文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4899-4930)/5348

 人間が父母から子供に移る遺伝は、家畜などでも経験できるが、稲が非常に規則正しく、毎年一回ずつ循環して、籾粒を蒔いておけば茎が出、花が咲き、また穀物になるという現象は、はじめてその栽培をやり出した民族にとって、かなり大きなミステリィ(神秘)だったにちがいない。

Inheritance of humans from parents to children can be experienced in livestock, etc., but rice is very regular and circulates once a year, sowing the pods produces stems, blooms, and becomes grains This phenomenon must have been a rather big mystery for the people who started the cultivation for the first time.

 われわれは稲の日本史を何より大事と思っているが、米の大きな特徴は、生で食べられるという点である。

We think the Japanese history of rice is most important, but the main feature of rice is that it can be eaten raw.

それで早くから特別の地位が与えられていたのではないか。

Wasn't it given a special position early on?

辻川の三木さんみたいな大地主の家では、土蔵の入口に「把み米食ふべからず」などと貼紙がしてあった。

At the landowner's house, like Miki-san of Yodogawa, there was a sticker at the entrance to the storehouse, such as “Grip rice food not to be cooked”.

子供のころ、若い教員などが稲の穂を両手でさっとしごいて、それを両手でもみ、ふっと吹いて殻だけとばして、米粒だけを口の中にほうり込むのをみた。

When I was a child, young teachers caught rice ears with both hands, looked at them with both hands, squirted and crushed only the shells, and saw only rice grains roll into the mouth.

生徒もこれを見て真似をする。

Students see this and imitate.

兵隊なんかもやったらしい。

He seems to have done soldiers.

 神様に米を供えるときも、生のままである。

Even when offering rice to God, he is still alive.

シトギというが、米を湿らして、搗いて、お団子にしたものである。

Shitogi is a rice dumpling moistened with rice.

臼でひかなくても粉のような状態になる。

Even if it is not scratched with a mortar, it becomes like a powder.

本来神様に供える正式のものはこれであったらしい。

It seems that this was the official one that was originally offered to God.

ヨネ・コメ・クミ・クマなど

Yone, rice, kumi, bear, etc.

 沖縄では、米のことをこちらのようにコメとかヨネとかイネとかいわないで、マイと呼び、マイを作る、マイを食うという使い方をしている。

In Okinawa, rice is not called rice, rice or rice like this, it is called Mai, and it is used to make My and eat My.

このようにいろいろと呼び方に変化があるため、ヨネという場合と、コメという場合と、全然別の国から日本へ二度に渡来したのではないかという複数起源説を唱える人もあるが、私にはそうは思えない。

Because there are so many changes in how they are called, there are those who advocate the multi-origin theory that Yone, the case of rice, and whether they came to Japan twice from a completely different country, I don't think so.

米のことをコメと言い出したのは南北朝の終りから足利時代にかけてであって、それまでは普通人のたべるものはすべてヨネであった。

Rice was called rice from the end of the North and North to the Ashikaga era, and until then, all that ordinary people would eat was Yone.

ただ神様に供えるものがコメであって、クマシネなどという言葉があるが、これは神に供える神聖なものであるということであった。

The only thing that can be offered to God is rice, and there are words such as bear cine, but this is a sacred thing that is offered to God.

米が文化の問題から離れた時代に、兵糧米などをヨネといわず、片端からコメといい、米何十石という風に、神聖な言葉を俗用してから、ごっちゃになってしまった。

In the era when the rice was away from cultural issues, the rice was not called Yone, but it was called rice from one end. .

今も地名に神稲と書いてクマシロなどと呼んでいるのは、神に捧げる清い米の意味で、クミ、クマ、コミなど、みな同じ清い米を作ることの出来る所、他より災害の少ない豊穣な所という意味が含まれているのではないかと思う。

Even today, the place name is written as “Kanin” and called “Kumashiro” is the meaning of pure rice dedicated to God, where Kumi, bear, Komi, etc. can all make the same clean rice, and fertility with less disaster than others I think the meaning of the place is included.

かつてはコメとヨネとは、信仰の目標と、通常語とのはっきりした区別があったのである。

In the past, rice and Yone had a clear distinction between the goal of faith and regular words.

『古事記』や『日本書紀』に出てくる久米の一族も、後には軍隊になっているが、その歌だけをみると食糧の係とでもいおうか、内膳の係だったのではないかと思われる。

The Kume family that appears in Kojiki and Nihonshoki also became an army later, but if you look only at the song, it might be a food clerk or a private clerk. Seem.

クメという地名が日本全国に割に広がっているのも、お祭のコメ、つまり神聖な稲を作る所ということではないか。

The place name “Kume” has spread all over Japan, and it is probably a festival rice, that is, a place to make sacred rice.

つまり各地のクメという地名をたどれば、日本人の歩いた一通りの所が分るのではないかと思うのである。

In other words, if you follow the place name of Kume in each place, I think that you can see the place where the Japanese walked.

 山口県にも鹿児島県にも熊毛郡があり、日本海側には点々とクミと呼ぶ地名がある。

There are Kumage County in both Yamaguchi Prefecture and Kagoshima Prefecture, and there is a place name called Kumi on the Sea of Japan side.

私の想像では、稲が自然のままに生育する所がクミ、クメ、クマなどと呼ばれる所だったのではないか。

In my imagination, the place where rice grows naturally is called Kumi, Kume, or Bear.

沖縄のクメ島がもとか、あるいはもっと南のクミ島がもとか判らないが、そんな所で非常に神聖な穀物として作ったヨネが、コメであったと考えられる。

I don't know whether it is Kume Island in Okinawa or Kumi Island in the south, but it is thought that Yone made as a very sacred grain in such a place was rice.

沖縄のような所では米作は大変少ないから、これを職業にする者は少なく、出来ても直ぐに食べてしまうくらいしかできない状態にある。

In places like Okinawa, there are very few rice crops, so there are few people who make it a profession, and even if it can, it can only be eaten immediately.

だから、ただ神へ捧げる米穀のみを、コメと呼んで大切に扱ったのではないかと思う。

Therefore, I think that only rice grains that were dedicated to God were treated as rice.

 さて日本人の外からの移住も、漂着してきたのがいちばん最初で、水平線の向うの見えない島へ、計画して渡って来たものでなく、偶然のことであったに相違ない。

Now, it is the first time that Japanese people have been migrating from the outside, and it was not a planned visit to an island where the horizon was not visible, but a coincidence.

その渡ってきた道筋が、日本の稲作の伝来を語っているのではなかろうか。

I wonder if the path that I came across talked about the introduction of Japanese rice farming.

 まずはじめには、人工を加えない稲作ということを考えなければならぬ。

First of all, we must think about rice cultivation without artificial.

毎年三十五日か四十日かの期間しか続かない梅雨だけを頼って稲作する方法である。

This is a method of rice cultivation that relies only on the rainy season which lasts only 35 or 40 days every year.

長門の萩に近い見島という小さな島では、山の木を伐りすぎて一筋も流れがなくなった。

On a small island called Mishima, near the foot of Nagato, too much of the mountain trees were cut down and no flow was possible.