文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(4994-5026)/5348

これは時代の距りを考えていない議論である。

This is an argument that doesn't consider the distance of the times.

そんな説が成立てば問題はじつに簡単になるが、そうはいかないと思う。

If such a theory is established, the problem will become simpler, but I don't think so.

 日本人が渡って来たのは足だけではない。

”It's not just the feet that Japanese have come across.

必ず舟か、筏でなくてはならなかった。

It had to be a boat or a spear.

とすれば、舟材になる樹木のあった所からでなくてはならない。

If so, it must be from the place where the trees that make up the boat are located.

これについで潮流や風とともに、今後あるいは氷の問題があらわれて来るのではないかとも思うのである。

I think that the problem of ice or the future will appear along with the current and wind.

山口と青森を除いて、南北両方の海にまたがっている県は、日本国中で兵庫県だけである。

With the exception of Yamaguchi and Aomori, Hyogo Prefecture is the only prefecture in Japan that spans both the north and south seas.

淡路と丹波・但馬という非常に異った地域を一県に統合して政治をするという極めて独自な存在であり、あるいは置県のさい、意識して一種の試験県にしたのではなかったかとさえも思える地方である。

Awaji and Tamba / Tajima are very unique beings that integrate politics into one prefecture and politics. It is a region that even I can think of.

日本海と瀬戸内海との文化の重要性を考えて、兵庫県の奮起を望むものである。

Considering the importance of the culture of the Sea of Japan and the Seto Inland Sea, I hope Hyogo Prefecture will inspire.

とくに但馬に関する学問などが、もっと盛んになっていいのではないかと思っている。

In particular, I think it would be nice to learn more about Tajima.

世界苦と孤島苦

World suffering and solitary island suffering

 沖縄の文化には中心があるから、それをはずれると、割引をしなければならぬような喰違いがどうしても免れられない。

Since Okinawa's culture has a center, if you deviate from it, you will not be able to escape the mistakes that must be discounted.

私の知り合いの比嘉春潮君などは珍しくそういう偏頗のない人だが、多くの人はみなその癖をもっていて、「何島だからねえ」というようなことをすぐいう。

My acquaintance, Mr. Higaharu Haru-kun, is a rare person, but many people have that habit and say something like "Isn't it?"

八重山とか宮古島とかいう、割に大きな島でも特殊扱いされていたのだから、もっと小さな離島は、かなり別扱いされていたに相違ない。

Even small islands such as Yaeyama and Miyakojima were treated specially, so the smaller islands must have been treated quite differently.

終戦後は事情が変って、首里でも那覇でも、元来のその土地の人はおそらく半分以下になったらしく、政治界、実業界に国頭の人、宮古の人などが進出したときいている。

The situation has changed after the end of the war, and it seems that the number of people in the area is probably less than half in both Shuri and Naha.

もっとも昔から久米島などは地位が非常に良かったから、いくらか違っていたが、他の離島にいたっては、非常に低く見られる傾きがあった。

Kumejima and other places have always been very good, so they were somewhat different, but other remote islands have a very low slope.

それが私共が沖縄研究に奮起した原因と、隠れた動機だったともいえる。

It can be said that this was the reason why we were inspired by Okinawa research and the hidden motive.

 沖縄に行って話した演題を「世界苦と孤島苦」としたのも、そんなわけからであった。

That's why I went to Okinawa and talked about the title of “world suffering and solitary island suffering”.

世界苦というのは他にもお連れがあるから、皆と一緒につき合って行っていいが、この孤島苦の方を沖縄の人が気付かないようでは駄目だ、沖縄県でも自分の村の仲間のうちの一つ低いものを軽くみるようでは駄目だということを、可なり強い言葉で話したのである。

There are other kinds of world suffering, so you can go along with everyone, but if you don't notice Okinawa people don't notice this solitary island suffering, it's a friend of your village even in Okinawa Prefecture He spoke in strong words that it would be useless to look lightly at one of them.

すると大体の人は皆一様にちょっと嫌な顔をしたが、それ以来沖縄には、複雑な内容と気持とをもった孤島苦という言葉が行亘っているらしい。

Then all the people all seemed to have a slightly disgusting face, but since then, it seems that Okinawa has a word of solitary distress with complicated contents and feelings.

 沖縄にはどうも我々が考えて条理のないものがある。

There are things in Okinawa that are unreasonable.

例えば、北海道の人は本州のことを内地という。

For example, people in Hokkaido refer to Honshu as inland.

前にも話した私の子供の頃の仲間で、辻川から北海道に移住した松岡和吉というお爺さんなど、この成城の近所に晩年を送っていたが、郷里に行ってきたことを「この間ちょっと内地へ帰って来ました」などと言っていた。

I talked to my childhood friend, Kazuyoshi Matsuoka, who moved from Yodogawa to Hokkaido, and so on. I came back. "

つまり播州のことを言っているので、その位「内地」というのは良いかんじをもつ言葉なのである。

In other words, because it is referring to Banshu, the word “inland” is a good word.

 ところが、沖縄へ行って内地という言葉は禁物である。

However, the word “inland” is not allowed in Okinawa.

それでは沖縄は外地か、と反問されてしまう。

Then, I was wondering if Okinawa is a land.

私も向うへ行った時、最初に注意されたのが、内地といってはまずいということであった。

When I went away, the first thing I noticed was that the inland was bad.

いったい、こんな癖を沖縄人にうえつけたのは誰だといいたくなるほどである。

After all, it would be tempting to say who would have put such a kite on the Okinawans.

 もう一つ沖縄には五百年この方、王朝があったといい、そしてその前にも一万二千年も続いた王朝があったと文献に出ている。

It is reported in the literature that there was another dynasty in Okinawa for 500 years, and that there was a dynasty that lasted 12,000 years before that.

その考えが強く残っていて、歴史を書くときにも王朝のことばかり書いて琉球の歴史であるというので、そうではありませんといおうとすると、どうも衝突を起す。

The idea remains strong, and even when writing history, it is the history of Ryukyu that only writes about the dynasty.

琉球でも国際交通のはじまった元、明、清と段々文化が高まり、天下という観念がひろくなって、どうしてもその中心ということを考えるようになった。

Even in the Ryukyus, the origin of international traffic, Ming, and Kiyo, the culture gradually increased, and the idea of the world spread, and I came to think of the center of it.

それさえなければ、離れた島々がのんびりと生活を楽しめるのではないかという点が沢山あるようである。

Without that, there seem to be many points that remote islands can enjoy their life leisurely.

沖縄のすぐれた学者であった伊波普猷君など王朝時代、藩制時代を経て明治になった当座の、明るくなった気持を主として書こうとしていたのではないかと思う。

I think that I was going to write mainly the bright feelings of the present period that became Meiji after the dynasty period and the imperial era, such as Inami Putuo who was an excellent scholar in Okinawa.