文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

故郷七十年:柳田國男(5207-5239)/5348

関東ではいわないのに、田山君には自分の家で使うのでそれが分らず、「ネムッカケ」という言葉を作品の中に書いている。

I don't need it in Kanto, but Tayama uses it at my house, so I don't understand it.

そんなことは注意すれば他にもあって、知らずに使っていて、いい言葉もあり、決して悪い言葉ばかりではない。

There are other things to be careful about, and they are used without knowing, there are good words, and not bad words.

 私らはあまり使わないが、方言に対して標準語という言葉がある。

We don't use much, but there is a standard language for dialects.

共通語と今ではいう様だが、これはもっとふやさなければならない。

It seems to be a common language now, but this has to be increased.

 またアクセントの問題もあるが、私はとうとう故郷を離れて七十年間、上方の方のアクセントですごしてしまった。

There is also a problem with accents, but I finally left my hometown and spent the past 70 years with the upper accents.

近ごろやっと判ったのに「月落ち烏啼いて」の「からす」がある。

There is a “crowd” of “falling in the moon” though I finally understood.

私の住んでいる成城で、朝早く外で人の話をきいていて、ああ伊勢の香良州とか、九州の唐津とかと同じように発音すればいいということがはっきりした。

In Seijo, where I live, I was talking to people outside early in the morning and it was clear that I could pronounce it like Ise's Karazhou or Kyushu's Karatsu.

とうとう私も子供の時分に身につけたアクセントが一生なおらないらしい。

At last, I don't seem to have the accents I had for my child.

ところがこのアクセントのない地帯が東北の大分広い範囲にある。

However, this unaccented zone is in a wide area in Tohoku.

そこではどう使っても平気である。

There is nothing wrong with using it there.

日本語も結局それになりはすまいか。

Isn't Japanese that good after all?

上方の方の言葉がこんなに関東まで有力になって来ては、そう思うの他ない。

If the words from the upper part become so powerful to Kanto, I think so.

史学への反省

Reflection on history

 私はこれまでにもしばしば、日本の歴史を説くのに、外国の学者の説を引いてそれを日本にあてはめようとすることの誤りを説いたが、日本の史学の進歩が遅れていることの理由の一つは、漢字を憶えることが史学に入るための困難な関門になっていることであると思う。

I've often talked about the mistake of trying to apply foreign scholars' theory to explain Japan's history, but the progress of Japanese history has been slow. One of the reasons is that remembering kanji is a difficult barrier to entering history.

漢字を憶えるのに苦労をするため、やっと他人が書いたものを理解できる段階になった時には相当の年齢に達しており、そこから自力で考え、自分のものを創り出すところまでにはなかなか到達しないのである。

In order to struggle to remember kanji, when I finally reached the stage where I could understand what other people wrote, I had reached a considerable age, and it was hard to reach the point where I thought about myself and created my own. It is.

漢字を制限してみても、この悪弊は打破できないのであって、まして外国文献をそのままあてはめるくらいのことで、日本の史学の将来が解決するものとは思わない。

Even if Kanji is restricted, this evil cannot be overcome, and it is unlikely that the future of Japanese history will be solved just by applying foreign literature as it is.

 われわれの前途にはもっと調べるべきことが山積している。

There is a lot to be investigated in our future.

このような問題をまず調べあげて、しかるのちに外国の学問の方法や結論と一致するものがあるかどうか、考えてみる必要がある。

It is necessary to investigate such problems first and then consider whether there is anything consistent with foreign academic methods and conclusions.

 外国の説の直輸入流のやり方は、明治の初年も今もほぼ同じようなことであった。

The method of direct import of foreign theories was almost the same in the first year of Meiji and now.

そのころは一口でも英語を知り、他人の使用しない言葉の一つも知っていることが、文化人としての尊敬を集めたもので、ことに辻川では、長兄が十九歳で神戸師範学校を卒えて帰郷し、田原校の校長に就任した明治の十二、三年ごろ、その悪風があったことを記憶している。

At that time, I knew even a bit of English and knew one of the words that others did not use, which was a respect for cultural people. He remembers that there was a bad wind around the 12th and 3rd year of Meiji, when he returned home and became the head of the Tahara school.

 兄のところへ訪ねて来た人々が、よく酒を酌みかわしていたが、当時は酒の席で歌をうたうだけでなく、必ず都々逸を即席に作ることが流行していたようである。

People who visited my brother often used to drink alcohol, but at that time it was not only singing at the sake table but also making it instantly.

それが文化人であるとして、自ら誇示する手段でもあり、当時の酌婦らもそれら各種の作品を行く先々の宴席に利用したりしたものであった。

It was also a means to show off as a cultural person, and the widows at that time used these various works for their banquets.

松という字は木ヘンに公(きみ)よ キミとボク(木)とのさしむかい

The word pine is for Kim Hen, Kimi and me (Thu).

松という字は木ヘンに公(きみ)よ キミにわかれて気(木)が残る

The word pine is public to Kimi, and you can feel the feeling

 そういった都々逸を、得意になって兄の友人がうたっていた。

[My brother's friend was singing in such a city.

 隣室にいてその歌を聞いていた、まだ十歳そこそこの私は、その意味がわかって、思わずニヤリと笑ったりしたものであったが、中には次のようにひどいのもあった。

I was in the next room and was listening to the song, but I was still ten years old and I understood the meaning and laughed unintentionally, but there were some terrible things as follows.

恐らく当人の創作ではあるまいが、いずれにしろ漢字を知っているという一種の誇示であったのである。

Perhaps it was not his creation, but it was a kind of flaunt that he knew kanji anyway.

戀という字を分析すれば 糸し糸しと言う心

Analyzing the word 戀, the heart of thread

 また、こんな歌が流行った。

Also, this song was popular.

いまの議員のはやりの言葉 「所謂」「含蓄」「止むをえず」

The current parliamentarians ’words are“ so-called ”“ containment ”and“ stop it ”

 昔の所謂は namely といった風の「あなたは知るまいけれど」という意であり、「含蓄」は contain とでもいうか、「止むをえず」はよく理解できないが、相手の言に屈服するといったようなニュアンスをもっていたのである。

In the old days, it means “You can know,” which is called “contains”. “Containment” is also called “contain” or “I can't understand” “I can't understand”, but I succumb to the other party ’s words. It had a great nuance.

なかなか味のある都々逸の文句であると、私は当時を思い出しながら感心するのである。

I am impressed while remembering the time that it was quite a taste of the city.

 こうした時代が、鹿鳴館にみられるような欧化主義の風潮へとつづいてゆき、やがて国粋保存主義の台頭となって現れたのであった。

Such an era followed the trend of westernization like that seen at Rokumeikan, and eventually emerged as the rise of national conservationism.