文学その7

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

こども風土記:柳田國男(149-182)/1016

ところがこれと全く同じ遊びが地方では小児の遊びとして、最もひろく行なわれていたのである。

However, the exact same play was most widely practiced in rural areas as children's play.

 もとは全国にわたって、ほとんど知らぬ児童もなかったろうと思う。

Originally, I think that there were almost no children across the country.

おかしいことにはそれがことごとく、隠したおならの犯人を発見する目的のみに用いられていた。

The funny thing was that it was only used to find the hidden fart culprit.

四国・九州ではそれ故にヘヘリカノド、またはヘヒリガンドともカネジョとも呼ばれていた。

In Shikoku and Kyushu, therefore, it was also referred to as helicanod, or hehiligand or kanyejo.

そのカネジョもカンドもともに鉤殿で、その小枝や細い棒さきが鉤になっていたからの名であろうと、私たちは想像している。

We imagine that both Kanejo and Kand were the hooks, and the twigs and thin sticks were hooks.

すなわちこの鉤をまわして占いをした目的は、最初は決して下品なものではなかったのを、のちに酒飲みは盃をさす人をきめるために、子どもはただおならの主を見つける戯れだけに用いて、その他を忘れてしまったのである。

In other words, the purpose of the fortune-telling by turning the hook was not at all vulgar in the beginning, but the drinker later used the child only to find the Lord of Fart, in order to determine who would drink the cup. I forgot the rest.

上方方面の酒の席では、これをベロベロの神様といったことが記憶せられている。

In the upper liquor seat, this is remembered as the god of bellobello.

ベロベロの神様は

The god

正直な神さまで

To be honest god

おささの方へ面向ける

Turn towards the dinosaur

面向ける

Turn to face

という囃し言葉を唱えつつ、なにか細長いものを手で廻したということであるが、それと同じ名前は関東・越後・奥羽地方まで通用していて、こちらはいずれもみな子どもの遊びであり、唱えごとは、

It means that he turned something slender by hand while singing a song, but the same name has passed through to the Kanto, Echigo, and Ou regions, all of which are children's games. Is

ベロロ カベロ 正直神で

Beloro, Kabero, Honest God

誰がへをひった

Who caught

ひった方さつん向け(上総)

For the one who snatched (Kazusa)

という類の文句になっている。

It is a kind of complaint.

或いはまた「ベロベロカメロ、とうといカメロ」などともいうところがある。

Or, there is also a place called "Bello Bello Camero, finally Camello".

つまりは初めに、まず鉤の霊の尊く正直なことを讃えて、それからいよいよその指定を求め、これによって疑いを決しようとしていたので、少なくとも方式だけは、昔の神を祭った人々の所作を、そのまま守っているのである。

In other words, at first he praised the precious and honest of the spirit of the hook, and then sought its designation, and at the same time decided to doubt it. , I keep it.

無心な者のすることには、うっかり看過すことのできないものがいろいろある。

There are many things that a mindless person can't overlook.

ベロベロの神

God of Bello Bero

 東北で小児がベロベロの遊びをするのは、たいていは樹の小枝の鉤になったものを折取って、それを両手の間にまわして、あのおかしな文句を唱えるのだが、時としては萱とか藁とかの一本の茎を折曲げてすることもある。

In Tohoku, children play tongues and tears, usually by breaking the hooks of tree twigs, turning them between their hands, and chanting that weird complaint. Sometimes, a single stem, such as straw, is bent.

ベロベロという言葉が最初からなにか滑稽な意味をもっているように思う人もあるかは知らぬが、実際は決してそうでなかった。

I don't know if the word "bello-bello" seems to have some humorous meaning from the start, but it wasn't.

長野県の北部などでは、正月の三日をベロベロの歳取りと称して、小枝でそういう鉤をこしらえて三方折敷に載せて神棚に上げておく家もあり、またはもう、そういうものは作らずに、ただこの名称だけを知っている家もあるが、とにかくこれには少しも戯れの心持は伴わぬのである。

In the northern part of Nagano Prefecture, there is a house that calls the third day of the New Year as the age of velorobero, uses a twig to hold such a hook, puts it on a three-sided foldable floor, and raises it on a shrine shelf, or without making such a thing anymore Some homes just know this name, but it doesn't involve any play.

奥州の田舎では以前まだ定まった墓地がない時代に、葬式当日に行列の先に立つ者が、このベロベロを廻して送るべき方角をきめたという話なども残っている。

Some say that in the Oshu countryside, when there was no established cemetery before, those who stood in front of the procession on the day of the funeral ceremony turned around and decided the direction to send.

非常に子どもらしい素朴過ぎた占いかただけれども、前にはこうして右か左かの疑いをきめるという信仰もあったのではないかと思われる。

Although it was a very childish and simple way of fortune-telling, it is believed that there was a religion that had previously sought to determine whether it was right or left.

 そんならどういうわけでその尊い、また正直な鉤の神にベロベロなどという名をつけたろうかという問題が起る。

ら The question then arises as to why the precious and honest hook god might have been named Belobello.

私たちの想像では、ベロベロとは嘗めることで、舌の田舎言葉をベロというのも、元はそれから出ているのかと思っている。

In our imagination, by licking and licking, I wonder if the original language of the tongue comes from it.

今でも子どもがベロベロの神を廻すのを見ていると、これを両手で高く口の前まで持って来て顎の下あたりで揉み廻すので、ちょうど鉤のさきを鼻と見立て、その細い棒の後から、声が出て行くようにしていたようである。

Even now, when I see a child turning the god of bellows, I bring it high with both hands to the front of my mouth and rub it around under my chin, so I think of the hook as a nose, and that thin stick It seems that the voice had come out after.

きわめて簡単なものだが、この鉤を一つの人形のように見ることが許されていたのではあるまいか。

It's quite simple, but wasn't it allowed to see this hook as a doll?

 人形が今のように写実になったのは、わが邦でもそう古いことではない。

It is not so old in Japan that dolls have become real like now.

東北で盲の巫女が舞わせているオシラサマという木の神は、ある土地では布で掩うた単なる棒であり、また他の土地では、その木の頭に眼鼻口だけを描いてある。

The tree deity, Oshirasama, which a blind shrine maiden dances in Tohoku, is in some places a mere stick covered with a cloth, and in other places it has only an eye, a nose and a mouth on the head of the tree.

そうしてこれをカギボトケという名などもまだ時々は記憶せられている。

The name "Kagibotoke" is still sometimes remembered.

信心な人たちの強いまぼろしでは単なる鉤ある小枝でも、なお有難い神の姿に見ることができたので、それを祭をする人の口の前に持ってくることが大切な条件ではなかったかと思う。

In the strong dazzling of the religious people, even a twig with a hook could still be seen in the form of a thankful god, so it was important to bring it in front of the mouth of the devotees think.

東京でオシャブリ、関西でネブリコなどという木の人形も、これを轆轤でひいて今のコケシボコにするまでの、元の形というものがあって、それがのちには幼い者の手によって管理せられることになったのではあるまいか。

Wooden dolls such as Oshaburi in Tokyo and Neburiko in Kansai also have the original shape until they are pulled on a potter's wheel and turned into the current shape, which is later managed by the hand of a young person I wonder if it was decided.