中央アメリカのメキシコやグァテマラを歩いていると、インディアン・コーン(玉蜀黍)について、黒人の間にやはりこういう穀物のお産という信仰のあることが判った。

More recently, when he was walking in Mexico and Guatemala in Central America, the Indian corn was found to have faith in the production of cereals among blacks.