文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(5063-5098)/5348

双紙というのは、安倍晴明の著という『金烏玉兎集』という本のことで、いろいろ異本があるが、それが宮古島に残っていることが判った。

Soegami is a book called “Golden Jade Collection” by Haruaki Abe, and there are many different books, but I found that they remain on Miyakojima.

沖縄本島にも伝わっていたが、禁止せられて内々にしか使っていなかった。

It was also transmitted to the main island of Okinawa, but it was forbidden and used only inside.

ところが離れた宮古では、今でも家々に持っている。

However, in the remote Miyako, I still have it at home.

家の系統毎に少しずつ都合よく変えているらしいから、それを比べると面白いだろうと思う。

It seems to be interesting to compare it because it seems to be changing little by little for each kind of house.

 日の善悪を占うもので、「時の双紙」のトキとは日のことである。

”Fortune telling the good and evil of the day,“ Toki ”is the day.

何月何日にこういうことを計画していいかどうかを決める時に、まずこの本を開いてみる。

When deciding whether or not to plan this kind of month and day, open this book first.

昔は公式のものであったが、王室で早く禁止したので、民間の個人個人の所有になった。

In the past, it was official, but since it was banned early in the royal family, it became privately owned by private individuals.

それを活用しているのがユタである。

Utah is using it.

日本の巫女のように神の言葉をそのまま取次ぐのではなく、ユタの方は時の双紙によって占う。

Rather than using the word of God as it is in a Japanese shrine maiden, Utah is fortune-telling with the twin papers of time.

秘密になっていることを意識的に伝えるのだから、却って弊害が大きい。

Because it conveys consciously that it is a secret, it is bad.

ユタには女のイケガユタと男のユノゲユタとがあって、女ユタはでたらめに占い、男ユタは何か秘密を説き、秘伝を教えるという話である。

Utah has a woman Ikega Yuta and a man Yunoge Utah. The woman Utah tells a lot, and the man Utah tells a secret and teaches a secret.

男ユタを本当に信ずるのは士族などで、秘密に指図をうけるのであったが、戦後は殊に女ユタが流行っているらしい。

The Utah really believes in the Utah, and they were secretly instructed, but after the war, the female Utah seems to have been popular.

奄美大島などにも昔からあって、種本として『三世相』なども利用されていた。

Amami Oshima has also been used for a long time, and “Sansei Ai” was also used as a sample.

 稲村君は宮古島だけでなく、他の島々からも青磁、白磁などの破片を発掘している。

Mr. Inamura has excavated pieces of celadon and white porcelain from not only Miyakojima but also other islands.

沖縄の歴史研究家の中には、青磁の欠片が出たというだけで倭寇の遺跡だというのはおかしいという人もあるらしいが、そこで出て来る分量が問題になってくる。

Some Okinawan historians say that it is strange that a piece of celadon is left out, but it is strange that it is a ruin of a coral, but the amount that comes out becomes a problem.

それが相当沢山出て来れば、ただ偶然といって片づけられなくなるだろう。

If it comes out a lot, it's just a coincidence that won't go away.

要するに、歴史を、記録にあるからというだけできめることになると、結局想像説に堕してしまうのである。

In short, if you can only make history because it is in the record, you end up with an imagination.

 この本の弱点は、ナワの問題である。

弱 The weak point of this book is Nawa's problem.

名和長年の子孫が九州天草辺に来て、征西将軍に仕えたという記録を信じ、そしてその先どこへ行ったか判らぬのを、折口君は、沖縄に行き第二王朝の尚巴志の先祖になったと説明している。

I believe in the record that Nawa long-time descendants came to Kyushu Amakusa and served Shosei Shogun, and I don't know where I was going. Explains that he became an ancestor.

稲村君はこの折口説を肯定しているのである。

Mr. Inamura is affirming this origami theory.

折口君は沖縄のために一生懸命に働いた人だが、この名和氏説だけは困るという人が多い。

Mr. Origuchi is a person who worked hard for Okinawa, but there are a lot of people who are not good enough with this Nawa theory.

しかし比嘉君などは、名和氏・尚巴志の説をもう少し傾聴してもよかろうといっている。

However, Higa and others have said that they may listen to Mr. Nawa and Naoyoshi's theory a little more.

何れにしても稲村君の今度の著書が、全体として有益な内容を持っていることは誰もが認めねばならない。

In any case, everyone must admit that Inamura's new book has useful content as a whole.

河上肇君のことなど

About Kaoru Kawakami

 京都の河上肇君も、伊波君の『古琉球』という本の跋を書いたりして、古くから沖縄に関心をもっていた。

肇 Kyogo Kawakami of Kyoto has also been interested in Okinawa for a long time by writing a book と い う called “Old Ryukyu” by Inami.

はじめは糸満の個人財産制度に感心し、そこに自分の理想を見出したように解釈した。

At first I was impressed with Itoman's personal property system and interpreted it as finding my ideals there.

 滔々として帝国主義に禍いされている日本において、まだそんなに悪い風潮に染まっていないのはこの沖縄だけで、自分はそこに望みを託すというようなことだったが、琉球の人自身は、あくまでわれわれ日本人の一部であると主張していたし、事実またそのわけであるから、河上君の話はどうも沖縄人固有の気持に水をさすような結果になった。

In Japan, which is often imprisoned by imperialism, it is only Okinawa that has not been dyed in such a bad climate yet, and I entrusted my hope there, but the Ryukyu people themselves are only Because we claimed to be part of the Japanese people, and that was the case, Kawakami-kun's story was so watering as to the unique feelings of Okinawans.

『古琉球』の跋には、この演説のことについて、多少の皮肉を洩らしている。

Some of the irony about this speech is leaked in the “Ryukyu”.

 河上君は学校を出たころは、松崎蔵之助さんの指導で『日本経済新誌』を主宰していたことがある。

Mr. Kawakami, when he left school, presided over the “New Economic Journal of Japan” under the guidance of Kuranosuke Matsuzaki.

田口卯吉の『東京経済雑誌』がいちばん古く、その次が天野為之の始めた『東洋経済新報』だったから、河上君のはいちばん新しく、しかもどちらかというと保護経済政策的な色彩が勝っていた。

Taguchi Yukichi's “Tokyo Economic Magazine” was the oldest, followed by “Toyo Keizai Shinpo”, which was started by Takeshi Amano, so Kawakami-kun was the newest, and moreover, the color in terms of protection economic policies was winning. It was.

 表紙の赤い雑誌で、私も出たときからずっともらっていた。

«The red magazine on the cover, I've received it since I came out.

みるみるうちにその赤さがひどくなったわけである。

As I looked around, the redness became worse.

単純な、詩人肌の、人柄のいい男が、学者として立ってゆけるものを、あんなになったのは不幸だったと思う。

I think it was unfortunate that a simple, poet-skinned, personality man could stand as a scholar.

 私らがはじめて高等官になった明治三十五、六年ごろ、山崎覚次郎、桑田熊蔵などという人が主宰して、社会政策学会をおこしたことがある。

Around the 6th and 6th year of Meiji, when we first became senior officials, people such as Kakujiro Yamazaki and Kumakura Kuwata have presided over the Social Policy Society.

そのとき福田徳三とか、高野岩三郎とかが働き手の中心だったが、関一などもいた。

At that time, Tokuzo Fukuda and Iwasaburo Takano were the main workers, but there were Sekiichi and others.

そして河上肇もやがて入って来た。

And Kawakami came in before long.