文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(69-107)/1016

それでも喧嘩にはならぬだけの約束が、かつてはこれを許していたもの、といっても理由が一つあるのである。

Nevertheless, there is one reason why a promise that would not result in a fight was once a forgiveness.

かごめ・かごめ

Kagome / Kagome

 遊戯の童言葉とは、本来は歌と舞とのように、表裏不可分のものであったらしい。

童 It seems that Yugi's childhood words were originally inseparable, like songs and dances.

新しい小学校の遊びにも、なるべくは唱歌を添えて与えようとしているが、文句がやや混入っているためだろうか、言葉に力を入れすぎて所作の方が軽く取扱われ、もっとも熱中する遊戯にはかえって黙演が多い。

The new elementary school play is also given as much singing as possible, but perhaps because the words are a little mixed in, the words are overemphasized and the works are handled lightly, making it the most enthusiastic game. On the contrary, there are many silent performances.

自分はこの二つのもののしっくりと結び合っているか否かによって、子ども遊びの新旧が窺われるように思うが、どんなものであろうか。

I think that whether or not you are well connected to these two things, you can see the old and new of children's play, but what is it?

 二つの例を拾ってみるならば、このごろはもうあまり耳にしない遊戯唄、

な ら ば If you pick up two examples, these days, you don't hear much

めぐれど端無し たまきのごとくに……

Endless but like a Tamaki ...

という変った節の文句は、調べたら作者のきっとわかるほど新しいものだが、これをうたうべき遊戯は前からあった。

Although the word of the strange section is so new that the author will surely understand it when examined, there has been a game to play it for a long time.

東京などで古くから、蓮華の花が開いたというのが同じもので、つぼんだ、開いたという別の動作があるが、歌の半分はやはり小さな手を繋いで、くるくる廻っている間に歌うもので、しかもこれにはなお今一つ前の形があるのである。

It is the same that a lotus flower has opened since ancient times in Tokyo etc., there is another action of budging and opening, but half of the song still holds small hands and sings while turning round and round It's a thing, and it still has its previous form.

どうしてあのようにいつまでも、面白がって続けているかと思うほど、意味の解しにくい文言の羅列だが、「かごめ・かごめ」というのがやはりまた同じ遊びであった。

It's a series of words that are so hard to understand that it's so hard to understand why they're so funny and forever, but "Kagome / Kagome" was the same play again.

かごめ かごめ 籠の中の鳥は いつ/\出やる

Kagome Kagome The birds in the basket go out when

夜あけのばんに つるつるつーべった

The morning dawn banyan slippery

或いは、

Or,

鶴と亀とつーべった

Crane and turtle

ともいっている。

I also say.

そういうと一しょに全員が土の上にしゃがんでしまい、そのあとで、

In that case, everyone crouched on the soil, and after that,

うしろの正面だァれ

Who is behind you

というのもあり、また全くそれをいわないのもあるが、動いている人の輪がはたと静止したときに、真後にいるものを誰かときくのだから、これは明らかに「あてもの遊び」の一つであった。

This is obviously `` play at all, '' because when the ring of a moving person comes to rest, someone calls what is directly behind it. Was one of

子どもはもう知らずに歌っていることであろうが、気をつけてみると、この「かごめ」は身を屈めよ、すなわちしゃがめしゃがめということであった。

The child may have sung without knowing, but watch out, this "kagome" was to bow down, crouching and squatting.

誰が改作したか、それを鳥の鴎のように解して籠の中の鳥といい、籠だからいつ出るかと問いの形をとり、夜明けの晩などというありうべからざるはぐらかしの語を使って、一ぺんに坐ってしまうのである。

Who modified it, like a bird seagull, called it a bird in a cage, called a bird in a cage, and asked when it was going to come out of the cage, using dangling words such as dawn night etc. , I sit down.

鹿・鹿・角・何本に比べるとたしかにこの方が試験はむつかしい。

This test is more difficult than deer, deer, horn, and how many.

そうして数多くの子どもが加わることができて、楽しみは大きかったかと思われる。

So many children were able to join, and it seemed that the fun was great.

それが少しずつ形をかえて、ひろく全国の「昔の子ども」に、今もなお記憶せられているのである。

It gradually changes shape and is still widely remembered by "old children" nationwide.

中の中の小仏

Small Buddha inside

 西洋の子どもの中にも、まだ幾種かの当てもの遊び(Guessing Games)が残っていることは、こういうことを書いた本によくいうが、あちらではもうその起りを説明することができなくなっている。

The fact that some Western children still have some kind of Guesssing Games is often said in books that wrote these things, but they can no longer explain how they happened. ing.

日本ならそれが簡単にわかるのである。

Japan can easily understand that.

 子どもが手を繋いで輪になって、ぐるぐる廻る遊び、全国どこにもある「中の中の小仏」というものなどは、鹿の角を幾分か複雑にして、たくさんの児がいっしょに楽しめるようにしただけで、やはり問答が中心であった。

Children hold hands in a circle and play around, and the `` Small Buddha inside '', which is ubiquitous throughout the country, makes the deer horns somewhat complicated and many children can enjoy together After all, questions and answers were the main focus.

六十年も前に私などが唱えていた詞は、

Sixty years ago, the lyrics that I and I were saying were

中の中の小坊さん なァぜに背が低い

It is short to the little boy inside

親の逮夜にとゝ食うて それで背が低い

I ’m short when my parents are arrested

というのであったが、この文句は皆さんの覚えておられるのと、多分は大同小異であろう。

However, this complaint is something you remember, and maybe a bit different.

あるいは魚の代りに「海老食うて」という者もあるようだが、いずれにしたところで父母の命日に、そんな物を食べる人は昔は一人もいなかった。

Or, instead of fish, some people say, "Eat shrimp," but none of them used to eat such things on their parents' anniversaries.

それがおかしいので何遍も何遍も、同じ歌ばかりをくり返していたけれども、大阪でも東京でも、そのあとに添えて、

Because it was strange, I repeated the same song many times, but in Osaka and Tokyo, I attached it after that,

うしろにいる者だァれ

Who is behind

または「うしろの正面だァれ」といって、その児の名を当てさせるものが多かった。

Or, there were many things that said, "Who is behind you?"

或いは目隠しをさせ、もしくは顔を両手で掩わせて、正面に踞んだ児を誰さんと、いわせることにしていたかとも思われる。

Or maybe it was blindfolded, or his face covered with both hands, and he was going to go with the child who had squashed in front.

鹿児島県の田舎などでは、それでこの遊戯をマメエダレとも呼んでいた。

So, in the countryside of Kagoshima Prefecture, this game was called Mameedare.

マメエダレはすなわち真前誰である。

Mameedare is who is right before.

 遊びは後に少しずつ改良せられている。

The play has been improved little by little later.