文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(39-68)/1016

 ドイツのも全くこれと同じだが、国語のちがいで一言葉少なく、イタリアでは四言葉、スウェーデンやトルコなどは二言葉で、やはり意味は鹿の角の数を訊くことになっている。

の The German language is exactly the same, but the language is different, there are only one word, Italy has four words, Sweden and Turkey have two words, and the meaning is to ask the number of deer horns.

目隠しをする代りに壁にもたれ、また四つん這いになって、その背に跨って、指を立てて問う例もある。

Instead of blindfolding, lean on the wall and crawl on all fours, straddling the back, and asking questions with your finger up.

もう長いあいだかかって調べていると見えて、これ以外にスコットランド、アイルランド、米合衆国、フランス、ベルギー、オランダ、ギリシア、セルビア、ヘルツェゴビナ、エストニア、スペイン、ポルトガルにも同じ遊びのあることを確かめたといっている。

It seems that he has been investigating for a long time, and he has confirmed that he has also played in Scotland, Ireland, the United States of America, France, Belgium, the Netherlands, Greece, Serbia, Herzegovina, Estonia, Spain and Portugal. You.

日本にももしかそれがあったら、面白いと思うがどうかという質問である。

The question is whether it would be interesting if Japan had it.

 古い文献では、ペトロニュウスの諷刺詩の一つにも出ているという話である。

It is said that it appears in one of Petronius's satire poems in old literature.

あったらなるほど面白いが、どうもまだ聞いたことがないようだ、と皆がいうので、一応そういう返事をして置いて、なお念のため『民間伝承』の会報にこの手紙を訳して載せておくと、ほどなく二ヵ所から、あるという報知がやって来た。

Everyone says it's funny, but it seems they haven't heard it yet, so leave that reply for a while, and translate this letter into the folklore bulletin just in case. Soon, news came from two places.

ありませんなどという答えはめったにできるものでないということを、しみじみと我々は経験したのである。

We all know that the answer, such as no, is rarely possible.

 滋賀県の今津近くの村では、少なくとも二十年ほど前まで、この遊びをしたということを、長浜女学校の三田村君がまず知らせてくれた。

Mr. Mitamura of Nagahama Women's School first let me know that I played this game at least 20 years ago in a village near Imazu in Shiga Prefecture.

じゃんけんに負けた一人の子は、窓のへりなどにつかまって身を曲げていると、勝った方の子がそれに馬乗りになって、指を出して、その数を下の子にいい当てさせ、それが当るまではこの問答をくりかえし、あたれば今度は上の子が答える番にまわるのだそうである。

The one child who lost the rock paper scissors was holding on to the edge of the window and bending, and the winning child, riding on it, put out his fingers and hit the number to the lower child. He repeats this question and answer until it hits, and then he turns to the time the upper child answers.

馬乗りになるだけで、もう背なかは打たなかったらしいが、やはりその文句は、

It seems that he did not hit the back anymore, just riding a horse, but after all the complaint was

鹿・鹿・角・何本

Deer, deer, horns, how many

と、くぎって唱えていたという。

It was said that he had been singing.

あてもの遊び

Tomorrow's play

 鹿の角なら二本にきまっているようなものだが、これは角の叉がいくつに岐れているかということらしい。

A deer antler seems to have two horns, but this is how many horns are forked.

御存じの通り牡鹿の角は、成長するにつれて枝の数が多くなり、五本ぐらいがまず大鹿である。

As you know, the stag's horn grows with more branches as it grows, and about five are the first deer.

単に子どもの指の遊びに似つかわしかったというだけでなく、山の猟師にとっても重大な問題で、毎度おそらくは声を立てずに、こうして指を出して相手に知らせ、または噂をしていたことがあったろうかと思う。

Not just a child's finger play, but also a serious problem for mountain huntsmen, probably without speaking out, thus giving out their finger or letting them know or rumoring I think there was.

それを子どもが遠い遠い昔に学んで忘れずに持ち伝えていたものらしい。

It seems that children learned it long ago and remembered it.

今日の語でいうと、この遊戯は生活に即している。

In today's language, this game is alive.

 これがもし琵琶湖岸の片隅に、たった一ヵ所しかない例だったら、或いは近年米国の宣教師が来て、教えて行ったろうなどと、ありもせぬことを想像してすます人が多かったろうが、幸いなことには九州に一つ、飛び離れて同じ「鹿なんぼ」の遊びがあった。

If this was the only place on the shores of Lake Biwa, or if there was a recent missionary from the United States who came and taught, many people would imagine that it would be impossible. One thing in Kyushu was that there was a play of the same “deer nanbo” that jumped away.

久留米中学校の峰元君は、近ごろ市中でこの遊戯を子どもがしているのを見かけたと報ぜられた。

It is reported that Mr. Minemoto of Kurume Junior High School recently saw children playing this game throughout the city.

それから附近の村里を問合せてみたが、三井郡にはたしかにあって、他の郡にはまだあるという人を知らぬという。

He then inquired about the villages around him and found that he did not know that he was in Mitsui County but still in other counties.

私も強い断定は差控えるが、これは近江から、または近江へ、ちかごろ輸入したものでないということはまあ言えそうである。

I refrain from making a strong assertion, but it seems quite likely that this was not imported from or into Omi.

 ただし詳しい方式はもう一度見なおす必要がある。

However, the detailed method needs to be reconsidered.

熱心なブリウスタア氏に知らせてやりたいのは、久留米の方でも背なかを叩かないかどうか。

What we want to let eager Briusta know is whether Kurume will hit his back.

「鹿なんぼ」という文句があまり簡単だから、あるいはこれも馬乗りの方かも知れぬが、文句が残っている以上は元は拍子をとって、叩いていたのではないかと思う。

The phrase "deer nanbo" may be so easy, or maybe even a horse-riding person, but as long as the phrase remains, I think he would have beat and beat it.

 これによって、ふと心づくことは、今でも東京の小学校の子どもが、別れるときなどにちょいと立ちもどって、

Through this, it is important to remember that the children of elementary schools in Tokyo still return when they leave,

おみやげ 三つに 気がすんだ

I feel like three souvenirs

という類の、どうしても意味のとれない文句を唱えて、友だちの背なかを打つことである。

It's like saying something that doesn't make sense and hit your friends' backs.

流行といってしまえばそれでも説明はつくが、あまりにも無意味だから何か別の形があり、それが鹿・鹿・角・何本でないまでも、少しはこれに近いような「あてもの遊び」が、行なわれていた名残りではないかと考えている。

Even if it is fashionable, it can still be explained, but it is so meaningless that there is some other form, and even if it is not a deer, deer, horn, or anything, it is a bit like this "Is thought to be a remnant of what had been done.

人の背なかを打つということは、そう軽々しい戯れではない。

Striking the back of a person is not so light play.